【ワーホリ経験者が教える】英語の接客用語まとめ!スグに話したいならこの例文で間違いなし。

ワーホリで海外に出ると、日本人にとって仕事をゲットしやすいのは日本食レストラン等の飲食店がダントツだと思います。

私のワーホリ2つ目の仕事は地元の海辺にあるレストランでした。観光地だったので、同じ職場で働くスタッフはドイツ人、ポーランド人、イギリス人、サウスアフリカ人と国際色が豊かで唯一ニュージーランド人だったのはオーナーだけでした!

そんな中で英語力はまだ中級であった私の当時の体験談も含め、英語で接客用語をご紹介しますね。
この記事を読めば明日からは接客のプロになれます!

 

今日はレストランでのウェイトレス業務をメインにご紹介しますね。テーブルサービスがあるお店での接客についてです。

接客業で使える英語

基本挨拶の英語

皆さんは一番スタンダードなHow are you?の他に、どんな言い回しを知っていますか?知っているようで知らなかった接客用語が必ず見つかると思いますよ。

  • How are you doing?
  • How’s it going?
  • How are things?
  • How’s your day been?
  • Have you had a good day?

最後の2つは「今日はどんな感じ?良い日を送ってるかい?」といった感じで、お客さんの反応は「Yeah We have been shopping in town.」(市内で買い物してきたよ。)とか「We’ve just walked along the beach.」(海辺をお散歩したんだ。)とかって返答してくれたりします。お客さんがお店に入って来たら、まずは笑顔で必ずアイコンタクトを取りましょう。もし忙しくて、すぐに挨拶が出来ず、少し待ってもらいたい時は「Sorry! I will be with you in a sec.」とか、「I’ll be with you shortly.」って声をかけてあげると、丁寧だし、プロ感が増しますよね。

予約と人数の確認

お仕事をしているレストランが予約を受付けているのであれば、Walk-in(予約なしのお客さん)なのか、Reservationがあるゲストなのか確認する必要がありますね。

  • Did you book a table today?
  • Do you have a reservation?
  • Have you got a reservation?
  • How many is it for?
  • How many is in your group?

ゲストの返答は「Yes. I booked a table under the name of Tom.」(トムの名前で予約をしました。)「I made a reservation under John.」(ジョンで予約しました。)といった感じが多いです。

  • under the name of (予約をした人の名前)

はレストランで予約を受ける時によく耳にする接客用語なので覚えておくと良いです!

飲食店での会話例

※W:ウェイトレス/ウェイター G:ゲスト

W:Hi there. How are you?                                                               

G:Very well, Thank you. Can we get a table for two?

W:Sure. Do you have a reservation today?

G:No, we don’t. Is that okay?

W:No problems. This way please.

 

注文を取りましょう

Reservationなのか、Walk-inなのかが分かって、ゲストをテーブルに案内したら、メニューを渡して、お水を出してといったマニュアル通りの動きをしますよね。ゲストがメニューを見てから、折りたたんでテーブルに置いた場合は「注文決まったよ。」という意味ですので注文を取りに伺いましょう。

  • Are you ready to order?
  • Have you decided on your order?
  • Would you like to order?
  • Would you like to order drinks first?
  • Would you like something to drink first?

最後の2つは実際に私がよく使っていた接客用語です。忙しくなると先にドリンクオーダーだけでも取ってきてと当時のマネージャーからはよく指導がありました。ブレックファストの時間帯だと、先にコーヒーとかジュースを頼んでくれる人が沢山いましたよ。

応用編 ※ステーキの焼き方を聞く時

  • How would like you your steak cooked?

Rare/Medium rare/Medium/Medium well/Well done の中から答えてもらいます。

☆私の失敗談

私がまだウェイトレスになりたての頃は本当に日々奮闘していました。

あるテーブルで「Do you have a tossed salad?」と言われて、「は?トーストサラダ?」となってしまい、何回聞いてもトーストにしか聞こえず・・・。理解出来なくて、当時のマネージャーに助けを求めたことがありました。

Tossed saladとは色んなお野菜をドレッシングで和えたシンプルなサラダの事だったんですが、あまりメジャーな言葉ではなかったし、当時働いていたレストランのメニューに書いてあった品でもなかったので本当に困りました。

お客さんを不快にさせてしまうとクレームに繋がってしまうので、分からない時は「I will go and get someone else for you.」とか、「I will go and talk to the manager.」と伝えて、誰かに相談するようにしましょうね!

 

接客業の会話例

※W:ウェイトレス/ウェイター G:ゲスト

W:Are you ready to order?

G:oh sorry we haven’t had a look at the menu yet. Can you give us a minute?

W:Sure. Would like to order drinks first if you like?

G:Okay. We will have two glasses of white wine.

W :Are you happy with our house wine? 

G:Yes. That would be great.

W:Shall I take your food order now?

G:Yes please. We are going to have some garlic bread to share, a steak for me and Caesar Salad for my wife.

W:How would you like your steak cooked?

G:medium rare please.

W:Would you like me to bring out the bread first?(先にガーリックブレッドをお持ちしましょうか?)と提案

G:That’s a good idea. 

W:Sure thing.

 

フードをテーブルに運ぶ

フードが出来たり、ドリンクを運ぶ時に使える接客用語はこちら!

  • Here you are.
  • Here we go.
  • Here is your 〇〇.  (〇〇は注文した品の名前。例:Here is your steak.)
  • Who is having an orange juice?
  • Who is having a Steak cooked medium rare?

’’Who is having 〇〇?’’ 〇〇をお召し上がりになるのはどなたでしょうか?となります。

「Have you got everything you ordered?」ご注文の品は全てお揃いでしょうか?と確認してあげても良いですね。食事が出揃った後にテーブルを離れる時は「Please Enjoy your meal.」とか「Enjoy!」と声をかけてあげると喜んでもらえますよ。

食事の提供をして、5分したら「Is everything ok?」や「How is everything?」とチェックしてあげるのも接客の基本ですね。

以下は、会話例です。

※W:ウェイトレス/ウェイター G:ゲスト

W:Here is your garlic bread. (ガーリックブレッドをどうぞ。)

G:Thank you.

W:Are you ready for your main? (メインをお持ちしましょうか?)

G:Yes that would be great.

W:Here you are. Enjoy your meal.

空いたグラスや食器を下げる

飲食店で働いていると「食器を下げてきて」という指示をもらう時に「Can you clear Table 30?」(30番テーブルを片付けて来てくれる?)といった言われ方があります。仕事仲間に手伝ってとお願いする時は「Can you give me a hand clearing the table?」と言ったりします。

グラスや食器を下げる時の接客用語

  • Are you finished with your meal?
  • Finished?
  • Are you done with this?
  • May I take your plate?

意外とシンプルですよね!忙しい時とかは、なるべく短く素早く片付ける為に、「Are you guys all finished?」とか、テーブル全体に声をかけるときもありましたよ。無言で片付けるよりも、「How was everything?」とか「Did you enjoy your meal?」と話しながらサービスを行う更に良いですね。

デザートやコーヒーを薦める

食後にデザートはいかがですか?というのは日本でもやりますよね。その感じで外国のレストランでももちろんゲストに声をかけますよ。

  • Would you like to see a dessert menu?
  • Would anyone like to order a dessert?
  • Is anyone keen for coffee or tea?

 

以下は会話例です。

※W:ウェイトレス/ウェイター G:ゲスト

W:How was your meal?

G:It was very nice. Thank you.

W:Are you all finished?

G:Yes we are.

W:Okay. I will take the plates away for you. Would you like to see the dessert menu?

G:No thank you. Sorry we are too full. Can we get a bill?

W:Sure. I will bring it out for you. Please pay at the counter when you are ready.

G:Thank you.

 

レジでの接客英語

テーブル会計のときや、カウンターで支払いとしてもらう時で微妙に変わりますが、使える接客用語はこんな感じです。

  • Here is your bill. (お会計はこちらです。)
  • How would like to pay? (どのようにお支払いしますか?)
  • It comes to $120. (合計で120ドルです。)
  • Would like to pay all together or separately?(ご一緒又は別々のお支払いですか?)
  • Would you like to pay for what you had? (ご自身が頼んだ物だけを支払いますか?)
  • Here is your change. (お釣りです。)

最後にゲストをお見送りする時は、その時間帯によってでうが、下記のように声をかけてあげても良いですね。

  • Have a lovely afternoon.
  • Have a good night.
  • Enjoy the rest of your day.
  • Enjoy the sun.

海外では当たり障りのない会話をする時に、天気の話題がお決まりですので晴れた日には「Enjoy the sun!」と言って、良い一日を過ごしてねという意味で使ったりします。

 

ニュージーランドとオーストラリアのチップの文化

私は過去にニュージーランドとオーストラリアでワーホリを経験した事があります。アメリカには旅行で行ったことがありますが、チップを出すのが当たり前な文化なのでウェイトレスやハウスキーパーももらう前提でゲストと接しているのが分かるので私は少し違和感を覚えました。レストランの支払いの時も絶対にチップを含める感じにレシートも作成されているので、毎回支払いの度に計算するの疲れるなぁなんて思ってしまいました。

その点、ニュージーランドはほとんどのお店でチップは不要です。私が働いていた時もチップをくれるのは観光客が圧倒的に多かったです。もちろん、あげれば喜ばれることは間違いないですが、渡さなくても全く問題ありません。

オーストラリアはゴールドコーストに住んでいたこともあり、観光客が多かったのでチップジャー(チップを入れるようにカウンターの横に準備してある入れ物)は一日でもいっぱいになるくらいでした。ニュージーランドよりはチップに馴染みがあるように感じましたがアメリカ程ではない!と言った感じですね。

 

ニュージーランドの時給の話

私がニュージーランドでワーホリをしていた時の最低賃金は確か11ドルくらいだったと思います。1つ目の仕事はファーストフード店だったので最低賃金で働き、2つ目のレストランでは14ドルもらうことが出来て、大喜びした事を覚えています。

オーストラリアはニュージーランドよりも時給が高く、飲食業界でも高待遇で驚きました。何件かカフェでも働きましたが最終的に長期でお仕事を続けたお店では時給20ドルももらえたので、それはそれは一生懸命働きました。

(最低賃金比較2018年5月現在 ニュージーランド:NZD16.50 オーストラリア:AUD18.29)

こうして見てみると、日本に比べてどちらも最低賃金は意外と高いんですよね。私は英語力アップを求めていたので、極力現地の人が経営しているお店を選んでいましたが、短期間だけ働いた日本食レストランではUnder table(税金を支払わないで現金でお給料が支払われるシステム)で最低賃金以下の10ドルで働かせる所がありました。

これは確実に違法です!英語が話せない日本人をこういった手口で利用する雇用主も沢山いるので、仕事選びの時は十分に注意して下さいね!

お給料の支払いで違法行為をしているお店は、他にもあらゆる所でルール違反をしている事が多いので、折角一生に一度のワーホリを経験しているのに嫌な思い出になってしまったら悲しいですよね。

現地人が経営しているところは労働基準法にそって、外国人に対しても誠実な待遇をしてくれますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?接客英語は他にも沢山言い回しはありますが、基本さえ覚えてしまえば、どんどん活かしてあなたのおもてなしの幅を広げていけると思いますよ。飲食店での経験はどこの国行ってもきっと役に立つので、一度は経験しておくことをオススメします。私はニュージーランドで飲食店の経験があったので、オーストラリアにワーホリで行った時も「基本は一緒だ!」と安心してお仕事に専念することが出来ました。

英語が出来ないと食器洗いとかの裏方でもいいやと思ってしまいがちですが、少し勇気を出してフロントスタッフに挑戦してみてはどうですか?得る物は大きいですよ!

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です