英語で「挫折する」は何と言う? 場面に応じて様々な表現を覚えよう!

挫折“というものは、誰しもが長い人生の中で一度は経験するものですよね。
勉強、運動、仕事など、日常生活の様々なシーンであります。

英語学習もその一つですよね。
構造も発音も全く違う他言語で、聞き取れるようになるのも、喋れるようになるのも
時間がかかるので挫折したくなる時もあるかと思います。
そんな挫折したくなる気持ちも、英語で言えるようになってみませんか?

この記事では、「挫折」を表す英語の表現を様々なシチュエーションに応じて紹介していきます!

まず始めに知っておくべき重要事項

「挫折をする」という日本語に直接当てはまる英語の動詞は
残念ながら無いと言って良いでしょう。 
ニュアンス的に一番近いものといったら、

  • Give up
  • Fail

が挙げられます。
Give upは「諦める」「止める」という意味で、Failは「失敗する」という意味なので、
そこから「挫折する」と解釈することができます。

「挫折する」に該当する動詞が無いとなると、
実質的に「挫折を経験する(味わう)」が一番適切な言い方になります。

英語で、「挫折を経験する」は主に、

Experience(〜を経験する)/Suffer(〜に苦しむ) + “挫折“を表す名詞

という形になります。

そして、その「挫折」という名詞を表す英単語についてですが、
「挫折」を表す名詞は状況に応じて複数存在します。

名詞① Failure


一つ目は、”Failure”です。
先ほど紹介したFail(失敗する、損なう)の名詞形で、「失敗」という意味です。

「挫折する」ということはつまり、成功(完成)まで辿り着けなかったことになるので、
「失敗する」ということになりますよね。

挫折して結果的に失敗した、挫折によって失敗した…と感じるときは、
Failureと言うのが一番適切でしょう。
この単語は「挫折」の関連語の中でも一番意味の近い表現だと思われます。

これを、「挫折を経験する」というフレーズに当てはめると、

I experienced a failure during a club training camp.
(クラブ合宿の時に挫折を経験しました)

という感じで使います。

名詞② Setback

二つ目は、”Setback”です。
Setbackは、「つまづき」「妨げ」「後退」という意味で、
「壁にぶち当たって後戻りしてしまった」というイメージです。

「失敗」との違いは、壁にぶち当たることによって、
自動的に、仕方なく諦めざる又は立ち止まらざるを得ない状況を指すということです。

頭の中で事の順番をイメージすると、
(つまづき) → 挫折 → Failure(失敗)
という感じになります。

これをフレーズに当てはめると、

They also experienced a setback in the process of the exploration of the universe.

(彼らは宇宙探索の過程で、つまづきも経験した)

Our company suffered a setback because of the deficit last year.
(我が社は昨年、赤字によって息詰まりに苦しみました)
又は、
(赤字によって息詰まりました)
(赤字に苦しめられました)
という感じになります。

Suffer(に苦しむ)は特にSetbackと一緒に使われることが多いようです。

名詞③ Frustration


三つ目は、”Frustration”です。
これはよくBe frustrated(イライラする、もどかしい、悔しい)という形で
見ることが多いのではないでしょうか。

I’m so frustrated because of my homework!(宿題のせいで超イライラする!)
と言ったりしますよね。

そんなfrustrateの名詞形で、日常的には
「失望」「落胆」という意味で主に使われています。
Frustrateは実はたくさんの意味を持っており、
動詞、受動態、名詞のそれぞれの形によって意味が若干異なってくるのですが、
名詞だとそのような意味になります。

フレーズに当てはめると、

I experienced a frustration because no one in my group had prepared for the presentation.
(グループの誰一人とプレゼンの準備をしてこなかったので失望した)

という感じになります。

Wikipediaではフラストレーションは日本語で、

欲求が何らかの障害によって阻止され、満足されない状態であること。
また、その結果生じる不快な緊張や不安、不満。

と記されています。

つまり、frustration は怒り、不満、不安、緊張などの感情
全て含んだ意外とややこしい単語です。
「挫折」を表す際にはもちろん、様々な場面で使えます。

また、Google翻訳ではfrustrationと入力すると、
「挫折」「齟齬」「欲求不満」と、「挫折」が一番目に出てくるので、
やはりそのまま「挫折」と訳しても問題ないということです。

ちなみに、frustrateという他動詞での意味は、
「(人や事柄を)挫折させる、失敗させる、妨げる」で、
「(人を)イライラさせる、欲求不満にさせる」という意味ももちろん持ちますが、
irritateの方が他動詞では日常的に「イライラ」として幅広く使われています。

<例文>
My parents frustrated my plan to go on a trip with my friends.
(両親が友達と旅行に行く計画を台無しにした)
They frustrated the enemies in their attempt.
(彼らは敵の試みを妨げた)

Be frustratedという受動態では、先ほども書きましたが、
主に「イライラする、悔しい」という意味で使われます。

こちらもGoogle 翻訳で調べると、「挫折した」と上欄に出てきますが、
日常では思うようにいかなかったり、うまくいかない気持ちを表します。

<例文>
This heat is really making me frustrated.
(この暑さ本当にイライラする)
I feel so frustrated that I couldn’t win the prize.
(賞を取れなかったのがとても悔しい)

他動詞でも紹介したirritateの受動態で、Be irritatedと言ったり、
Be upsetと言うことも出来ます。

また、似たような熟語には、
・Get on one’s nerve(気に障る)
と言う表現もあります。
「神経に障る」という表現から、それほどイライラさせられるという意味で使われています。

<例文>
I can get irritated easily today because I have a headache now.
(今頭が痛いので今日はすぐイライラすると思います)
Don’t make me upset.
(私をがっかりさせないでください)
Her behavior is getting on my nerves.
(彼女の振る舞いが私の気に障っている)

名詞④ Defeat

最後は、”Defeat”です。
Defeatは、「倒す、破る、負かす」という動詞でもありますが、
「敗北、負け、打倒、不覚」という意味の名詞でもあります。
Failureとも似ており、敗北→挫折と解釈することができます。

フレーズに当てはめると、

You should experience defeat at least once if you want to be the top.
(トップになりたかったら一度は敗北を経験するべきです)
We suffered a complete defeat.
(私たちは完全敗北しました)

という感じになります。
これらの文章は「敗北」を「挫折」に変えて訳しても大丈夫です。

他にも様々な言い回しがあります。
名詞での他の言い方は、

He finally accepted the defeat.
(彼はやっと負けを認めました)
The defeat at that time led to a success.
(あの時の敗北が成功に繋がりました)

他動詞での言い方は、

Our team finally defeated the team after the number of attempts.
(私たちのチームは幾度の試みの末についにあのチームを倒しました)
The last problem on the exam defeated me.
(試験の最後の問題には歯が立たなかった)

また、Be defeatedという受動態の形でも
「負ける→挫折する」というような考え方ができます。

Even though this is not a competition, I feel completely defeated.
(競争ではないけど、完全にやられた気分です)

まとめ

  1. 「挫折をする」は「挫折を経験する」という意味の「Experience/suffer + 挫折を意味する名詞」で表すのが一番適切
  2. “挫折”の名詞① failureはfail(失敗する、損なう)の名詞形で「失敗」を意味する
  3. “挫折”の名詞② setbackは「つまづき、妨げ、後退」という意味で、
    壁にぶち当たり止むを得ず後戻りするイメージ
  4. “挫折“の名詞③ frustrationは「失望、落胆」を意味し、
    思うようにいかなかったり、上手くいかずもどかしい気持ちを表す
  5. “挫折”の名詞④ defeatは「敗北、負け、打倒、不覚」を意味する名詞でもある

このように、「挫折する」を直接意味する英単語は存在しないが、
その代わり「挫折」に関連する単語はたくさん存在し、
英語では様々な言い回しで「挫折」を表現することができる

一言で「挫折をする」「挫折を経験する」と言っても
様々なシチュエーションがあるので、その時に合わせて表現できるようになってみましょう。

英語学習でもexperience failure/setbackする時もあると思いますが、
それに負けずに頑張っていきましょう!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です