have got toの意味って何?例文を用いて使い方など詳しく解説!

こんにちは。ユリと申します。

今回は、
「have got toの意味」について具体的に紹介します。

英語で会話していて、

「これって意味が一緒に思えるけどどう違うのかな?」
「よく使う単語だけど詳しい意味がよくわからないなぁ」

と言う経験ありませんか?

私は、大学と大学院でイギリス文学を専攻していました。
アメリカへホームステイ経験もあります。

ですので、
上記のような経験をしたことがありました。

そんな経験もふまえて、これから英語を学んでいく皆さんに、
よりわかりやすく英単語を会話の中に取り込めるようにお手伝いしていきます!

さて、それでは

「have got to」の意味について詳しく解説していきましょう!

「have got to」というフレーズ。
実は、ネイティブ同士の会話などで良く耳にするものです。

しかし、
日本人向けの英語教育ではきちんとした意味をほとんど教えていません!

日本の英語教育では「have got to」ではなくて、
似た意味を持つ「have to」や「must」の方を教えていることが多いです。

「ネイティブが良く使うのになぜ!?」と思うでしょう。
それは、「have got to」が会話で使うフレーズだからなのです。

若い人などは「have got to」の「have」を省略したうえに「got to」を短めにして、
「I gotta」と使っています。

これは海外ドラマや映画などを字幕版でよく注意して見ていれば、
意外とすぐ聞き取れるはずです。

このように、
ネイティブとの英会話では必須の「have got to」。

皆さんがネイティブとスムーズに会話できるように、
意味や使い方などを詳しく説明します!

have got toの意味とは?

ネイティブ同士の会話では日常的に使われる「have got to」
その意味について詳しく説明します。

「have got to」の意味は「〜しなければならない」です。
「have to」や「must」の意味と似ていますね。

他には、
「〜にちがいない」という意味とあります。

例文を見てみましょう。

【例文】
「I’m sorry. I can’t go to shopping with you.I have got to go to city hall.」
(ごめんね。一緒に買い物には行けないわ。私市役所に行かなくちゃいけないの)
「Oh! This is my favorite movie. I have got to buy the ticket!」
(あ!これ私の好きな映画だわ。チケットを買いにいかなくちゃ!)
「She has got to be crazy to go to that dangerous place!」
(あんな危険な場所に行きたいなんて彼女どうかしてるよ!)

例文を見てみると、
「have got to」は「must」より「have to」方に似ています。

「must」は強制的で強い意味がありますが、
「have got to」や「have to」はそれほどではありません。

*詳しくはこちらの記事をご覧ください!

何かをする必要がある時や自分の義務について話す時に使うことが多いです。
そのため日常会話では「have got to」と「have to」が頻繁に使われています。

それでは、
「have got to」と「have to」ではどんな違いがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

have got toとhave toの違いとは?

さて、
上記で「have got to」と「have to」はよく似ていると述べました。

それでは、
「have got to」と「have to」の違いとは何なのでしょう?

それは「何かをする必要性とそのタイミング」です。
詳しく説明しましょう。

まず、
「have to」の場合は単に「何かをする必要がある」ことを伝えています。

しかし、
「have got to」の場合は「何かをする必要があり、それをするタイミングになった」ことも伝えているのです。

例文を見てみましょう。

【例文】
「I have to go home. See you again!」(もう帰らなくちゃ。じゃあまたね!)
「I have got to go home, because my children will come back from school. See you!」
(もう帰らなくちゃいけなくなったわ。子供たちが学校から帰ってくるころだから。またね!)

例文のように「have to」では帰る必要性のみを伝えていますが、
「have got to」では帰る必要性とそのタイミングになったことも伝えています。

まとめれば、

「have to」「〜しなければならない」
「have got to」「〜しなければならなくなった」

という意味の違いがあります。

少し細かい違いですので、
会話で使うときに気をつけてください。

have got toの略式「gotta」

これまで「have got to」の意味と、
似ている意味の「have to」や「must」との違いについて説明してきました。

それらを踏まえて、
冒頭で紹介した「have got to」を縮めた「gotta」について紹介します。

冒頭でも述べましたが、
「have got to」の「have」を省略して「got to」を縮め「I gotta〜」と言っています。

ネイティブ間の会話では、
この略式の「gotta」の方がよく使われています。

ただし!
「have」を省略するのは「I」や「you」、「we」、「they」などの時のみです。

「she」や「he」、「it」の時は「has」を使う必要があるため、
「She has gotta〜」と使ってください。

例文を見てみましょう。

【例文】
「I gotta clean my house because I’ll have a home party tomorrow.」
(明日ホームパーティがあるから家を掃除しなくちゃ)
「He has gotta work late because of trouble at the company.」
(会社でトラブルがあったため彼は残業しなければならなかった)

「have to」との違いでもあったように「have got to」には、
「何かをする必要があり、それをするタイミングになった」ことが文章に現れています。

また「gotta」は、
英語圏のドラマや映画でよく使われています。

海外のテレビドラマや映画を注意して聞いてみると、
意外と聞き取れる単語です。

「gotta」が使われている映画やドラマを例文とともに少し紹介しましょう。

【例文】
「I gotta live with that.」(俺はそのことを受け入れなければならない)
*映画『ショーシャンクの空に』から
「You gotta work with these people.」
(お前はこれらの人々と仕事をしなければならないんだぞ)
*ドラマ『ザ・ホワイトハウス』から

このように、
有名映画やドラマなどにも「have got to」の略式である「gotta」は使われています。

今度海外映画やドラマを見る時に、
どれほど「gotta」が使われているか数えてみてくださいね!

ただし!
この「gotta」は略式というだけあり、とてもカジュアルな表現です。

主に若い人たちがよく使う表現でもあり、
フォーマルな場での会話や目上の人との会話には向いていませんので注意しましょう。

have got toの使い方とは?

さて、
最後に「have got to」の使い方について例文を用いて紹介します。

「have got to」の使い方ですが、
基本的には「have to」とあまり変わりません。

現在形、未来形、否定文、疑問文などに使うことができます。

ただしアメリカ英語に関しては、
会話文に「have got to」を否定文や疑問文に使うのは不自然に聞こえるようです。

例文を見てみましょう。

【例文】
「Wow! It’s 23:50!? I have got to call my sister! Dad will get angry if she doesn’t come home by midnight.」
(うそ!23時50分!?妹に電話をしなくちゃ!0時までに帰っていないとパパが怒っちゃうわ)
「And where HAVE my shoulders got to?」(それとあたしのかたはいったいどこ?)
*小説『不思議の国のアリス』から
「You have got to to be kidding me!」(冗談でしょう!)

このように、
全体的に口話で使われることが多いです。

また、アメリカ英語では「have got to」を否定文や疑問文には使わないと言いましたが、
イギリス人作家であるルイスキャロル作の『不思議の国のアリス』では使われています。

「have got to」はイギリス英語でよく使われるとも言われているので、
イギリス文学を読む機会があればぜひ探してみてください。

まとめ


「have got to」には興味深い点がたくさんありましたね。
「have to」や「must」と似ていながら少し意味が違うと言う点や会話文に使われる点。

そして、
ネイティブ同士が使うとてもカジュアルなフレーズだという点です。

「have got to」についてまとめてみると、

  • 「have got to」の意味は「〜しなければならない」「〜にちがいない」
  • 何かをする必要がある時や自分の義務について話す時に使う
  • 「何かをする必要があり、それをするタイミングになった」時に使う
  • ネイティブでは略式「I gotta〜」がよく使われている
  • フォーマルな場での会話や目上の人との会話には向いていない

以上になります。

これらのポイントを押さえておけば、
ネイティブの人との英会話も前より自信を持って臨むことができるでしょう。

この記事を参考にして、
英会話力をどんどんと向上させていってくださいね!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です