【文法は暗記じゃない!】so that構文の使い方と意味。

どうもベルです。

この記事では、
英単語の本質的な意味を紹介するので、
so~that構文だけでなく、
「so」と「that」の本質に迫っていきます。

 

つまりこの記事を読めば、
so の秘密と that の秘密が暴かれ
暗記することなくso~that構文を使えるようになります。

ちなみに、「so」と「that」の本質をしれば
スラスラと英語を話すときにも役に立ちます。

ではさっそく、
so that について理解を深めましょう。

so that の意味

では、いきなりですが、
so と that のコアな意味について紹介します。

soは「とても」という日本語が当てられます。

確かに「とても」なんですが、
実は「それ以上の感じ」を読者に与えているのです。

「それ以上」というのは「引っ張り感」です。

ちょっと抽象的ですね。

 

では、so とよく比較される very とあわせて具体的に紹介しますね。

very に「とても」以上のものは何も感じません。

I’m very tired.→【ここで終わり】
みたいな感じです。

 

でも、ここをI’m so tired.というと、
聞き手の反応がガラリと変わってきます。

I’m so tired.→【だから何?】
とネイティブは疑問に思うんですよ。

 

なぜネイティブが「だから何?」と疑問に思うのかというと、
I’m so tired.だけだと
十分な情報がないからです。

soには独特の「引っ張り感」によって
情報が不足しているのです。

I’m so tired.
「とても疲れている」

「だから?」
と引っ張ることで
つぎの情報を待っている感じです。

 

つまり、
ネイティヴの感覚では、
soの後ろに「だから何?」と気になるんですよね。

そのためごく自然に
「こちらの意味です」と繋ぐために that で導くのです。

英語の感覚が何となくわかってきましたか?

だからso that はセットと覚えるのではなく、
自然に that が来てしまうのです。

 

例えるなら
「もし~だとしたら」みたいな繋がりです。

「もし」がきたら「~だとしたら」が来ないと
ちょっと違和感がありますよね。

この違和感があるから、
that が使われるんです。

 

で、ここから大事なことなのですが・・・

that コアの意味は、
「こちらです。」と導くことです。

これは that のコアな意味なため、
もちろん so that 意外にも応用が効きます。

 

例えば、that を使うシチュエーションとして、
「SV~ + that + SV~」と
言うことがありますよね。

この英文に使われている that は
前半のSVだけでは情報が不足していたから
that を使って「それは、こちらです」と導いているだけなんです。

 

このように
英単語のコアな意味を覚えれば
英語を丸暗記する必要はなくなりますよ。

非常にオススメの勉強法なので、
英語のコアな意味だけを覚えてください。

so that がセットになる理由とは?

そして、so と that は
セットで使われることが多いですよね。

セットで使われる理由は、
すでに so の意味の部分で紹介した通りですが
復習のためもう一度紹介します。

so が引っ張った「何?」について答えるために
that 以下で「何?」の理由を導いているだけでしたね。

 

いつも道理のシンプルなルールです。

英語には明確なルールがありますからね。
まずは、そういった英語のルールを
日本語で知ることが大事です。

なぜ that を省略するの?意味ある?

で、「thatの省略」ってのがありますよね。

義務教育では未だ教えられないようですが
明確なルールがあって、that の省略は起きます。

 

もしも、soとthatがセットなら、
「thatを省略」してしまうと意味が変わってしまいます。

でも実際には that を省略することなんて
しょっちゅうですよ。

 

つまり so that という構文は無くて
so と that それぞれのコアな意味があるだけなんですよね。

soの感覚が生きているから
thatが省略されてもぜんぜん大丈夫なんです。

 

よく文法書などでは
「くだけた会話などではthatを省略することがある」なんて書かれていますが、
別にそんなルールはありません。

「thatいらないかな」って思えば、
ネイティブたちは省略します。

 

つまり、
that で「こちらです」って
わざわざ丁寧に導かなくてもいいや、
って思えば省略されるんです。

soが使われた後に何か文が続けば、
それはデフォルトとして
「結果である」と認識されるからですね。

 

いわば、so that において
thatは補助輪のようなもの。

that が「こちらです」と導いて
伝わるようにしているだけです。

that を省略するタイミング

例えば省略するタイミングとして、

I was so upset that I couldn’t sleep a wink last night.

という英文をみていきましょう。
この英文にはso~that構文があります。

 

しかし、ネイティブたちからしたら
このso~that構文は「違和感」があるんですよ。

口語だからではありません。
たとえメールに書かれていても違和感があります。

 

なぜこれらはthatを省略する方が「普通」なのでしょうか?

I was so upset that I couldn’t sleep a wink last night.

の英文には、
勢いとかの「感情の動き」があるからです。

論理的なルールではないです。

 

喋っているときに
感情が動くから省略が起きるんです。

どんな「感情の動き」かというと、

I was so upset
「おろろ。とってもうろたえてた。」というように。

だから「こちらです」と
that で導く暇なんてありません。

心理的に余裕がなくて
一気に結論まで話しちゃいたい気持ちになって

だから that が省略されたんです。
簡単なルールですよね?

 

ちなみに
He is so stupid that we hate him.
も同様にso~that構文に「違和感」があります。

I was so tired that I didn’t eat anything.
も同じです。

He is so stupid
「あいつホント馬鹿。あーもうっ。」

I was so tired
「疲れてたんだよ・・・はぁ。」

って感情が動いてますからね。

 

I was so upset that I couldn’t sleep a wink last night.
He is so stupid that we hate him.
I was so tired that I didn’t eat anything.

・・・以上の3つの英文には
むしろ that がない方が普通です。

 

英語はコミュニケーションのツールなので
こういった論理的なルールと、
感覚のルールを押さえましょう。

すると、英語を英語のまま理解出るし、
自分の伝えたいことを自由に話すことができるようになりますよ。

 

僕のブログでは、
英文法を丸暗記するのではなく、
今回紹介したようにコアな意味を知ってもらい、
実用的な英語が使えるようになることを目的にしています。

他にもじっくり「英語の感覚」を紹介しているので
ぜひ確認してみて下さいね!

また、自分で言うのもあれですが、
隠れ人気のメールマガジンも発行しているので
ぜひ購読してみてください。

メールマガジンの登録はこちらから

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕はハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です