「してみたい」は「want to try」だけじゃない!ネイティブが実際に使うフレーズ3選

 

英語で「してみたい」は何と言うかを考えた時、
真っ先に浮かぶ言葉はなんですか?

おそらく「want to try」ではないでしょうか。

 

日本語の感覚で考えると、私たちが頭の中でやる作業は、
「してみ/たい」とまず言葉を区切ってみて、
「してみる」はここでは「試す」という意味だから、「try」。

「〜したい」は「want to」。

だからそれらを組み合わせて、
「want to try」と辿り着くと思います。

 

確かに「want to try」は完全に
間違っている言い方ではありませんし、
「してみたい」という意味で英語圏でも普通に通じます。

 

しかし、実際にネイティブが使っているのは、
「want to try」だけではありません!

「してみたい」というニュアンスや意味を持つ
英語のフレーズはそれ以外にもたくさんあります。

 

そして、何よりも「want to try」という
フレーズだけしか知らずに、そればかり
使うのには今回でおさらばして、
毎回違うフレーズを使えたら、
英語の表現力の幅も広がり、
さらにはネイティブに一歩近づけるとは思いませんか?

 

ということでこの記事では、
「want to try」以外で実際にネイティブが
使っているフレーズを3つ紹介したいと思います!

 

 

フレーズ① give ~ a try

これは、「〜をやってみる」「〜を試してみる」という意味です。

文法的に説明すると、tryの前に a があることからも
分かるように、tryを動詞ではなく、「試み」「挑戦」
といった意味の加算名詞として使い、直訳としては、
tryをgive、つまり、「試みを与える」という意味になります。

「want to try」の別の言い回し、という風に捉えても良いです。

 

〜の部分には名詞が入るのですが、大抵このフレーズは、

give it a try (それをやってみる)

といったようにitを間に挟んで使われます。

 

誰かに何かを勧める時や、
自分が何かやりたいと思う時によく使われます。

 

<例文1>

A: Can anyone help me fix this?

(誰かこれ直すの手伝ってくれない?)

B: Sure. I’ll give it a try.

(もちろん。やってみるよ)

 

<例文2>

A: I can’t decide whether to try skydiving or not.

(スカイダイビングをやってみるかどうか迷ってるんだよね)

B: Why not? Give it a try!

(なんで? やってみなよ!)

 

ここでふと、Give ~ a try だけだと
「〜したい」という意味が含まれていないから、

want to give ~ a tryが正確じゃないの?と
思うかもしれませんが、give ~ a tryにwantを
くっつけて使われることはあまりありません

私も現在留学中なのですが、
want to give it a tryと言っていることは聞いたことがないです。

 

give ~ a tryには既に「〜したい」
という願望の意味は含まれているので、
わざわざwantをつける必要はありません。

 

フレーズ② feel like ~ing

これは、「〜したい(してみたい)気分だ」という意味です。

よく、feel like S(主語) + V(動詞) 〜 と
意味が混同されるのですが、この二つは全く違う意味です。

Feel like S V ~ は、
〜のように感じる」「〜のような気がする」といった意味になります。

 

<例文>

I feel like you’re blaming me.

(あなたは私を責めてるように感じる)

I feel like I will never be able to experience like this.

(こんな経験二度と出来ないような気がする)

I feel like I got hay fever.

(花粉症にかかった気がする)

 

feel like ~ingとの違いは、
〜したい」という願望が含まれていないことです。

feel like S V ~ はあくまで
主観的に感じること、その感覚を表します。

 

例えば、もし上記の例文の最後の文を~ingに変えると、

I feel like getting hay fever.

(花粉症にかかりたい気分)

というような意味になってしまいます。

 

Feel like doing は「したい」という完全なる願望を表します。

 

<例文>

I feel like going to Korean BBQ place for dinner.

(夜ご飯は韓国風バーベキューのお店に行きたいな)

I feel like being absent from school today.

(今日は学校休みたい気分かな)

I feel like drinking champagne tonight.

(今夜はシャンパンを飲みたい気分だ)

 

このフレーズは、「してみたい」を直訳した形
からは離れますが、「〜したい」というその時の
願望や気分を表すのにはとても便利ですし、
ネイティブも日常的に頻繁に使っているフレーズです。

 

 

フレーズ③ would like to do

 

これは、「良ければ〜したい(させて頂きたい)」という意味です。

普通のwant to(〜したい)と何が違うかと言いますと、
would like toはwant toよりも丁寧で、
少しかしこまった言い方
だということです。

 

want toは自分のしたい気持ちをストレートに表しますが、
would like toだと、
「もしよろしければさせて頂きたいのですが良いですか?」
といったような気持ちを表します。

Want toよりも控えめな気持ちです

 

なので、want toはビジネスシーンなどの
かしこまった場面
や、歳や立場が上の人と話す時
などに使うのはあまり好まれません。

Would like toの方が良い印象を与えます。

となれば、would like toは友達などの距離感が
近い人同士間では全く使われない、といったらそうでもありません。

私もネイティブの友達とチャットしたり話す時に
would like toを使うときはよくありますし、
相手も私に対し使います。

Would like toはwant toよりも順応性が高いということです。

 

また、would like toはI‘d like to と略して使われることが多いです。

発音は、「アイドウ ライクト」で、
はあまりはっきり発音せず、力を抜く感じで言います。

 

<例文1>

A: I would like to discuss this project at next meeting.

(次回の会議でこの企画について議論したいのですが)

B: Certainly. Let’s do.

(かしこまりました。そうしましょう。)

 

<例文2>

I’d like to visit your office hours tomorrow.

(明日そちらの営業時間にお邪魔させて頂きたいです)

 

更に、would like toと同じように少し丁寧な
言い方だけど、would like toよりも
強めの願望を表すフレーズがあります。

 

それは、I would love toです。

ぜひ〜したい(させて頂きたい)」という意味です。

likeがloveに変わっていることからも分かるように、
「ぜひしたい」という進んで好む気持ちを表します。

Would like toよりも前向きな気持ちです。

 

<例文>

A: I’ve been looking for a volunteer who
takes a part in hospice service at medical center. Are you interested?

(医療センターでホスピスサービスに携わってくれる
ボランティアを探しているのですが、興味はおありですか?)

B: I’d love to! I just have been looking for
volunteer activities in which I can participate.

(ぜひやらせて頂きたいです! 丁度参加できる
ボランティア活動を探しているところなのですよ)

 

would like(love) toを使いこなせるようになると、
want to だと「〜したい!」と少し子供っぽい
直球的な表現に聞こえるところが、
落ち着いた良い印象を与えることができます。

 

 

番外編:「やってみた」はtried to doではない?

 

さて上記では、「してみたい」を表す
英語表現についてお話ししましたが、

それの過去形にもあたる、
「〜やってみた」「〜してみた」という表現に
ついて知っておかなければいけないことを紹介したいと思います。

 

日本語でよくあるこの表現なのですが、確かに直訳したら

tried to doとなりますよね。

ですがこれ、実は間違った言い方なんです!

 

「え、try toの過去形なんだからtried toで
あってるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
もし日本人の感覚の「〜やってみた」「〜してみた」を
英語で表すとしら、try ~ ingが正しいのです!

又は、tryを使わずに、動作を表す
一般動詞の過去形だけで十分なのです!

 

どういう意味かと言いますと、例えば、

「かぼちゃケーキを作ってみた」を英語で表すとします。

そしたら、

I tried to make a pumpkin cake.

ではなく、

I tried making a pumpkin cake.

もしくは、try無しでそのまま

I made a pumpkin cake.

になります。

 

tried to doという表現は日本語に訳すと、

やってみたけど、結果的に出来なかった」という状態を表します!

 

つまり、

I tried to make a pumpkin cakeだと、
かぼちゃケーキ作ろうとしたけど作れなかった
という意味になってしまうんです!

 

日本人がよく誤解しやすい表現なのですが、
しようとしたけどしなかった、もしくは
出来なかった場合を除いて、「やってみた」はtry ~ ingなのです。

皆さんもこれからぜひ気をつけて使ってみてください。

 

 

まとめ

 

  1. フレーズ① give it a tryは「やってみる」「試してみる」
  2. フレーズ② feel like ~ doingは「〜したい気分だ」で、
    feel like S V は 「〜のように感じる」「〜のような気がする」
  3. フレーズ③ would like toはwant toよりも控えめで
    丁寧な言い方。Would love toは丁寧なまま、
    より意欲的で強い願望を表すことができる。
  4. 番外編 「やってみた」はtried to doではなく
    tried ~ ing、又はtryなしで言う

 

 

以上のように「してみたい」「やってみたい」
と言う意味やニュアンスを持つ英語のフレーズはたくさん存在します。

その時の気持ちの程度や場面によって使い分けることができます。

 

また、ここで紹介した以外でも使われている
フレーズはまだまだあり、人によってもその種類は様々です。

一つの表現に対して、複数の言い回しを知る
ということはとても大切で重要なことです。

 

自然な英会話に近づくためにもぜひ、
ここで紹介したフレーズももちろん、
他にも色々な表現を探ってみて、
自分のものにしていってみて下さい!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です