「shall」と「will」の違いって?例文を通してしっかり覚えていきましょう♪

突然ですが「shall」「will」違いってなんでしょうか?

 

「日本語にするとどちらも『~だろう」という意味もあるし・・・」

「なんとなく・・・『will』は未来について表現するとき?」

 

ともしかしたらしっかりとした区別を
せずに使っている人もいるかもしれません。

確かに意味を覚えておけばなんとなくは
使い分けることが出来るかもしれませんが・・・

「shall」と「will」は
ニュアンスやイメージも含めてしっかり覚えることで、
頭に定着してより使いこなすことができるようになりますよ!

 

この記事では「shall」と「will」の違いについて解説していきます。

 

日本語にすると同じような意味ですが、
ニュアンスやイメージをしっかりつかんで覚えていきましょう!

 

「shall」と「will」の違いってズバリなに?

まずは「shall」と「will」の違いから見ていきましょう!

 

「shall」・・・
「~でしょう」「~だろう」「~することになっている」

「will」・・・
「~でしょう」「~だろう」「~でしょう」

 

「あれ?殆ど同じ意味じゃない?」と思いますよね。

わたしも英語の学習を始めたときはそう思っていました(笑)

でも全然ニュアンスが違うんです!

 

ざっくり言うと・・・

 

「shall」→「義務・当然」「予言」のような意味合いを含む

「will」→人の意思を示す

 

です!

 

それぞれ例文を見てみましょう!

<shall 例文>

I hope I shall achieve a triumph.

(わたしは大業績を成し遂げるでしょう)

この例文では「大業績を成し遂げるのは当然」で
「大業績を成し遂げるだろう」という
予言めいたニュアンスで「shall」を使っていますね。

 

<will 例文>

I will meet play tennis with him tomorrow.

(わたしは彼と明日テニスをするでしょう)

こちらの例文は「明日彼とテニスをする」
という自分の意思を示すニュアンスで
「will」を使っていますね。

 

それぞれ意味は似ていますが、
ニュアンスは全然異なります。

イメージ的には「will」は「shall」よりも
もっとフランクと言ったら良いでしょうか。

わたしも以前「~だろう」=「shall」で覚えていて、
フランクな事柄についても「shall」を使い失敗した経験があります。

<失敗経験>

わたし:I shall go shopping with her tomorrow!

(わたしは明日彼女とショッピングにいくだろう)

 

相手:You will enjoy it! and, in this case, you migth want to use “will”, not “sahll”.

(楽しいできてね!あとこの場合、shallじゃなくてwillを使ったほうがいいよ!)

 

と言われてしまった経験があります。

理由は、「彼女とショッピングに行く」
というのはあくまでもわたし自身の意思だからということです。

わたしはそれから
自分がしたい行動については
基本的には「will」
を使うようになりました。

 

このように「shall」と「will」は決して
置き換えることができる単語ではないのですね!

このあと「shall」と「will」の
それぞれの意味を徹底解説していきますね!

 

shallの意味を徹底解説!

「shall」の意味を解説していきます!

まずは「shall」意味を改めておさらいしてみましょう!

 

「shall」と「will」の違いでも解説した通り・・・

「shall」・・・
「~でしょう」「~だろう」「~することになっている」
という意味でしたね!

 

そして「義務・当然」「予言」のような
意味合いを含む とも解説しました。

 

もう少し「shall」のイメージをつかんでいきましょう!

 

「shall」のイメージは
「なにか大きなもの達成する義務がある」です!

 

実は「shall」はキリスト教がバックボーンにある言葉なんです。

ここでいう「何か大きなもの」とは西洋的な絶対神のこと。

そして「shall」のイメージをより
詳しく説明すると
「西洋的な絶対神から下されたものを達成する義務がある」
といった感じです。

なんだかすごい単語に感じられますよね!

「shall」のイメージは神の予言
神によって決められた絶対的な未来
におわす単語なんです!

 

例文を見てみましょう!

 

<例文>

Man shall not live by bread alone.

(人はパンのみにて生くるにあらず)

これは聖書の中の言葉です。

このように神からの予言めいた中で
「shall」は使われる場合もあります。

 

「shall」にはこうした格式張ったイメージのため、
現代の日常会話においては、非常に硬いシーンで使われます。

具体的には契約書や仕事上のやりとりなどです。

例文を見てみましょう!

 

<例文>

The seller shall deliver the lands to the Buyer.

(売り主は買い主へその土地を引き渡さなければいけません)

 

上の例文のように契約書など硬い文書で
使われるケースが多いので、よく覚えておきましょう!

 

「will」の意味を徹底解説!

つづいて「will」の意味を解説していきますね!

改めて「will」の意味とイメージを確認しておきましょう!

 

意味→「~でしょう」「~だろう」「~でしょう」

ニュアンス→人の意思を示す

 

でしたね!「shall」が神による決められた未来を
表現しているのに対し、「will」は人間の意思を表現しています。

 

例文を見ていきましょう!

<例文>

I will buy Nintendo Switch tomorrow!

(わたしは明日ニンテンドースイッチを買いにいくでしょう!)

これも「明日ニンテンドースイッチを買いにいく」
という個人の意思を表現しているので、「will」を使います。

 

これが「shall」を使うと・・・

 

I shall buy Nintendo Switch tomorrow!

となり、神のお告げによって必ず
明日わたしはニンテンドースイッチを買うだろう、
のようなニュアンスになってしまって、大分変ですよね。

 

「○○をやるだろう」という、あくまでも
人の意思を表現する場合には「will」を使いましょう!

 

「shall」と「will」のさまざまな使い方を紹介!

さてここまで「shall」と「will」の
違いや意味を解説してきました。

ここでは「shall」と「will」それぞれの
使い方を紹介していきますね!

 

「shall」の使い方

 

「shall」は「Shall we dance?」のように
疑問文でよく使われます。

ということで「shall」の疑問文の使い方
ここでは学んで行きましょう。

 

ここでは主語が一人称(I,we)・二人称(you)・
三人称(he,she,it,they)とケース別に「shall」の
疑問文の意味を紹介します!

Shall I(we)~?「~しましょうか?」(主語一人称の場合)

疑問文で主語が一人称(I,we)の場合
「~しましょうか?」という意味で「shall」は使われます。

早速例文を見ていきましょう!

<例文>

Shall I pick it up?

(それを拾いましょうか?)

 

またShall we~?の場合、直訳すると
「私たちは○○しましょうか?」ですが意訳をして
「〇〇しましょう」という意味で使われます。

 

<例文>

Shall we play the guitar?

(ギターを弾きましょう)

 

疑問文ですが、「Let’s~」と同じ意味なんですね!

 

Shall you~?「あなたは~するつもりですか?」(主語が二人称の場合)

主語が二人称(you)の場合「あなたは~するつもりですか?」
と確認の意味で使われます。

例文を見てみましょう。

 

<例文>

Shall you buy your clothes?

(あなたは服を買いますか?)

 

このように相手のこれからの予定を聞くときに使われます。

 

Shall she (he,it,they)~? 「彼女に~させますか?」

主語が三人称(she,he,it,they)の場合「○○に~させますか?」
という意味で使われます。

例文も見ておきましょう!

 

<例文>

Shall she buy it ?

(彼女にそれを買わせますか?)

 

しかしこの表現は殆ど使われていません・・・
ので参考程度に覚えておきましょう!

 

「will」の使い方

「will」の使い方を色々見ていきましょう!

肯定文、否定文、疑問文の「will」
の意味合いをそれぞれ紹介していきますね!

 

未来を表す「will」「~だろう」「~になる」

単純に未来の客観的な予想を表現する
「will」の使い方です。

意味は「~だろう」や「~になる」です。

<例文>

You will be thirteen next month.

(あなたは来月13歳になります)

 

She will be a good teacher.

(彼女は良い教師になるだろう)

 

このように「~になります」「~だろう」と
訳されるのが一般的です。

中学生で学ぶ「未来のwill」がこれにあてはまります。

 

推測の「will」「~だろう」

推測の「will」は「~しているだろう」
という意味で使われます。

<例文>

He will arrive Asakusa in a few minutes.

(数分以内に浅草に彼は着くだろう)

She will contact you soon.

(彼女はすぐにあなたに連絡すると思うわ)

 

このように推測に「will」はあくまでも
その人の主観に基づいた推測であり、
客観的・科学的な知見に基づいた推測ではない
ので注意してくださいね!

 

習慣の「will」「~するものだ」

習慣の「will」は「~するものだ」という
習慣や慣習、法則を表現した使い方です。

 

<例文>

Children will sleep well.

(子どもたちはよく寝るものだ)

 

このような感じです。習慣の「will」は
使いやすい表現ですよね!

まずはしっかり例文を暗記して、
使いこなせるようにしていきましょう!

 

否定文の「will」「~しない」

否定文で「will」が使われる場合、
「~しない」という意思の否定の意味で使われます。

拒否や拒絶の表現になるんですね。

例文を見てみましょう。

<例文>

I won’t meet him.

(わたしは彼には会いません)

I won’t study English.

(わたしは英語を勉強しません)

「かれに会う意思はない」

「英語を勉強しない」という
意思の否定の意味で使われていますね。

 

ネイティブスピーカーはよく使う表現です。

わたしもよく「I won’t~」の表現は
使っていましたが、とっても便利な表現ですよ!

 

疑問文 意思・未来を聞く「will」 「~するんですか?」

疑問文で「will」を使う場合

・意思・未来を聞く「will」

・依頼の「will」

の2種類がありますが、
まずは・意思・未来を聞く
「will」から解説していきますね!

意味は「~するんですか?」です。

<例文>

Will you join Judo club?

(柔道部に入るつもりなのかい?)

 

Will you buy new computer?

(新しいコンピューターを買うの?)

 

このような感じで、
その人の未来の意思を聞くときに使います。

日本語でもよく「~するの?」
「~するんですか?」という質問はするかと
思いますのでイメージしやすいのではないでしょうか?

 

依頼の「will」「~してくれませんか?」

つづいて依頼の「will」です!

「~してくれませんか?」という意味で
何かをお願いする場合に使います。

<例文>

Will you send me the e-mail?

(わたしにメールを送ってくれませんか?)

 

Will you please help me?

(助けてもらえませんか?)

 

このような使い方をします。

「Will you~?」はよく使う表現ですので
しっかり覚えておきましょう。

 

またpleaseをwill you の後に入れるとより
丁寧な表現になりますよ◎

 

「shall」と「will」の似たような使い方をする単語

「shall」は「will」同じ「~だろう」という意味がありますが、
ニュアンス・イメージともに大分違うということを
お伝えしてきました。

ここでは「shall」と「will」と混乱しやすい
よく似た「can you~?」と「should」との違い
紹介していきます!

しっかり区別して覚えていきましょうね!

 

依頼の「will」と依頼の「can」の違い

「can」も「will」と同じく依頼をする際に
「~してくれませんか?」という意味で使います。

違いは

「will」→意思を問う

「can」→可能かどうかを問う

 

例文を見てみた方が分かりやすいかと
思うので、見てみましょう!

<例文>

 

・Will you come with me?

(わたしと一緒に来ますか?)

 

「一緒に来るかどうか」という意思を
聞いているので「Will you~?」を使います。

一方・・・

 

・Can you fix my computer?

(わたしのコンピューターを直してもらえますか?)

 

こちらは「コンピューターを直すことが可能かどうか」
も含めて聞いているので「Can you~?」を使っています。

 

相手の意思を問うか、相手が出来るかどうかを問うか
どちらを使うか決めていきましょう!

 

「shall」と「should」の違い

「should」にも「shall」と同じく
「~だろう」という意味があります。

「shall」の過去形が「should」ですが、
あまり過去っぽいニュアンスで使われることはありません。

それでは違いは何でしょうか?

 

「should」は「shall」にはない
「常識や経験上はそうなるだろう」という
ニュアンスを含みます。

例文を見てみた方が分かると思うので、早速見てみましょう!

 

<例文>

・I got bad marks in that test. Should I study harder?

(テストの点が悪かった。もっと勉強すべきですか?)

・You should do it!

(するべきです!)

 

この場合、
テストの点が悪かった→勉強不足→経験上は勉強するべき

といったニュアンスなので「should」を使います。

このように文脈を見て
「それが常識・経験上そうなる」という
ニュアンスを含んでいれば「shall」を使いましょう!

 

まとめ

この記事では「shall」と「will」の違いを
解説してきました。

いかがでしたでしょうか。

「shall」も「will」もそのイメージと
ニュアンスをしっかり覚えることが
できればその違いも理解できると思います。

それでは改めて違いをまとめてみます。

・「shall」→「義務・当然」「予言」のような意味合いを含む

・「will」→人の意思を示す

 

なかなか違いを覚えただけでは
使いこなすのは難しいです。

2つの違いは例文を通して暗記することで
より整理して覚えることができるようになります。

口に出して暗記してどんどん使いこなしていきましょう♪

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です