基本的なものから重要なものまで!Reから始まる英単語まとめ

Reの付く単語と言ったら、
何となく「反復」だったり
「繰り返す」という意味が
含まれているのは想像できますよね。

 

Recycle(再循環), Reuse(再利用),
Reproduce(再生産)…
などがパッと頭に浮かぶ代表的な
単語だと思います。

 

Reと付けるだけで、「再び」
という意味が含まれる
新しい単語になるものもあれば、
Reがついても「再び」とは直接的な
関係を持たない単語など、
Reから始まる単語にはたくさんの
ものが存在します。

 

今回は、そんなたくさんあるReの付く
単語の中でも、基本的なものから、
学校では習わないけど超重要な
英単語まで、筆者チョイスで
紹介したいと思います!

 

ですが、本題に入る前に一つ
お伝えしておきたいことがあります。

 

Reは接頭辞の一つ

Re, dis, in, un…などの単語の頭に着くものを、
日本語で接頭辞または接頭語、英語では
prefix(プレフィックス)と言います。

 

接頭辞は一つの単語ではありませんが、
独自の意味を持ち、
語基にくっつくことによりその単語の
意味を助ける、補助するような
役割を果たします。

Reはそんな接頭辞の一つで、
Wikipediaの説明によると、

繰り返し~する」「再び~する」を意味する。

と記されています。

 

これだけでなく、「後ろへ
反対に」という意味も含まれます。

 

これらを踏まえてまず、Reが付くことによって、
Reの意味から派生した意味に
なる英単語を紹介したいと思います。

 

また、単語の難しさのレベルを3段階に分け、
レベル1 * レベル2 ** レベル3 ***
と示しています。

 

「再び」という意味が含まれるもの

 

 

Reassure ***

安心させる、再確認する、自信(元気)を取り戻す

Re: 再び Assure: 保証する、確信する

Recover **

回復する、立ち直る、取り返す

Re: 再び Cover: 覆う

Reconsider **

再考する、考え直す

Re: 再び Consider: 考察する、熟考する

Replace **

取り替える、交換する

Re: 元に、再び Place: 置く

React **

反応する、対応する

Re: 再び Act: 行動する

Return *

戻る(戻す)、返る(返す)、帰ってくる

Re: 元に、再び Turn: 曲がる

Review *

見直す、再検討する、論評する、審査する

Re: 再び View: 見る

Remember *

覚えている、思い出す、忘れないようにする

Re: 再び Member: 心にかける

Remind (of) **

気づかせる、思い出させる

Re: 再び Mind: 気づく

Resemble **

似ている、類似点がある

Re: 再び Semble: 同様にする

Regret **

後悔する、残念に思う、遺憾に思う

Re: 再び Gret: 泣く

Restore **

回復する(させる)、修復する(させる)、復帰する

Re: 再び Store: 元気にする

Require **

必要とする、要求する

Re: 再び Quire: 求める

Recognize **

認識する、認める、見てそれと分かる

Re: 再び Cognize: 認識する

 

「後ろへ」という意味が含まれるもの

 

 

Receive *

受け取る、受ける

Re: 後ろに Ceive: 受け取る

Resident ***

住民、移住者、宿泊客、外交官

Re: 後ろに Sid: 座る Ent: 人

Reject **

拒絶する、却下する、つき返す

Re: 元へ、後ろに Ject: 投げる

Respect **

尊敬する、配慮する、重視する

Re: 後ろを Spect: 見る

Reserve **

予約する、留保する、持ち越す

Re: 後へ Serve: 保つ

Reduce *

低減する、縮小する、薄くする

Re: 後へ Duce: 導く

Remain **

留まる、以前のままである、残っている

Re: 後に Main: 留まる

Respond **

返答する、反応する、効果を示す、対応する

Re: 元へ、後ろへ Spond: 約束する

Refuse **

断る、拒む、拒絶する、辞退する

Re: 元へ、後ろへ Fuse: 注ぐ

Reflect **

映す、反射する、反映する

Re: 元へ、後ろへ Flect: 曲げる

Release *

解放する、公開する、放つ、放出する

Re: 元に、後へ Lease: 緩める

Refugee ***

(政治的・宗教的)難民、避難民

Re: 後ろへ Fuge-ee: 逃げる人

Relate *

関連させる(がある)、結びつける、共感する

Re: 元へ、後ろへ Late: 運ぶ

Revenue ***

歳入、税収、財源、収益

Re: 元に、後に Venue: 戻ってくるもの

 

いくつかの単語に含まれている
「元に」という意味は、「後ろへ」「再び」
というどちらの意味も包容しています。

 

反対に」という意味が含まれるもの

 

Resist **

抵抗する、反抗する、反撃する

Re: 〜に逆らって Sist: 立つ

Reverse **

覆す、反対にする、逆にする

Re: 反対に、後ろに Verse: 曲がる

Rebel ***

反乱を起こす、反逆する

Re: 反抗して Bel: 戦争を起こす

Resign ***

辞職する、辞める、退く

Re: 〜に逆らって Sign: 署名する

 

このように接頭辞のReが頭に
つくことによって、意味が補助され、
新たな意味に成り立つ単語は
非常にたくさん存在します。

 

次に、接頭辞のReとはあまり直接的な関係を
持たないReから始まる英単語です。

 

学校で普通は習わなかったり、普段目に
することのない単語にはなぜ重要なのか
という説明も加えています。

 

その他のReから始まる重要英単語

 

Reimburse ***

(経費などを)返済する

日常的に業務関連で重要な単語です

Reinforce ***

強化する、補強・増強する

「Rein」は強意の意味を表します

Reach *

着く、到達する、手を差し伸べる、届く

Recession ***

景気後退、不況

社会や経済に関する重要単語です

Realize **

はっきり分かる、悟る、実現する

Refund ***

払い戻す(払い戻し)、返金する(返済金)

こちらも業務関連で重要な単語です

Reckless ***

向こう見ずな、無謀な

「身勝手な人」に対して日常的によく使われる単語です

Reckon ***

憶測する、計算する、みなす

「guess」と同じような意味の単語で、会話の中でよく使われます

Retain ***

保持する、維持する、雇用しておく

Retreat ***

撤退する、逃げる、後退する、撤回する

Republic **

共和国、共和制

Reputation ***

評判、噂、名声

Remedy ***

解決策、治療法、救済法

政治や医療において重要な単語です

Resolution ***

決議、決断、解決

公的な話し合いの場で重要になる単語です

Resonate ***

反響する、共鳴する、感銘を与える

Refrain (from) ***

差し控える、慎む、こらえる

Refrigerator **

冷蔵庫、冷却室

このReは「下へ」を意味します

Region **

地域、地方、行政区、部分

Reg: 統治する ion: こと

Regular *

規則的な、定期的な、頻繁な、一定の

Relevant ***

適切な、妥当な、重要な価値を持つ

Reveal **

明らかにする、本性を見せる、姿を表す

ベール(Veal)を取り外す(Re)

 

これらを見てみると、接頭辞とは直接関係は
してなくとも、Reはあらゆる英単語において
重要な役割を果たしていたり、キーポイントに
なっていたりすることが分かります。

 

Reはどの単語にも付けることができる

接頭辞のReは基本どの単語にも
くっつけることが出来ます。

辞書に載っていない単語でもReを付けて、
新しい別の単語にすることも
できるということです。

 

ネイティブの会話の中では
日常的にそれは行われています。

文章に書くときは、そのままで
書かれることもありますが、
Reと単語の間にハイフン(―)を
入れて書かれることも多いです。

 

例えば、watch, read, doなど
簡単な単語でもReを付けて

「再び」という意味で使われたりします。

 

<例文>

I rewatched the drama yesterday.

(昨日あのドラマをもう一回見直した)

Please re-read the sentence carefully.

(文章をもう一度注意深く読んで下さい)

You can redo this anytime.

(あなたはいつでもこれをやり直せますよ)

 

日常会話の中では大抵、「再びする」
ということをより強調するために、
againの代わりに動詞にReが付け加えられます。

これが違和感なく自然とできるようになると、
だいぶネイティブに近づくことが出来ます!

 

まとめ

  1. Reは「再び」「後ろへ」「反対に」を意味する接頭辞の一つ
  2. 接頭辞のReと直接関連がなくてもReは様々な役割を果たしている
  3. 基本どの単語にもReをつけることによって、「再び」という意味の単語にすることができる

 

さて今回は、接頭辞の一つである
Reから始まる英単語を、
私の独断チョイスで紹介しました。

調べれば調べるほど、Reから
始まる単語はたくさん存在し、
この記事で紹介した単語もまだ一部です。

 

私自身も単語を調べながら、
意味の成り立ちを知ることが
出来てとても面白かったです。

今回紹介したのはReだけですが、
ぜひ他の接頭辞も調べてみては
いかかでしょうか?

 

また、接頭辞の反対の、接尾辞
(単語の後ろにつく)というものも存在します。

そちらも一緒に調べてみたら、
さらに語彙力が高まり、面白いと思いますよ。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。