「オムライス」は英語で何と言う!?定番洋食の英語での言い方3選!

みんなが大好きな卵料理の「定番」といえば、

そう

「オムライス」

ですよね!

 

トロっとしたふんわり卵に包まれた、
優しいケチャップ味のチキンライス…

想像しただけでヨダレが出てしまいます…(笑)

 

専門店も多く、老舗洋食店から喫茶店まで、
日本ならどこにいても食べられるこの「オムライス」ですが、
実は日本で生まれた日本独自の料理であることをご存知でしたか?

 

「発祥」を謳っているお店は複数あるようですが、
なかでも東京と大阪にある某有名店では、
明治や大正時代からオムライスを提供していたそうです。

 

というわけで、つい英語だと勘違いしてしまいがちな
「オムライス」という単語、実は英語圏の方には通じません!

 

私はこの事実を知らず、
アメリカ留学中に好きな食べ物を聞かれた際、
得意げに

「Omurice!(オムライス)」

と答え、

「What!? (なんだそれは!?)」

という顔をされた思い出があります…

このように、英単語だと思っていたのに
実は和製英語だった!というお料理は他にも存在するのです。

 

今回は、日本ではおなじみの
洋食たちの英語での言い方をご紹介します!

 

オムライス

冒頭でもご紹介した通り、
「オムライス(Omurice)」は英語ではありません!

薄焼きの卵という意味を持つフランス語の
”omelete(オムレット)”とごはん”rice(ライス)”が
合体して作られた和製英語なのです。

 

では、英語で「オムライス」はなんと言うのでしょうか。

 

答えは、

 

omelette rice (オムレットライス)

omelette and rice (オムレット アンド ライス)

rice omelette (ライス オムレット)

 

などいくつかパターンがあります。

 

ただ、これでも料理そのものを見たことが
ない人には伝わらない場合があります。

その場合は、オムライスとはどんなお料理なのか
説明してあげるといいでしょう。

 

説明の例として、

・A ketchup flavored rice wrapped in egg

 (ア ケチャップ フレイヴァ―ド ライス ラップト イン エッグ)

「卵で包まれたケチャップライス」

→”flavored”とは「~風味の」という意味です。

・A ketchup fried rice wrapped in omelette

 (ア ケチャップ フライド ライス ラップト イン オムレット)

「オムレツで包まれたケチャップライス」

→”fried rice”とは「炒めたごはん」を指します。

「フライ」と聞くと「揚げる」イメージが強いですが、
実は「炒める」という意味で使われるのです!

 

等があります。

 

説明の仕方については下の動画で詳しく解説されていて、
発音も勉強になります!

ぜひ参考にしてみてください! (2:58頃~)

「すごく簡単に作れる料理」としても紹介されています。

 

https://youtu.be/CPynlmBqdPk

 

私も留学中に作ってホストファミリーにふるまったところ、
「ごはんを卵で包むだけで、こんなにおいしいなんて!」
と、とても喜んでもらえました!

 

 ハンバーグ

次にご紹介するのは、オムライスと1,2を
争う洋食の定番「ハンバーグ」です。

 

アツアツの鉄板に乗った、ボリュームのあるお肉。

ナイフを入れるとジュワっと肉汁があふれ出し、
濃厚なソースとの相性はバツグンです。

考えただけでまたヨダレが…(笑)

 

さて、そんなハンバーグですが、
名前の由来はドイツの都市「ハンブルグ」です。

しかし、ハンブルグで生まれたわけではなく、
アメリカに移住したドイツ人が、焼いた肉の塊を
「ハンブルグステーキ」と呼び始めたことがきっかけだと言われています。

 

そんな「ハンバーグ」というお料理ですが、
そのまま英語で伝えると都市の「ハンブルグ」
と間違われてしまうことがあります。

 

言い方としては、

 

Hamburg steak

Hamburger steak

Salisbury Steak (ソールズベリー ステーキ)

 

等があります。

 

厳密に言うと最後に出てきたSalisbury Steakは
日本で食べられるハンバーグとは異なり、
丸めて焼いたミンチ肉にグレイビーソースという肉汁を
ベースにしたソースをかけたお料理です。

いずれにしろ、日本のように一般家庭で出てくるようなお料理ではなく、
私がアメリカにいたころは、大きな都市にある
日本料理店が提供している程度でした。

 

アメリカでは、焼いたお肉はバンズで挟む!

「ハンバーガー」こそがソウルフードなのですね。

 

ですので、

a hamburger without the bun 

(ア ハンバーガー ウィズアウト ザ バン)

「パン抜きのハンバーガー」

と言うことで「ハンバーグ」を説明することができます。

 

コロッケ

続いてご紹介するのは、台風の日の夕食の定番、「コロッケ」です!

 

きつね色に上がったサクサクに衣に包まれた、ほくほくのジャガイモ…

アツアツのまま、頬張るのがたまりませんね!

あぶないあぶない、またヨダレが…(笑)

 

さてそんなコロッケですが、
もともとはフランス語の“croquette(クロケット)”に由来しています。

ただし、日本のコロッケはじゃがいもやカニクリーム、
カボチャなど中身が限定されているのに対して、
“croquette(クロケット)”は「具材にパン粉をつけ、油で揚げた料理の総称」
を指しています。

つまり中身がお肉でも魚でも、“croquette(クロケット)”なのです。

 

日本では「トンカツ」「チキンカツ」「牛カツ」「フライ」

などそれぞれの呼び方があるので、少し違和感がありますね。

 

では、日本の「コロッケ」は英語で
どのように伝えればいいのでしょうか?

 

こちらもいくつか言い方があります。

例えば、

 

korokke (コロッケ)

→フランス語のcroquetteと区別するために使われています。

Japanese potato croquette (ジャパニーズ ポテト クロケット)

 

などです。

 

しかしこちらもあまり一般的ではないため
料理名だけでは伝わらない場合があります。

そんな時は、英語でポテトコロッケを説明してみましょう!

A deep-fried mshed potatoes covered in bred crums

(ア ディープ フライド マッシュド ポテトウズ カバード イン ブレッド クラムス)

「パン粉を付けて油で揚げたマッシュポテト」

という言い方がシンプルで
伝わりやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

1.「オムライス」の英語での言い方は?

 →omelette rice

omelette and rice

rice omelette 

 

  1. 「ハンバーグ」の英語での言い方は?

 →Hamburg steak

Hamburger steak

Salisbury Steak

 

3.「コロッケ」の英語での言い方は?

 →korokke

Japanese potato croquette

最後に

今回は、日本ですっかりお馴染みとなっている
洋食たちの英語での言い方をご紹介しました。

私はかつて、上記でご紹介した3つとも
英語だと思っており、アメリカでそれっぽく
発音して堂々と発言し、周りをポカーンとさせた経験があります(笑)

このように、日本独自で発展を遂げ、
流通したお料理はたくさんあるため、
カタカナ名であってもそのまま使ってしまうと
英語圏の方には伝わらない、ということは多々あるのです。

それでも私の場合は、周りが指摘をしてくれたうえに
どうして間違いだったのかと疑問に思ったことから
料理のルーツを調べることで知識が増えました!

間違ってしまうことが、結果的に新たな学びに
つながることはたくさんあります。

失敗を恐れずに、英語学習を続けてくださいね!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です