MustとHave toの違いって?使い方や意味の違いまで詳しく解説!

こんにちは。
私は、大学と大学院でイギリス文学を専攻していました。
アメリカへホームステイ経験もあります。

 

これまでの経験から今回は、

「MustとHave toの違い」について具体的に紹介します。

 

それではMustとHave toの違いについて詳しく解説していきます。

MustとHave toは中学や高校の英語の授業で
よく習った単語だと思います。

違いについても先生から教えられた覚えのある人も
多いのではないでしょうか。

しかし、いざ文章や会話に使う時に

「あれ?これってMustじゃなくてHave toだっけ?」

「これはMustじゃなくてHave toでもいいんじゃない?」

と迷うことってありませんか?

 

理解しているようで理解しきれていない。

そんなMustとHave toの違いをここで詳しく見ていきましょう!

きっと、
これからの英文や英会話の上達に非常に役立つことになりますよ!

 

MustとHave toの違い

「Must」と「Have to」はどちらとも
「〜しなければならない」という意味です。

しかし、意味を詳しく見ていくと
この二つには次のような違いがあります。

 

「Must」は基本的に現在形で使われ、
否定文では意味が変わり、意志や命令の意味が強い。

 

「Have to」現在・過去・未来・完了形でも使えて
否定文でも意味は変わらない。客観的な義務やすべきことに使われます。

そして、

「Must」は「Have to」より意味が強い

という違いがあります。

 

それでは、
それぞれの違いについて詳しく見ていきたいと思います。

まずは「Must」と「Have to」の意味について
説明しましょう。

単語の意味を理解してからの方が
上記の意味を理解しやすくなります!

その後に、
上記で説明した「Must」と「Have to」の違いについて
3つに分けて紹介します。

では「Must」の意味から見ていきましょう!

 

Mustの意味

「Must」の意味には次のようなものがあります。

 

「〜しなければならない」

「〜してはいけない」

「〜に違いない」

「〜に相違ない」

「必ず〜する」

「〜する必要がある」

 

「Must」の意味を見てみると
かなり強い意志や義務、確信というものが感じられますね。

これで「Must」が「Have to」より
意味が強い理由が分かったかと思います。

それでは例文を見ていきましょう。

 

〈例文〉

  1. 「We must drink water to live.」
    (生きるために水を飲まなくてはならない)
  2. 「You must obey your mother.」
    (母親の言うことは聞かなければならない)
  3. 「A sunscreen is a must in summer.」
    (夏に日焼け止めは必要です)
  4. 「You must be lonely.」
    (寂しいです)*引用:weblio英和和英辞典
  5. 「It must be cold now in UK.」
    (イギリスは今ごろ寒いに違いない)

 

1の例文では「生きるために〜」という
強い必要性を表しています。

2の例文では「母親の言うこと(命令)」を
聞かなくてはならないことを表していますね。

 

3の例文では1と似ていますが
絶対に必要になるもの(必需品)」を表しています。

4の例文では「必ず/きっと〜するだろう」という
思いを表していることがわかります。

5の例文では土地の季節を見て
〜に違いない」という絶対的な推測を表しています。

 

このように、

「Must」の意味にはどれにも強さがあります。

 

「それ以外の選択肢はあり得ない」
といったような義務や命令、
「それにしかない」というような
絶対的な確信や予測が込められています。

 

これはいずれも自分主体のものが多いです。

「〜しなくてはならない」

「絶対に必要」

「〜違いない」も全て自分の意思が含まれます。

 

それに対して、
「Have to」はどうなのでしょうか?

 Have toの意味

様々な意味があった「Must」に対して、
「Have to」の意味には

〜しなければならない

〜ねばならない

という意味のみです。

 

「Must」よりも「Have to」は
かなり柔らかい意味に感じられますね。

これも「Must」と「Have to」の違いと言えるでしょう。

 

それでは例文を見ていきましょう。

 

〈例文〉

  1. 「I have to go to school.」
    (私は学校に行かなくてはならない)
  2. 「I have to study English for TOEIC.」
    (TOEICのために英語の勉強をせねばならない)

 

1の例文では、
客観的な目線で要求されていることを表しています。
「学校に行かなくてはならない」のは
社会的に求められていることであり、すべきことです。

 

2の例文では、
「〜ねばならない」という意味を表しています。

状況的に(勉強を)しなくてはならないこと
というように理解できますね。

 

このように「Have to」は「Must」のように自分主体ではなくて、
客観的に見た時のすべきこと必要性を表しています。

 

さて「Must」と「Have to」の両方の意味を理解したところで、
それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう!

MustとHave toの語形変化の違い

「MustとHave toの違い」の部分で説明した通り、
「Must」と「Have to」には
語形変化において違いが見られます。

 

Must」は語形変化がない単語であり、
基本的に現在形で使われることが多いです。

Have to」は語形変化がある単語であり、
現在・過去・未来・完了形でも使われます

 

例文を見てみましょう。

 

〈例文〉

  1. 「I really must
    (本当にもう行かないといけない)
    *引用:weblio英和和英辞典
  2. 「Did you have to do homework in midnight?」
    (夜中に宿題をしなければならなかったんですか?)
  3. 「We’ll have to think about the charity party by weekend.」
    (チャリティーパーティーについて週末までに考えなくてはいけないでしょう)
  4. 「I’d had to endure for long time.But,I’m free now!」
    (長い間耐えてこなければなりませんでした。しかし、私は今自由です!)

 

1は語形変化のない「Must」の現在形の文章です。

2から4は語形変化のある「Have to」の
過去、未来、完了形の文章になっています。

見て分かる通り、2から4は
「Did you〜」「will」「I’d」などの単語が使えます。

これは語形変化のある「Have to」でしか使われません。

「Must」と「Have to」で語形変化のある文章を使う時は、
上記の違い注意しましょう!

MustとHave toの否定文の違い

次に紹介するのは、
「Must」と「Have to」の否定形の違いについてです。

Must」は否定形で意味が変わる単語です。

Have to」は否定形でも意味は変わらない単語です。

 

例文を見てみましょう。

 

〈例文〉

「You must not go to school on Wednesday.」
(水曜日は学校に来てはいけません)

「You don’t have to go to school on Wednesday.」
(水曜日は学校に来なくても結構です)

 

上記のように、
Must」の場合は「来てはいけない」という
禁止の意味になります。

 

それに対して、
Have to」の場合は
〜しなくても結構です」または
〜する必要はありません」の意味になります。

 

「Have to」では禁止ではなく不要という意味であり、
「〜しなくてはならない」「〜する必要がある」という
肯定文の反対の意味になります。

同じ「〜しなければならない」という意味を持っていても、
否定文では「Must」は禁止の意味に変化しますので
気をつけてください!

MustとHave toの使い方の違い

それでは最後に、
「Must」と「Have to」の使い方の違いを紹介します。

「MustとHave toの違い」や両方の意味の部分でも
述べていますが、
「Must」と「Have to」では
意味の部分において使い方が違ってきます。

 

Must」は自分の意思、確信、命令といった
自分主体で使われます。

Have to」は
客観的な目線からの義務、必要性で使われます。

 

例文を見てみましょう。

 

〈例文〉

「You must submit your treaties by tomorrow!」
(明日までに論文を提出しなければなりませんよ!)

「You have to write the English treaties by tomorrow.」
(明日までに英語の論文を書かなければなりません)

 

「Must」の場合はこの例文を言っている人が
論文の提出を強制しています。

「Have to」の場合は
誰から論文の執筆を義務付けられています。

 

少しややこしいですが、
Must」は文章の話し手が主体
Have to」は客観的な目線が主体ということです。

ただ例外として、

規則や取り扱い説明書などには「Must」が使われます。

 

「Must」や「Have to」を使った文章を
書くときや英語を話す時は、
以上のことに気をつけて使いましょう!

 

MustとHave toを使う場面

これまで「Must」と「Have to」の違いについて
意味から例文まで見てきました。

では最後に、

実際にどんな場面で
「Must」や「Have to」を使うのか紹介します!

「Must」と「Have to」は
その意味からも幅広い場面で使うことができます。

 

例えば、

誰かに注意を促す場面
「Must」を使えば「禁止」の意味として
より相手に伝わります。

他にも勉強をしなくてはならない時や
どこかに行かなくてはならない時などは、

「Have to」を使って
客観的に自分がやらなくてはいけないことがある
と説明できます。

 

「Must」は自分主体のものなので、
出来る限り自分に向けて使いましょう。

「Have to」は客観的な目線のものなので、
自分以外の他の人に対しても使えます。

 

様々な場面で使うことができる「Must」と「Have to」。

使い方の違いに気をつけて活用してください!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

「Must」と「Have to」は
意味が似ていても使い方次第で
全く違う意味にもなる単語です。

Must」は自分主体の意思、確信、命令を表現します

また、否定文で変化して現在形でしか使われません。

 

Have to」は客観的な目線での義務や必要性を表現します

また、否定文でも変化しませんが語形変化があります

 

そして、
Must」の方が「Have to」よりも強く相手に伝わります

 

そのため、
使い方には気をつけましょう。

 

この記事で「Must」と「Have to」の違いを理解して、
日々の英語学習に是非役立ててくださいね!

 

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です