Makeを用いた動名詞/不定詞の違いと使い方をマスター!

英語を学習している時、
一つの単語が複数の意味を持つため、
その場に応じて使い分けなければいけないと分かった時、
ちょっと嫌な(面倒な)気持ちになったことはありませんか?

 

今回は、英語学習者が
「もう無理!英語難しい!」
と思って英語を諦めてしまうことの多い
学習項目「動名詞」と「不定詞」について
頻出単語「Make」を用いた時のそれぞれの
使い方をご説明します!

 

複数あるMakeの意味

早速ですが、単語「Make」は
さまざまな意味を持ちます。

今回は「Make」を使った例文で進めていくので、
「Make」を交えながらご説明していきます。

 

まず「Make」を辞書で調べると、
大きく分けて「名詞」「自動詞」「他動詞」と
3種類の使い方があります。

 

Makeの基本的なそれぞれの意味

  • 名詞・・・作ること(工程)、製造(過程)、型、式、生産量など
  • 自動詞・・・移動する、~しようとする、~の状態になる、など
  • 他動詞・・・~を作る、~の状態にする、(人に)~させる、など

 

上記3つの中でも一番覚えやすい、
もしくは覚えている人が多いのが3つ目の
「他動詞」の訳「~を作る」ではないでしょうか。

 

1つの単語が複数の意味を持つと
最初から全て覚えるのは難しいのですが、
まずこの3種類があることを覚えましょう。

 

動名詞とは

次に本題の「動名詞」とは何かをご説明します。

「~詞」と聞くと、分かりにくい表現ですが、
動名詞(どうめいし=名詞の活動を表す)はとても覚えやすいです。

 

動名詞・・・動詞にingを付ける「動詞ing+形」

日本語訳・・・「~すること(~する[動詞の部分]+こと[名詞])」

 

これだけです!

 

<ポイント>

  • 動名詞(~すること)で主語になるため、文頭に用いる
  • 補語(主語とイコールになる部分)にも使える
  • 目的語(動詞の対象となる語)にも使える

 

では先述の「Make」と絡めて見ていきましょう。

 

1.動名詞(~すること)で主語になるため、文頭に用いる

  • Making ~ (Make(動詞)+ ing + ~(名詞))

 

  • 例文1

Making dinner for my family is one of my daily routines.
家族のために夕食を作ることは私の日課です

 

  • 例文2

Making films is my job.
映画製作が私の仕事です

 

  • 例文3

Making a profit is what we have to focus on to continue the business.
利益を出すことは、事業を続けるために重点をおかなければいけないことです

 

「Making(makeのing形) + 名詞 = ~すること」が
文頭にあることで主語にあたる部分(下線部)を作れば、
残りはどういう状態か、
という文章を作るのみで文章は完成します。

 

2.補語(主語とイコールになる部分)にも使える

  • 主語 + be動詞 + [making + ~(名詞)]

①の例文を②のパターンに変更した例文をご覧下さい。

 

  • 例文1

One of my daily routines is making dinner for my family.
私の日課は、家族のために夕食を作ることです

 

  • 例文2

My job is making films.
私の仕事は映画製作です。

 

  • 例文3

What we have to focus on to continue the business is
making a profit.
事業を続けるために重点をおかなければいけないことは、
利益を出すことです

 

①と②の例文を見るとbe動詞の前後で
文章が入れ替わっているだけです。

どちらも「~すること」が主語もしくは
(主語と同じ意味の)補語にあたるからです。

 

3.目的語(動詞の対象となる語)にも使える

動詞(likeなど)の対象が「~すること」になる
行動に対して「Make + ing形」を使うこともできます。

 

  • 例文1

I like making dinner for my family
私は家族に「夕食をつくること」が好きです

 

  • 例文2

I enjoy making films.
私は映画を製作することを楽しんでいます

 

*「begin, start, hate」などの動詞を
like以外にも使えます

*「enjoy, finish, mind, give up」これら4種は
「動名詞」のみにしか使えないという決まりがあります

 

不定詞とは

次に不定詞についてご説明します。

不定詞は動名詞のing形の代わりに
動詞の原形の前に「to」を使用します。

 

不定詞・・・「To + 動詞の原形」

日本語訳・・・「~すること」

 

これだけです!

 

<ポイント>

①不定詞(~すること)で主語になるため、文頭に用いる

②補語(主語とイコールになる部分)にも使える

③目的語(動詞の対象となる語)にも使える

これを先ほど「動名詞」で例文を作った
①、②の例文で同じ単語を使用すると下記のようになります。

 

①主語として文頭に用いる場合

  • To make ~(To + [動詞] ~)

 

  • 例文1

To make dinner for my family is one of my daily routines.
家族のために夕食を作ることは私の日課です

 

  • 例文2

To make films is my job.
映画製作が私の仕事です

 

  • 例文3

To make a profit is what we have to focus on to
continue the business.
利益を出すことは、事業を続けるために重点を
おかなければいけないことです

 

「To + make + 名詞 = ~すること」が
文頭にあることで主語にあたる部分(下線部)を作れば、
残りはどういう状態か、という
文章を作るのみで文章は完成します。

 

②補語(主語とイコールになる部分)にも使える

  • 主語 + be動詞 + [to make + ~(名詞)]

①の例文を②のパターンに変更した例文をご覧下さい。

 

  • 例文1

One of my daily routines is to make dinner for my family.
私の日課は、家族のために夕食を作ることです

 

  • 例文2

My job is to make films.
私の仕事は映画製作です。

 

  • 例文3

What we have to focus on to continue the business is
to make a profit.
事業を続けるために重点をおかなければいけないことは、
利益を出すことです

 

不定詞の場合でも、①と②それぞれ同じ意味になります。

 

③目的語(動詞の対象となる語)にも使える

動詞(likeなど)の対象が「~すること」になる
行動に対して「to + make」を使うこともできます。

 

  • 例文1

I like to make dinner for my family
私は家族に「夕食をつくること」が好きです

 

  • 例文2

I want to make films.
私は映画を製作したいです。

 

*「begin, start, hate」などの
動詞はlike以外にも使えます

*「hope, plan, want, decide」これら4種
「未来を感じさせる動詞」は「不定詞」のみにしか
使えないという決まりがあります

 

動名詞、不定詞の例文を使ったおさらい

それでは先ほどの例文を「ポイント①、②」に
合わせてそれぞれ動名詞、不定詞にして
まとめましたのでおさらいしましょう。

 

  • 例文1

<動名詞で作成>

Making dinner for my family is one of my daily routines.
家族のために夕食を作ることは私の日課です

 

One of my daily routines is making dinner for my family.
私の日課は、家族のために夕食を作ることです

 

<不定詞で作成>

To make dinner for my family is one of my daily routines.
家族のために夕食を作ることは私の日課です

 

One of my daily routines is to make dinner for my family.
私の日課は、家族のために夕食を作ることです

 

 

  • 例文2

<動名詞で作成>

Making films is my job.
映画製作が私の仕事です

 

My job is making films.
私の仕事は映画製作です。

 

<不定詞で作成>

To make films is my job.
映画製作が私の仕事です

 

My job is to make films.
私の仕事は映画製作です。

 

 

  • 例文3

<動名詞で作成>

Making a profit is what we have to focus on to
continue the business.
利益を出すことは、事業を続けるために
重点をおかなければいけないことです

 

What we have to focus on to continue the business is
making a profit.
事業を続けるために重点をおかなければいけないことは、
利益を出すことです

 

<不定詞で作成>

To make a profit is what we have to focus on to continue the business.
利益を出すことは、事業を続けるために
重点をおかなければいけないことです

 

What we have to focus on to continue the business is
to make a profit.
事業を続けるために重点をおかなければいけないことは、
利益を出すことです

このように同じ意味を持つ表現でも
4種類の文章に変えることができます。

4種類並べてみると分かりやすいかと思うので
比較しながら学習してみて下さいね。

ちなみに、英語学習をする際によくどこからどこまでが
主語か見つけづらい主節をよく目にしますが、
実際英語圏では(特に会話では)あまり使用しません。

簡潔に相手に分かりやすく
伝わるようにするのがポイントです。

そのため、上記の例文の場合、
①と②どちらも意味としては同じですが、
英文としては①(主語として組み合わされている単語数の少ない方)が
英語圏では多く使われています。

  

まとめ

例文を複数挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか。

「動名詞」「不定詞」の項目は何度も練習が
必要にはなってくるかと思います。

最初は公式のように覚えるのが大変かとは思いますが、
一つ一つの文章がどちらのパターンかを
日ごろから見分ける練習をすると後で楽になります。

動名詞や不定詞は英語を学ぶ上では
必要不可欠な項目なので、ひとつずつしっかり覚えていきましょう!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です