「limit」と「restrict」の違い:同じ「制限」でも全然違う意味がある!

英単語を日本語訳で覚えていると、
英語特有のニュアンスが掴めていないことがよくあります。

 

「see」と「look」なんかは定番で、
どっちも英語訳は「見る」なのに結構ニュアンスが違うんですよね。

 

実は、私もネイティブと話すように
なってからこの違いに気づきました。

 

今回紹介する「limit」と「restrict」も、
日本語訳は両方とも「制限する」と「限定する」で、まったく同じです。

 

しかし、ニュアンスにかなり違いがあるので、
例えば「limit」を使う場面・文脈では、
「restrict」が使えないということもよくあります。

 

ニュアンスを知らないまま英会話で使うと、
恥をかいてしまうこともあるので、
しっかりここで「limit」と「restrict」の違いを押さえておきましょう!

「limit」と「restrict」の意味

まずは、「limit」と「restrict」の意味を
それぞれ確認していきましょう。

 

二つとも、英和辞典で調べると
「〜を制限する・限定する」と出てきてしまいうため、違いが分かりません。

 

こういう場合に役に立つのが英英辞典です。

 

英英辞典で調べると、英和辞典に載っている日本語訳よりも
より詳しい説明を見ることができます。

 

「limit」の意味

 

Cambridge Dictionary には、「limit」の動詞
としての意味は以下のようになっています。

 

“to control something so that it is not greater than a particular amount, number, or level”

(Cambridge Dictionaryより引用)

 

日本語に訳すると、
「特定の量、数、水準を超えないように、
何かをコントロールすること」
となります。

 

この定義から分かるように、「limit」は
数値や数字で測れるもの(例えば入場者数など)に関連した動詞です。

 

要約すると「〜が特定の値やレベルを超えないように
制限する」という意味になるでしょう。

 

「restrict」の意味

 

先ほどと同じように、「restrict」の意味も
英英辞典を参考に見てみましょう。

 

“to limit someone’s actions or movement, or to limit the amount, size, etc., of something”

(Cambridge Dictionaryより引用)

 

日本語だと、「誰かの行動や動作、または何かの量や
大きさなどを制限すること」
となります。

 

注目すべきは、「行動や動作を制限する」という部分です。

 

「restrict」は誰かの行動(例えば喫煙や飲酒など)を
制限するときに使われる場合が多いので覚えておきましょう。

「limit」と「restrict」の例文

ここからは、「limit」と「restrict」を使った例文を見ていきます。

 

意味を見てもピンとこなかったという人も、
例文を見ていくと、この二つの単語のニュアンスの
違いが感覚的に分かってくるようになるはずです。

 

「limit」の例文

 

まずは「limit」に関する例文です。

例文①

Young people should limit the time they spend for social media.

「若者は、S N Sに使う時間を制限するべきだ」

例文①は時間への制限について話しています。

 

このように、「(時間、量、数など)を制限する」
という文の場合、「limit 〜(時間、量、数など)」
という形で使います。

例文②

My teacher told me to limit my presentation to 7 minutes.

「先生は私に、プレゼンを7分以内にするようにと言った」

例文②も同じく時間の制限についてですが、

若干例文①のときと形が違います。

 

「〜を(ある一定の数値)に制限する」という意味で
使う場合は、このように「limit 〜 to(数値)」という形になるのです。

例文③

The number of students in this class is limited to 35.

「このクラスの学生数は35人に限られている」

例文③では、「limit」が受動態で使われています。

 

「limit」を受動態で使う場合、限定の意味で使われることが多いです。

 

また、今回の「〜人に限られる」など、
特定の数字を使う場合は、「limited to 〜」
という形になるので注意してください。

 

「restrict」の例文

 

次は「restrict」を使った例文を見ていきましょう。

例文①

The Japanese government restricts the use of guns in the country.

「日本政府は国内での銃器の使用を制限している」

例文①はスタンダードな「restrict」の使用例です。

 

「restrict」には少しフォーマルなニュアンスもあるので、
政府やその他の機関などが人々の行動を制限する場合
などに使われることがよくあります。

例文②

He restricts his girlfriend from hanging out with any other men.

「彼は、自分の彼女が他の男と遊ぶのを制限している」

例文②の文の形は、①と少し異なります。

 

「(誰か)が〜するのを制限する」という形の
場合、「restrict someone from doing something」という形を取ります。

 

今回は「彼女が他の男と遊ぶのを制限する」
ということですが、なかなか厳しい嫉妬深い
彼氏さんなのかもしれません。

「limit」「limitation」「restriction」の意味と違い

ここまでは動詞としての「limit」と「restrict」を
紹介してきましたが、「limit」は名詞としても使うことが可能です。

 

加えて、「limit」には「limitation」という形があり、
「restrict」にも「restriction」という名詞の形があります。

 

これらはどのように使い分けられるのでしょうか?

 

ここからは、これら三つの名詞について解説していきます。

 

「limit」(名詞)の意味

 

ここでも先ほど同様、英英辞典から意味を
引用して意味を解説していきます。

 

“the greatest amount, number, or level allowed or possible”

(Cambridge Dictionaryより引用)

 

日本語に訳すと「許可された、または可能
である中での最大限の量、数、水準」。

 

つまり、「limit」は「限界」「限度」のことを意味します。

Two glasses of wine are my limit.

「ワイン2杯が私の限界です」

また、「許可された最大」という意味から、

「制限」と訳すこともあります。

 

例えば、「speed limit」なら「制限速度」となるわけです。

 

「limitation」の意味

 

次に解説するのは「limitation」です。

 

「limitation」は「limit」に
似ていますが、意味は異なります。

 

“the act of controlling and especially reducing something”

(Cambridge Dictionaryより引用)

 

以上のように、英英辞典によると、
「limitation」とは「制限すること、特に、
何かを削減すること」となっています。

 

この単語は、規制に関して話すときに使われることが多いです。

 

例えば「limitation on imports」は
「輸入制限」と訳しますが、これは
「輸入を制限するための規制」と解釈できます。

 

「limit」との違いは、「limitation」は
「制限する」という行動を指すところ。

 

「limit」は基本的に「制限された中での最大値」のように、
特定の数値を指しているので、「limitation」と同じ
「制限すること」という意味を表すことはありません。

 

この違いは分かりにくいかもしれませんが、
日本語で比較すると理解しやすいかもしれません。

 

例えば、「制限速度(speed limit)を設ける」と
「速度制限(speed limitation)を設ける」だと、
前者は「時速60キロ」などの数値を設けることであるのに対し、
後者は制限自体を設定するという意味合いになります。

 

「restriction」の意味

 

最後に、「restriction」の意味を見ていきましょう。

 

英英辞典に載っている「restriction」の意味は以下の通りです。

 

“something that limits someone’s actions or movement, or limits the amount, size, etc., of something”

(Cambridge Dictionaryより引用)

 

日本語に訳すと、「誰かの行動や動作を制限するもの、
または何かの量、大きさなどを制限するもの」となります。

 

やはり、動詞「restrict」同様、
行動や動作を制限するというのが主な意味です。

 

使用例は、「restriction on smoking(喫煙の制限)」などなど。

 

加えて、「restriction」には、
「公式に決められた制限や制約」という意味もあります。

 

つまり、「restriction」は、法律や条例、
その他公の場でのルールといった意味合いもあるのです。

「limit」と「restrict」のまとめ

今回は、「limit」と「restrict」の違いや、
それぞれの使い方について紹介しました。

 

ポイントをまとめると

  • 「limit」は数字に関連することが多く、「〜が特定の値やレベルを超えないように制限する」という意味がある
  • 「restrict」は多くの場合、人の動作や行動などを制限するときに使われる
  • 「limit」を使う場合、特定の数字を用いるときは「limit to 〜」という形にする
  • 「limit」は受動態だと「限定」の意味になる
  • 名詞の「limit」は「限界・限度・制限」を意味する
  • 「limitation」は規制や「制限する」という動作を指す
  • 「restriction」は、行動の制限や公式な制限を意味している

 

「limit」と「restrict」は、意味的にとても
近い単語ですが、使える場面と使えない場面が
それぞれしっかりあります。

 

名詞の「limit」と「limitation」、
「restriction」も同様です。

 

今回のように、もし意味の違いが分からない単語に
出会ったら、ぜひ英英辞典で調べる方法を使ってみてください。

 

日本語で調べる場合よりも詳しい答えが得られるはずです。

 

また、英会話や文章で実際に使えるように
なるには、例文をたくさん読みましょう。

 

意味だけでなく、その単語をどう使うのかを
覚えることが、英語上達への近道になります。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です