「Would you like…?」を使いこなす:コアイメージと例文で完全マスター!

英語には

「can」「could」「may」「might」「will」「would」

など、さまざまな助動詞があります。

 

これら一つ一つのニュアンスを理解するのは難しいもの。

 

私も、「Can I…?」と聞けば良い場面で
「May I…?」と友達に言ってしまい、
若干変な顔をされてしまったことがあります。

 

しかし、コアイメージがわかれば、
こういった助動詞の違いも少しずつ見えてくるものです。

 

今回は、「would」のニュアンス、
特に「Would you like…?」という形の疑問文について、
コアイメージを使って解説します。

 

ネイティブに変な顔をされないように、
「Would you like…?」を場面ごとに使いこなしていきましょう!

「would」のコアイメージ

「Would you like…?」について話す前に、
まずは「would」のコアイメージを掴んでおきましょう。

 

コアイメージとは、英単語の意味を、
感覚的に理解するために使うイメージのことです。

 

日本語訳を見るのではなく、イメージで理解することで、
その英単語のニュアンスをより正確に捉えることができ、
柔軟に使うことができます。

 

英単語一つを取っても、その意味はさまざまで、
日本語訳が二つや三つ、あるいはそれ以上あることも少なくありません。

 

しかし、コアイメージさえ理解していれば、
見たことない使い方に出くわしても、感覚で理解することができます。

 

「would」の本来の形

 

「would」は「will」の過去形です。

 

なので、まず「will」の意味を振り返ってみましょう。

 

「will」は、名詞としての意味から
わかるように、意志を表す動詞です。

 

例えば、「I will run」なら
「私は走ります!」という意志表示になります。

 

「Will you visit me today?」なら、
「今日私を訪ねる意志はありますか?」
という質問と解釈できるでしょう。

 

「will」よりも弱い「would」

 

「would」は「will」の過去形なので、
現在の文脈では「will」よりもインパクトが弱いです。

 

もし単語のヒエラルキーがあるとすれば、
「will」は「would」の下にくる二番手のような存在といえます。

 

かなり抽象的な表現をしましたが、
これをもう少し分かりやすく説明してみましょう。

 

「will」は意志を示す助動詞だと説明しましたが、
「would」は「will」よりも弱めに意志を示す助動詞です。

 

だから、「Will you…?」と「Would you…?」
という疑問文を比べると、前者の方がストレートな感じで、
後者はやんわりとしている印象を受けます。

 

言葉にして表現すると、
前者は「意志はあるの?」という率直な質問です。

 

それに対し、後者は
「意志はあるんだろうか…ちょっと気になるんだけど…」
という感じになります。

 

「will」の代わりに「would」を使う場合

 

イメージとして、英語では、
ストレートにものを言うよりも、
やんわりと伝える方が丁寧で礼儀正しいイメージを与えます。

 

そのため、誰かの意志を聞く場合、
「will」を使ってストレートに尋ねるよりも、
「would」を使ってやんわり聞く方が好まれるケースがあるのです。

 

特に、フォーマルな場面や目上の人と話す場合は、
「would」を用いて何かを尋ねる方が良い印象を与えます。

 

イメージとして、疑問文として使う際は、
「would」の方が「will」よりも丁寧だと覚えておきましょう。

「Would you like…?」の意味

ここからは、本題の「Would you like…?」の意味について解説します。

 

「Would you like…?」は、提案をしたり、
希望を尋ねたりするときに使う疑問文
の形です。

 

一見どういう意味があるのかは分かりにくいですが、
分解すると理解しやすくなります。

 

まず「would」ですが、これは先ほども説明した通り、
「will」よりも弱めの意志を表現する単語です。

 

そして、「like」は「〜が好き」という意味の動詞。

 

つまり、この二つを組み合わせた「Would you like…?」は、
「〜が好きという意志はあるのだろうか?」というような意味になります。

 

これを意訳すると、「〜が欲しいのでしょうか」
となり、さらに意訳して「〜はいかがでしょうか」
という意味で使われるのです。

 

こういった意味から、「would like」は
「want」と近い
と考えられています。

 

しかし、「want」と比べると「would like」は
あまりストレートな表現ではないので、より丁寧に聞こえます。

「Would you like…?」の使い方

ここからは、「Would you like…?」という形を
使った疑問文の使い方を見ていきましょう。

 

「Would you like…?」の使い方は大きく分けて二つあります。

 

一つは「Would you like+(名詞)?」という形で、
もう一つは「Would you like to+(動詞)?」という形です。

 

使い方①:Would you like+(名詞)?

 

「Would you like…?」の疑問文は、
基本的に「Do you want…?」と意味がほとんど同じです。

 

そのため、「〜はいかがでしょうか」と
訳されることも多いですが、より柔軟に使うために
「Do you want…?」の丁寧版として覚えておきましょう。

 

その上で、「Would you like+(名詞)?」を使えば、
以下のような疑問文を作ることができます。

Would you like some rice?

「白ごはんはいかがですか?」

これはスタンダードな文ですが、
他にも以下の例文のような使い方ができます。

What would you like on your pizza?

「ピザの上には何がほしいですか?」

How many pieces of chicken would you like?

「チキンは何ピースほしいですか?」

先ほども言ったように、「Would you like…?」は
「Do you want…?」と意味はほとんど同じです。

 

なので、「〜はいかがですか?」という和訳に囚われず、
「Do you want…?」と同じ要領で使っていきましょう。

 

使い方②:Would you like to+動詞?

 

「Would you like to+(動詞)?」も基本は
「Would you like+(名詞)?」と同じで、
「Do you want…?」の丁寧版と捉えておけば問題ありません。

 

意味は、「〜がしたいですか?」となります。

 

では、「Would you like to+(動詞)?」の形を
用いた例文をいくつか見ていきましょう。

Would you like to play tennis with me today?

「今日はテニスをやりませんか?」

Where would you like to go?

「どこに行きたいですか?」

What time would you like to sleep?

「何時に寝たいですか?」

例文を見てわかる通り、「Do you want…?」を
使うときとの違いはほとんどありません。

 

使うときはあまり構えず、「Do you want…?」と
言う感じで気楽に使っていきましょう。

 

疑問文ではない場合

 

「would like」という形は、
疑問文でなくても使うことができます。

 

基本的には「want」の代わりとして使えますが、
「want」よりも丁寧な印象を含ませることが可能です。

 

ちなみに、実際に使う場合は短縮形の
「(主語)’d like」とすることもできます。

 

以下の例文を読んで、使い方を確認しておきましょう。

I’d like to have some coffee.

「コーヒーがほしいです」

He wouldn’t like to stay home all day.

「彼は一日中家にいたくはないでしょう」

My sister would like a new dog.

「私の姉(妹)は新しい犬がほしいだろう」

一つ目の例文のように「I would like…」で
文を始めると、とても丁寧な文になります。

 

また、二つ目と三つ目の例文を見てわかるように、
「want」と比べると、「would like」には推測が含まれるのです。

 

例えば、「My sister wants a new dog」なら、
あなたは姉(妹)が新しい犬がほしいことを知っていることになります。

 

しかし、「My sister would like a new dog」なら、
あなたは、彼女が新しい犬をほしがっているという推測を立てています。

 

以前「would」は弱い意志を示すと説明しましたが、
同じように「would」は確信度も低いのです。

 

これも、「would」のコアイメージが分かっていれば、
すんなりと受け入れられる表現ではないでしょうか。

「Would you like…?」のまとめ

今回は、「Would you like…?」の意味や使い方について、
コアイメージを使いながら紹介しました。

 

ポイントをまとめると

  • 「would」は意志を表す「will」の過去形。
  • 「would」は「will」よりも弱い意志を表し、比較的やんわりとしたイメージがある。
  • 疑問文で使うと、「would」は「will」よりもやんわりとした表現のため、丁寧な印象を与える。
  • 「Would you like…?」は「Do you want…?」の丁寧版。
  • 使い方は「Would you like+(名詞)?」と「Would you like to+(動詞)?」の二つ。
  • 「would like」は肯定文でも使うことができる。

 

「Would you like…?」の形の疑問文は、
思っているよりも普段の会話で使うことが多いです。

 

学校で習った感じだと、堅いイメージが残っているかもしれません。

 

しかし、コアイメージがわかってしまえば、
より気軽に使えるようになるはずです。

 

また、普段「Do you want…?」という風に言うところは、
簡単に「Would you like…?」に変換することができます。

 

日常会話で「Would you like…?」をさらっと使って、
自然でクールにネイティブっぽさを出していきましょう。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です