【1分でわかる!】I’m sureの意味とは?どうやって使えばいいの?例文を使って詳しく解説!

【監修】
英語講師ベル


塾講師を経て、書籍「英文工学」を執筆し、amazonランキング1位を獲得。英語を効率的に学習する「メルマガ」は5000人に購読され様々なメディアで取り上げられる。英語セミナーは累計1,000人が受講する人気講座となっている。
さらに近年では、英語学習アプリ「Pelican」を共同制作しアプリ部門で最優秀賞を獲得した。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
私は、大学と大学院でイギリス文学を専攻していました。
アメリカへホームステイ経験もあります。

 

これまでの経験から今回は、
「I’m sureの意味、使い方」について
具体的に紹介していきます!

 

「I’m sure」はTOEICや英検などでもよく見かけますが、
使い方がいまいち分かりづらい表現でもありますよね。

 

そこで、この記事では
「I’m sure」の使い方からその意味、
使うシチュエーションまで詳しく解説します!

 

「I’m sure」の全てを理解できれば、
英語の勉強や英会話に役に立つこと間違いないでしょう!

 

まずは「I’m sure」の意味から分かりやすく解説します。

 

I’m sureの意味とは?

「I’m sure」の意味は
「本当です」
「絶対に〜と思う」
です。

 

また「sure」だけでも使うことができます

それでは「sure」だけでは
どういった意味や使い方をするのか見ていきましょう!

 

sureの意味

「sure」だけの意味には
以下のようなものがあります。

もちろんといった肯定的な返事

 

「はい/いいえ」を答える質問に対して
肯定の意味で使われます。

特にアメリカ英語でよく使われています。

 

〈例文〉

「May you take the salt there?」 

(そこのお塩を取っていただいてもよろしいですか?)

 

Sure.」 

(もちろん。)

 

形容詞としての意味(命令形)

「sure」の形容詞として
意味は「確信している」です。

また、
be動詞の原形である「be」を付けると
命令文になります。

 

〈例文〉

Be sure to close the door.」 

(必ずドアは閉めてよね)

このように「Be sure」は
「必ず〜しろ」
「間違いなく〜してください」
という意味で使われます。

 

副詞として使った場合の意味

「sure」は副詞としても使うことができます。

意味は「確かに/とても」です。

 

〈例文〉

「She sure do like go shopping.」 

(彼女、本当にショッピングが好きねぇ)

文法として厳密に「sure」は副詞ではないため、
スラングのような感じで使われます。

 

基本的にアメリカ英語で使うことが一般的で、
イギリス英語などでは使われません。

 

使う時はbe動詞がある場合は
その前に「sure」が置かれます。

類似のものとして
「really」や「certainly」が挙げられる
でしょう。

 

以上のように「sure」に肯定的な意味があります。

 

では「sure」の意味が分かったところで
「I’m sure」の使い方から解説しましょう。

 

I’m sureの使い方とは?

「I’m sure」の使い方としては、

「本当です」
「絶対に〜と思う」
など何かを確信している時に使います。

 

例文を見てみましょう。

 

〈例文〉

A:「Are you sure?」 

(本当に?)

 

B:「I’m sure!」 

(本当だよ!)

 

A:「I’m sure she’ll be glad to hear that.」 

(絶対彼女はそれを聞いて喜ぶと思うよ)

このように会話でも使うことができます。

 

また、「I’m sure」は「sure」だけでも
使われることがあります。

 

肯定的な意味がある「sure」ですが、
sureは、日常的にはどのように使うのか。
もう少し詳しく「sure」の使い方について解説しましょう。

 

sureの使い方とは?

「sure」にはいくつか異なる意味が存在します。

「sure」の意味でも述べたように、
それぞれの詳しい使い方について見ていきます。

 

もちろん」といった肯定的な返事

こちらが学校の英会話の授業などで
1番よく使われるものでしょう。

 

何かを誘われたときや
何かを頼まれたときなどに、
喜んで引き受けるときの返事に使います。

 

〈例文〉

「Do you wanna go to new café with me?」 

(新しいカフェに一緒に行かない?)

 

Sure! I’d love to.」 

(もちろん!喜んで)

上記の例文のように、「sure」の後に、
「I’d love to」(喜んで)などの
文章をつけるとよりわかりやすくなります

 

形容詞としての意味(命令形)

形容詞としての意味についても
例文で紹介しましたが、
特に家族に対して使われることが多いです。

 

日本でいうところの
「お母さんの小言」といった感じですね。

例文を見てみましょう。

 

〈例文〉

「Please be sure to tell me when you get  home late.」 

(帰るのが遅くなる時は連絡してよ)

 

「Be sure to put away your toys.」 

(必ず自分のおもちゃを片付けなさい)

このような文章は、
留学した際にホームステイすると
よく聞くフレーズになるかもしれません。

 

覚えておいてくださいね!

 

副詞として使った場合の意味

意味の所でも説明したように、
本来「sure」は副詞ではありません。

 

なので、スラングのような意味合い
軽口のように会話で使うことが多いです。

 

〈例文〉

「It is super cold out here!」 

(ここめっちゃ寒いね!)

 

「Yeah, it sure is!」 

(うん、本当に寒い!)

意味の所では紹介しませんでしたが、
会話文になるとこのような感じになります。

 

ネイティブがよく使う「sure」の英語表現

 英語を母国語とした人が
よく使う「sure」の使い方を2つ紹介しますね!

  • make sure
  • I’m〜sure

 

この2つは本当にネイティブはよく使いますので、
ぜひマスターできるようになってください!

では1つずつ詳しく解説していきます。

 

make sure

 make sure」(確かめる
というフレーズです。

 

文法としては、
「make sure of」
「make sure that」などがあります。

 

「Make sure to」などにすると、
「Be sure」の時と同じように
命令形になりますね。

 

〈例文〉

「I have to make sure that she goes to school.」 

(私は彼女が学校に行っているか確かめなくてはいけません)

 

Make sure to close the door when you leave the house.」 

(家を出る時はドアが閉まっているか確認してね)

「make sure」は使ってみると
意外と便利な単語なので、
「I’m sure」とともに覚えておいてください!

 

I’m〜sure

これは「I’m sure」の間に
他の英単語を挟む使い方です。

「絶対〜と思う」などを強調することができます。

 

〈例文〉

I’m really sure he’s in the shopping mall.」 

(彼なら絶対ショッピングモールにいると思う)

この例文では
文章の一部を強調するために類似した単語である
really」や「absolutely
を間に入れます。

 

こうすることで、
より強調した文章に仕上げることができます。

 

どちらも英会話の練習になって
とても役に立つ使い方ですので、
ぜひ覚えておいてくださいね!

 

I’m sureがよく使われる場面

これまで「I’m sure」「sure」の
使い方と意味を解説してきました。

さて、今度は
「I’m sure」がよく使われる場面についてです。

 

使い方と意味を理解できたら
使われそうなシチュエーションが想像ができるかもしれませんが、
おさらいとして見てくださいね。

 

買い物・入国審査

入国

海外で買い物をする時などは
クレジットカードを使うことが多いです。

また、入国審査時には
パスポートの提示を求められます。

 

そのときには面倒なことにならないように、
見せることへの承諾の意思を
はっきりと伝える必要がありますよね。

 

そんな時に「I’m sure」が使われます。

 

〈例文〉

「Can I see your passport?」 

(パスポートを見せてもらっていいですか?)

 

Sure.」 

(もちろんです)

 

「Can I see your credit card?」 

(クレジットカードを見せてもらっていい?)

 

Sure.」 

(もちろん)

「Yes」でも構いませんが、
よりはっきりとした承諾を示すには
「Sure」を使ったほうがいいです。

 

確認

意味や使い方の解説のときに何度も出ましたが、
「I’m sure」は確認の場面の時によく使われます。

 

〈例文〉

「Did you close your room’s door?」 

(部屋のドアをきちんと閉めてきた?)

 

Sure.」 

(もちろん)

 

「Are you sure?」 

(本当に?)

 

I’m sure!」 

(本当だってば!)

上記の例文のように、
確認を尋ねる際にも
Are you sure?」と言う形で使われます。

 

意外と身近に使われている分、
忘れやすいと思います。
なので英語関連のテストで穴埋め形式の
問題の際は要チェックです!

 

まとめると、
「I’m sure」は
承諾する時」「確認する時
に使われます。

 

日常生活では不可欠な場面ですので、
きちんとした使い方を覚えておきましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

I’m sure」は
日常的に使われている単語です。

承諾」「確認」のほかにも、
強調」することにも使われます。

 

どの使い方をしても
確信を持っている」ことを話すという意味合いが強いです。

 

海外旅行や英語の勉強にぜひ役立ててくださいね!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

 

2022年5月現在で、5250人購読してるメルマガ

▼ メルマガで学べる内容 ▼

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

・・・などなど
(システムの都合上、あと10人増えると締め切る可能性があります)

矢印

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。