HopeとRequestの英単語の違いをマスターしよう!

英単語の意味を調べた時、日本語訳が同じ意味になっていて、
区別がつかない、使い方が分からない。

そんな経験はありませんか。

英語を学習している時につまずいてしまう1つの原因に、
英単語とその日本語訳を丸暗記するものの、
実際の使い方が分からない、という点があります。

 

私も今でもそうです。

私はアメリカ留学を終えた現在もアメリカに住んでいるので、
日々英会話が必要なのですが、
学校で覚えた単語を学習した通りの使い方をしても、
英語ネイティブスピーカーにとっては通じるものの、
不自然な表現で聞こえることもあるようで、
私が言おうとしている意味を確認のため聞き返される、
ということも時々あり、日々試行錯誤しています。

 

そこで同じように英語学習中の方や、
海外に住んでいらっしゃる方で
同じような経験をしている方に、
今回は頻繁に使う「hope」と「request」の違いに
ついてお伝えしたいと思います。

 

Hopeの意味

「Hope」・・・名詞:希望、望み、見込み、期待

自・他動詞:希望する、望む、願う、期待する、祈念する

 

「Hope」は名詞と動詞(自動詞と他動詞)の
どちらにも使えます。

今回は動詞の使い方についてご説明しますね。

 

「Hope」は、名詞も動詞の使い方も、
基本的には「現在もしくは未来のことが
分からないことについて願う時」に使います。

また「現在」と「未来」どちらに対しても使える単語なので、
使い方の区別としては「現在」であれば
後ろに付く動詞は現在形、「未来」のことであれば
動詞の前に未来形を表す「will」などが付きます。

 

「Hope」は簡単にいうと、基本的に
「(可能性があることについて)願う」という意味を持ち
さまざまなシチュエーションで使うことができます。

 

  • 物事がある程度そうなるだろうと可能性を見込んだ時
  • 相手に充実した時間を過ごしていると願う時
  • 実際と現実が異なることを願う時
  • 会話の中で「そう思う」の意味を表す時
  • 軽い謝罪の意を表す時

 

言葉だけの説明では分かりにくいので、
早速例文をご紹介しますね。

 

Hopeを使った例文

<物事がある程度そうなるだろうと可能性を見込んだ時>

  • I hope you understand what I said.

私が今伝えたことを理解してくれていると願っています

  • I hope he feels better soon

彼が近々回復することを願っています

<相手に充実した時間を過ごしていると願う時>

  • I hope you are having a great day!

素敵な1日を過ごしていますように(話している相手に対して)

  • I hope your presentation today goes well!

今日のプレゼンテーションが上手くいくことを願っています。

<実際と現実が異なることを願う時>

  • It is cloudy now. I hope it will not rain tomorrow.

今曇りだけど、明日雨が降りませんように

  • I hope to make it on the train by 1.

1時の電車に間に合いますように

<会話の中で「そう思う(願う)」の意味を表す時>

  • I hope so.

「(相手の言ったことに対して)私もそう願っています。」

<軽い謝罪の意を表す時>

  • I hope you do not mind asking about your family.

ご家族のことについてお伺いしても問題ないとよいのですが。

 

さて、複数例を挙げてみましたが、
日常会話でも物事に対して願うことって多いですよね。

例えば「今から行くレストランは混雑していないといいなぁ」とか
「明日時刻通り飛行機が離陸するといいなぁ(遅延はさけたいなぁ)」
など。

「Hope」は日常会話で本当によく使える単語なので、
日常「こうなったらいいな」と思うような
シチュエーションがあれば「Hope」を使って
英文を作る練習をしてみて下さいね!

練習を繰り返すことで、頭で考えることなく、
ぱっと「I hope~」と出てくるようになりますよ。

 

Requestの意味

「Request」・・・名詞:依頼、要求、頼むこと、依頼書、リクエスト

他動詞:依頼する、要請する、~するように頼む

 

「Request」も名詞と動詞(他動詞)のどちらにも使えます。

Requestも動詞の使い方についてご説明しますね。

 

「Request」は、名詞も動詞の使い方も、
基本的には「~を要求する、求める」場合に使います。

ただし「丁寧に」「公式に」何かを要請する場合に使用しますので、
友人や家族に何かを依頼する時は「Ask」など他の単語を使用します。

 

こちらも早速例文を見ていきましょう。

 

<動詞「Request」の使い方>

  • I would like to request a refund for the product I purchased last week.

先週購入した製品の払い戻しを依頼させて頂きたいのですが。

  • I requested the government to send me the documents.

政府機関に書類を送るよう要求しました。

  • Staff at the museum requested us to take our shoes off in the main hall.

美術館のスタッフはメインホールでは靴を脱ぐよう求めました

上記のように「Request」を使う時は「公式に」を前提とします。

英字新聞や、旅行の宿泊先の予約、職場などでよく目にする単語です。

 

番外編(「Ask」「Require」との違い)

先述しましたが、英語の「依頼する」は、
その他の場面で表現する単語があります。

ここでは「Request」以外のその代表的な単語をお伝えします。

 

  • Ask・・・さまざまな意味を持ちますが今回は
    「Request」に近い意味で表現すると
    「頼む」「依頼する」「~を求める」

 

  • Require・・・「~を要求(必要)とする」「~することを求める」、
    分かりやすい単語と比較すると
    「Need(必要とする)」をフォーマルにした単語

 

こちらも例文で見てみましょう

 

<「Ask」を使った文>

  • Mom, can I ask you a question?

「お母さん、聞きたいことがあるよ」

(→「依頼」だが、親しい間柄(母親)のため「Ask」を使う)

  • He asked me to give him a ride.

彼から運転するように頼まれました。

(→「依頼」だが親しい間柄(彼=友人)のため「Ask」を使う)

 

<「Require」を使った文>

  • Students are required to read all those books
    during summer break.

生徒たちは夏休み中にこれら全ての本を読まなければいけない

(→ 読むことを必要(要求)とされている)

  • Travelers are required to show
    their passport at the airport.

旅行者は空港でパスポートを見せなければいけない

(→ 見せることを必要(要求)とされている)

 

私も、上記のように友人間やアメリカ人の夫と話す時は
「Ask」を使います。

また外出時には「Require」を見かけることが多々あります
(「公式な」依頼のため)。

電車、バス、飛行機などの交通機関を利用する時、
図書館やモールなど公共施設を利用する時に
注意書きなどに頻繁に「Require」見かけます。

これは公共施設・機関側が使用する単語であり、
ちなみに自分がバスを降りたい時に押すボタンは
「Request Button」という名称です。

 

【YouTube 参考動画】

Youtubeでは残念ながら「Hope」と「Request」の違いを
同時に説明する参考動画は見当たりませんでしたが、
「Hope」の使い方を説明した動画をご紹介します。

前半の1分25秒くらいまでで簡単にまとめて
説明されていますので、お時間がある方は
是非参考までにご視聴下さいね。

↓↓↓

https://youtu.be/9xkzBG1fe1o

 

まとめ

<「Hope」と「Request」の違い>

  1. 「Hope」は「(可能性があることについて)願う」
  2. 「Hope」はさまざまな場面で使うことができる
  3. 「Request」は「願う」ではなく「依頼する」が基本の意味
  4. 「Request」は「丁寧に」「公式に」何かを要請する場合に使用する
  5. 「Request=依頼する」を覚えたら、その他にシチュエーション別に使い分ける単語を覚えよう

 

 

さいごに

 

今回は「Hope」と「Request」の違いについてお伝えしました。

英語は奥深いですが、使い分けができると
語学学習がとても楽しいと感じるでしょう。

「英語学習が楽しい!」と思える」には
小さなことから自信を持つことが大切です。

私はアメリカ留学前に1人で過ごしている時は、
頭の中で思ったことを「英語」で
「言葉にする」ことを実施していました。

そうすることで常に英語に触れていられること、
また「こういう場合はHopeかな、Requestかな」
と疑問を抱き常に調べるクセがついたので、
日々少しずつ努力を重ねていました。

 

声に出して練習することはとてもお勧めです。

 

I hope you enjoy learning English with confidence!

読者のみなさんが、自信を持って楽しく
英語学習ができることを願っています!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です