英語で人数はperson? people? 書く時のルールってあるの?

英語で人は、単数形で”person”
複数形は”people”と初級英語で学習します。

 

会話では、気にならないのですが、
英語でライティングをしている時に、
人数が出てきたら、数字で書きますか?

 

それとも、one, two と単語で書きますか?

 

あれ?どっちだっけ?となりませんか?

 

今回は、英語で人数に関して書く時のルールや、
また人数に関する英語、言い回しなどについて紹介します。

 

 

 

基本のPersonとPeopleの使い方、ルールって何?

 基本のPersonとPeopleの使い方

 

それでは、簡単な例文をみながら
personとpeopleの使い方について説明します。

 

  1. There is one person in this room.
    (この部屋には1人います。)

  2. There are five people in this room.
     (この部屋には5人います。)

  3. There are 10 people in this room. 
    (この部屋には10人います。)

部屋に何人いるのかの違いを表した例文ですが、
1人の場合は、one personを使いました。

 

a person でも意味は同じですが、
one personと人数を具体的に伝える方が自然な表現です。

 

②と③は複数形peopleで人数を表していますが、
ここでポイントは、

 

five people ③10 peopleと数字と
単語で表記している違いです。

 

実はこれにはルールがあります。

 

◆アメリカ英語の場合◆

→ 1から9までの数字は
one, two, three…と単語でつづり、
10からは、数字となります。

 

◆イギリス英語の場合◆

→ 1から10までが単語でつづり、
11からが数字で表記されます。

 

これは、新聞やWebサイトなどでも
きちんとルールとして守られている表現になります。

 

ライティングにはとても大切ですので、
必ず覚えておきましょう。

 

次の例文を見てください。

 

④We handed out a notebook for every person.
 (私たちは各人にノートを配布しました。)

 

⑤We handed out notebooks to people who were in the class. 
(私たちはクラスに出席していた人にノートを配りました。)

 

④は、every=それぞれの~ という
意味になりますので、every people と
書きたいところですが、
正解は、every person となります。

 

理由は、ノートをそれぞれの人に配ったので、
配った人数は複数ですが、
every の後ろは単数形を使うという
文法的なルールがあるので、personを使います。

 

⑤は、出席していた全員に配ったという
意味になりますので、複数形でpeople を使います。

 

 Personsってどういうこと?複数形はPeopleじゃないの?

 

では、基本をおさえた所で、次は、
少しステップアップして「Persons」を紹介します。

え?単数形に sがつく?・・・ということは?

 

そうなんです、このpersons は単数形に
sがついて、人の意味の複数形なので、
意味もpeople と同じですが使い方が違います。

 

personの複数形は日常の会話や
一般的な文章では、peopleを使います。

 

personsは古い言い方で「人々」となりますが、
現在でも法律に関する内容やフォーマルな文章、
研究所や学術書など、実は広く使われています。

 

◆There were two persons who were suspect in this murder case.
(この殺人事件には2人の容疑者がいた。)

 

海外ドラマで人気の法廷サスペンスや刑事ドラマでは、
セリフで使われることがありますので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

いろいろな場面での人数を表すことばをチェックしましょう!

看板で使われる人数について

テーマパークなどの料金表や電車、
またはエレベーターなどの人数制限ついての
注意書きでよく見る文章を紹介します。

 

◆ $5.00 / person (1人につき5ドル)

 

料金表の『/』は、per と見ます。

$5 dollars per person と読みます。

 

◆$7.00/ person , $12.00 for a couple
 (1人につき7ドル、カップルは12ドル)

 

カップルは2人の意味ですね。

for a couple はカップル一組につき、
という意味になります。

 

◆Maximum 12 persons (定員12人)

 

エレベーターなどの人数定員がある時には、
公の文章なので、personsが使われている場合があります。

 

〇人中何位ってどう言うの?

 

順位やグループの何人中などの言い方は
どうなるでしょうか?

 

◆ I was a second place out of 100 people in the marathon!
(マラソン大会で、100人中2番だった!)

 

何番目+ out of +何人中 という順番です。

 

日本語と順番が逆になりますので、
意外に難しいと思います。

 

なので、いつも頭の中で、
ゆっくり考えながら言うことが多いです。

 

7 out of 30 students got flu, so the school shut down my class.(30人の生徒のうち7人がインフルエンザにかかったので、
私のクラスは学級閉鎖になりました。)

 

だいたいの人数はどう表現するの?多数?少数?

だいたいの人数を表す

 

では次に、おおよその人数やだいたいの人数を
表す場合はどうでしょうか?

 

次の例文を見て比べてみましょう。

 

A: There are around 50 people working in my department.
(私の部署には、50人ほどの社員がいます。)

 

B: There are about 50 people in my department.
(私の部署には、約50人の社員がいます。)

 

人数について確信が持てない時には、
Aで使った “around”を使うと良いでしょう。

 

だいたいの人数がわかっている場合は、
Bで使った “about”を使うと良いです。

 

日本語では、どちらも「約」や「だいたい」
というように訳されますが、実はニュアンスがちがうのです。

 

この細かいニュアンスを使い分けることが
できると上級ですね。

 

多数や少数って英語でなんていうの?

 

では人数が多い、少ないと言いたい時には
どうしたらよいでしょうか。

 

また、大多数の人々などについて、まとめました。

 

 

大人数

小人数

a large number of people

a small number of people

many people

many people

 

 

それぞれについて、例文を見てみましょう。

 

① A large number of people were against his opinion.
It was only a small number of people supported him.
(多くの人々は彼の意見に反対しました。わずかな人々だけが彼を支持しました。)

 

Many people experienced the earthquake,
but there were fewer people who prepared for the great earthquake.
(多くの人が地震を経験しましたが、しかし、大地震に備えた人は少なかった。)

 

 

many people はこんな言い方もあります。

 

quite a few people = かなりの人

 

There were quite a few people at the party.
(パーティーにはかなりの人がいました。)

 

 

まとめ

今回は、英語の人数について紹介しました。

 

英語でしかも数字に関係することって、
なんだか苦手だなぁと思う方は多いのではないでしょうか。

 

私もその一人です。

 

人数について、基本的な単数形person と
複数形peopleの使い方や、
文章にした時のルールについて紹介しました。

 

また、結構よく見るpersonsという単語についても、
どのような場面で使われるのか学びました。

 

そして、具体的な人数がわからない時や、
大多数や小人数の意味の表現も紹介しました。

 

いろいろなパターンを学びましたね。

 

ぜひ人数については自信をもって使ってみてくださいね。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です