英語で依頼メールの作成方法を学ぼう!よく使うフレーズ9選!

こんにちは!

英語学習する中で英語でのemail文を見ることは
多々あるかと思いますが、みなさんは実際に
職場やプライベートで英語の依頼メールを作成する機会はありますか?

 

英文メール読解には慣れていても、
いざ作成となると時間がかかってしまう方が多いかもしれません。

 

今日はアメリカ在住の私の職場でのemailの送受信や
プライベートでのメール送受信の経験を元に、
英語で依頼する際のメール作成方法をご紹介します!

 

 

英文依頼メール作成の注意事項

まずは注意事項から。

 

日本語をそのまま英語に置き換える文章作成は極力控えよう!

 

日本語で考えて英語にするので、
日本語の部分をそのまま単語だけ英語に変える方も
いらっしゃるかと思いますが、その方法だと、
全体的に不自然な文章になることがあります。

 

そのため、英文メールを作成するときは、下記を心がけましょう!

 

  • 事前に伝えたいポイントをまとめる
  • シンプルな表現にする
  • プライベート(カジュアル)なのかビジネス英語(フォーマル)なのか

プライベートの英語の依頼メール

友人同士や家族間、つまり親しい間柄と
コミュニケーションをとる際の、カジュアルな
依頼メールをするときのいくつかの聞き方をご紹介します。

 

カジュアルなフレーズ4選

  • 〜してくれない?

  ・Can you〜? ・Would you like to〜? ・Do you want to〜?

 *この場合「〜したい?」と訳さない

  • 〜してもよい?

 ・Do you mind if 〜?

この4つの表現のいずれかを使うとよいでしょう。

全てカジュアルな表現になります。

例文を見ていきましょう。

<例文>

  1. Can you call me when you finish working?

仕事が終わったら電話してくれない?

  1. Would you like to grab lunch today?

今日ランチでも行かない?

  1. Do you want to watch a movie this weekend?

今週末、映画を観に行かない?

  1. Do you mind if I smoke in your car?

あなたの車の中でタバコを吸っても構わない?

<注意点>

敢えてフレーズ4選の中に入れた「Do you want to〜?」
ですが、ここでは×  × 「あなたは〜したいですか」とは訳しません。

○ 「〜してくれない?」と訳します。

 

私がアメリカ人の旦那や友人からよく言われるフレーズなのですが、
以前「〜したい?」の意味しか知らなかった私は、
このフレーズを言われるたびに混乱していました。

このフレーズは下記のように使うことができます。

  • Do you want to drop me off at the airport?

空港に送って行ってくれない?

  • Do you want to grab a cup of coffee for me at Starbucks?

スターバックスでコーヒーを買ってきてくれない?

  • Do you want to turn down the music volume?

音楽のボリュームを下げてくれない?

 

ビジネスでの英語の依頼メール

職場での英語メールで依頼する時が一番緊張しますよね。

ちゃんと丁寧に伝えることができているか、言い方に問題がないか。

 

フォーマルなフレーズ5選

〜して頂けませんか?

・Could you (please)〜?・Will you (please)〜? ・Would you (please) 〜 ?

 

〜して頂けると光栄に存じます

・I would appreciate it if you〜. 

〜して下さい。

・Please〜

 

それではこちらも例文を見ていきましょう。

 

<例文>

  1. Could you please email me when you finish this project?

このプロジェクトが終わられましたらemailを頂けないでしょうか?

  1. Will you please sign this document by Friday?

今週金曜日までにこの書類にご署名頂けないでしょうか?

  1. Would you please attend this important conference?

当重要会議にどうかご参加頂けないでしょうか。

  1. I would appreciate it if you join our team.

私達のチームに参加して頂けるととても光栄です。

  1. Please make a hotel reservation for his business trip.

彼の出張の宿泊先の予約をお願いします。

 

カジュアルなフレーズの違いがわかりましたか?

全て上手く訳せ他でしょうか?

Can & could, will & wouldの使い分け

先ほどカジュアルな表現とフォーマルな表現をご紹介しました。

それではここでカジュアルな表現とフォーマルな
表現の単語の使い分けについてご説明します。

 

Can & could

元々「can」は「〜できる」という意味を持ち、
「could」は「can」の過去形ですね。

 

しかしながら先ほどのフレーズでご紹介したように、
疑問文として「you」を含めて使用する際は
「〜が可能か」どうか、ではなく、
「can you = 〜してもらえない?」
「could you = 〜してもらえませんか?」の意味になることがあります。

 

さて、どのように見分ければよいでしょうか。

それは、、、

文章の前後で見分けることができます。

下記の例文をご参照下さい。

 

<例文>

  • Can you speak English?

   英語を話すことができますか?

  • Could you speak English because I don’t understand French?

   私はフランス語が理解できないので、英語を話して頂けませんか?

上の文は「可能かどうか」を聞くのに対し、
下の文では「〜してもらえませんか」という依頼の文になっています。

これはbecause(の理由)をつけることによって依頼文だと判断できます。

 

Will & would

さて、次は「will」と「would」について。

基本的に先述した「can」と「could」と
同じように、「will」は「〜つもりです」で
「would」は「will」の過去形です。

 

しかしながら疑問文として「you」を
含めて使用する際は「〜するつもり」かどうか、
ではなく「 Would you like to = 〜したい?」
「Will you (please) = 〜してもらえませんか?」
の意味になることがあります。

 

さて、「will」と「would」の見分け方も簡単です。

これも文章の前後で見分けることができます。

下記の例文をご参照下さい。

 

<例文>

  • Would you like to speak English since we learned it at school?

学校で英語を勉強したし、英語で会話しない?

  • Will you please speak English because I don’t understand French?

   私はフランス語が理解できないので、英語を話して頂けませんか?

上の文も下の文も「〜するつもりかどうか」ではなく、
sinceやbecause(の理由)をつけることによって
依頼文だと判断できます。

 

見分けかたの区別の仕方はなんとなく分かりましたか?

これが分かると英語の表現力も大幅に広がると
思いますので、是非覚えてみて下さいね。

 

カジュアルフレーズを使った練習問題

それでは、本日学んだカジュアルな表現で練習してみましょう。

下記の日本語を英語に翻訳してみて下さい。

<問題>

リナへ

元気?

明日だけどランチに行こう!

ところで妹が車使うから私の家まで迎えにきてくれない?

リナに会えるのを楽しみにしてるね!

ローレン

<解答例>

Hi Rina,

How are you? Let’s have lunch tomorrow!

By the way, can you pick me up at my house since my sister will be using my car? I’m looking forward to seeing you!

Lauren

 

 

*「Can you〜」の部分を以下のように書き換えることもできます。

・Would you like to pick me up?

・Do you want to pick me up?

・Do you mind if you pick me up?

 

フォーマルフレーズを使った練習問題

それではフォーマルフレーズを使った問題にも取り組んでみましょう。

<問題>

リナ様

 

昨日は当社プレゼンテーションのお時間を頂きましてありがとうございました。

つきましては書類サインの件、今週木曜日までにお願いできないでしょうか。

ところで次の企画について来月にビジネスランチができればと思います。リナ様の3月1週目のご都合をご教示いただけませんでしょうか。

ご返信お待ちしております。

 

ローレン

 

 

<解答例>

Dear Rina,

 

Thank you for attending our presentation yesterday. Could you please sign the document by this Thursday? By the way, we would appreciate it if we can have business lunch next month to discuss the next project. Would you please inform us your first of week of March availability? We are looking forward to hearing from you.

 

Sincerely,

Lauren

 

 

*太字の部分を以下のその他のフレーズように書き換えることもできます。

・Could you (please)〜?

・Will you (please)〜?

・Would you (please) 〜 ?

・I would appreciate it if you〜. 

・Please〜

 

ポイント

英語圏にメールを送る際は、下記の基本を抑えておきましょう!

  • メール本文に改行なし
  • シンプルに伝える

(「お世話になります」などの挨拶文はない)

  • 自分の名前の直前に結語(「Sincerely」などを加える)

 

まとめ

さて、今回は状況に合わせた英語で依頼メールを
作成する際のフレーズをいくつかお伝えしましたがいかがでしたか。

 

フレーズをそれぞれまとめますので再度復習してみて下さいね。

 

カジュアルなフレーズ4選

  • 〜してくれない?

  ・Can you〜? ・Would you like to〜? ・Do you want to〜?

 *この場合「〜したい?」と訳さない

  • 〜してもよい?

 ・Do you mind if 〜?

 

フォーマルなフレーズ5選

〜して頂けませんか?

・Could you (please)〜?・Will you (please)〜? ・Would you (please) 〜 ?

 

〜して頂けると光栄に存じます

・I would appreciate if you〜. 

 

〜して下さい。

・Please〜

 

 

特にフォーマルな英語を使用されるときは
上記5選を上手くまわして使用すれば問題ありません。

最初は覚えること自体一苦労ですが、
慣れればビジネスでの英文依頼メール作成も楽しくなるかと思います。

 

I would appreciate it if you use those phrases above in your English emails! Good luck!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です