簡単!「はじめまして」を伝える英語メール

皆さんは下記のような状況になり
焦りを感じたことはありませんか。

 

  • 職場で海外の取引先と英語でメールをしなくてはいけないとき
  • 海外旅行前に海外の滞在先にメール連絡をしたいとき
  • 留学などで海外のまだ会ったことのない
    学校関係者やホストファミリーに事前にメール連絡したいとき

 

グローバル化が進む昨今では
さまざまな状況で、
英語でメールをする機会が
多々あるかと思います。

 

英語でメールをする時って、
相手が初対面だと緊張しますよね。

直接会えば、笑顔や声のトーンで
なんとかごまかせても、
直接顔が見ることができず、
声も届かない伝達手段のメールとなると、
相手への印象を考えてしまうものです。

 

今回は、上記のような状況で
「はじめまして」を
英語メールで表現する文を
紹介したいと思います。

 

 

【控えるべきフレーズ】

まずは注意事項から。

一般的に日本語の「はじめまして」を
英語で表現するならば
「Nice to meet you」や
「How do you do?」が
思い浮かぶ方が多いかもしれません。

 

「Nice to meet you」
「How do you do?」=「初めまして」と
学校で学んだ方も多くいらっしゃるかと
思います(私もそうでした)が、
これには少々誤解があります。

 

理由は、英語には「はじめまして」という
フレーズが存在しないからです。

 

「Nice to meet you」

これを日本語に訳すと
「あなたに会えて嬉しいです」
という意味を持ちます。

つまり、このフレーズはどちらかというと
実際に初めて会う方が目の前にいる時に使い、
英文メール(もしくは電話)で初めて連絡する方に
使うフレーズとしては使用しません。

 

例えば初対面の相手に
下記のように使います。

 

例:
「Hi! I’m XXX(名前). How are you?
(How are youの返事を聞いてから)
Nice to meet you!」

 

「How do you do?」

この表現は「はじめまして」という
意味では間違いではありませんが、
堅苦しく、古い表現となり、
こちらも初対面で使うフレーズで、
少なくともメール(もしくは電話)で
表現することはありません。

 

それではまだ会ったことがない方に
英語で「はじめまして」の意味を込めた
伝え方のメールは、どのようなフレーズを
使えば良いのでしょうか。

 

シンプルな「はじめまして」

メール文章や対面した時(もしくは電話)も
全て「Hi!」や「Hello!」が
「はじめまして」の意味合いを含む
と捉えて使います。

 

日本語では特にビジネスの場などで
メールをする際は冒頭に
「はじめまして」や「お世話になります」
などの挨拶文を挿入しますよね。

英語でのメールは
日本語のように堅苦しく
考えなくても問題ありません。

使うフレーズはいたってシンプル。

 

  • Hi
  • Hello

 

どちらも、学校で最初に学んだ
シンプルで覚えやすい、
親しみのある「Hi」と「Hello」。

 

このどちらかを文頭に置けば、
それで「はじめまして」の意味を持ちます。

ただし「はじめまして」を含めた
文章を書くのであれば、
「Hi」だけではなく、そのあとに
少し工夫した文で繋げると良いでしょう。

 

 

「はじめまして」に続ける英語メールフレーズ1

<職場で海外の取引先と英語でメールをしなくてはいけないとき>

私は現在アメリカ在住ですが、
日本で仕事をしていた時、
海外事業所と英語でメールの
やりとりをすることが
多々ありました。

また渡米後に英語ネイティブスピーカーと
一緒に仕事をする中、初対面の方に
「Nice to meet you」と伝えることは
あっても、ビジネス関連のメールや文書
を受け取っても「Nice to meet you」の
挨拶が書かれているのを
見かけたことがありません。

 

職場では日本でもアメリカでも
(メールを通して)初めて一緒に仕事を
する方達がたくさんいたので、
そういった場合には「はじめまして」の
挨拶を交えたメールを送ったことが
多々ありましたが、

そういった場合には、
「Hi」から始め、その後自己紹介をした後に
下記のようなフレーズを使っていました。

 

  • It is great to work with you
    「あなたと一緒に仕事ができるなんて最高です」
  • I am glad to work with you
    「あなたと一緒に仕事ができることを光栄に思います。」
  • I am excited to work with you
    「あなたと一緒に仕事ができるのでワクワクしています。」

 

仕事では
「I’m xxx to work with you」
=
「あなたと一緒に仕事ができて
xxx(嬉しい、最高、ワクワクしているなどの感情)!」

と伝えます。

 

相手側の前任者などから
事前に後任者の情報を聞いていることが
あれば、相手に親近感を持ってもらえるよう、
少し文章を追加してみるのも
「はじめまして」の一部と
捉えることができます。

 

上記の文章の前に
「I’ve heard a lot about you from xxx!」
=
「(前任者の)xxx様から、
あなたのことを色々お伺いしています!」

など、一緒に仕事ができるのを
楽しみにしていたことを
具体的に伝えるような文章を
付け加えるのも、相手に
好印象を与える文章になります。

 

全体としては下記のようになります。
(日本語は意訳になります)

 

「Hi, I am △△△, ooo department,
from xox company. I have heard a lot about you from xxx
and I am excited to work with you!」

「初めまして、xox社ooo部の△△△と申します。
前任者のxxx様から▲▲▲様のことは色々お伺いしております。
一緒にお仕事ができるのを嬉しく思います。」

 

といった感じです。

 

またメール本文の最後には、
日本語で頻繁に使われる
「よろしくお願いします」という表現は
英語にはないので、
それに代わる相手に敬意を示すフレーズや、
感謝を表すフレーズを、
自分の名前を入力する前に使います。

 

<敬意を表すフレーズ>

  • Sincerely
  • Sincerely yours,
  • Best regards,
  • All the best
  • Best wishes

 

一番1つ目と2つ目の「Sincerely」や
「Sincerely yours」はよくビジネスで使う表現で
「誠意を込めて」
「心から」
といった意味を表す
フォーマルなフレーズです。

その他のフレーズはビジネスの場で
よく見かけるフレーズで
「Sincerely」よりは少し
カジュアルな表現になります。

 

<感謝を表すフレーズ>

  • Thank you
  • Thank you in advance

 

上記は皆さんご存知の感謝を
表す「ありがとう」という
フレーズです。

これは、例えばビジネスで
相手に初めてメールをしながらも、
早速依頼したいことなどがある場合に、
本文で依頼事項を伝えた最後に
「Thank you」や
「Thank you in advance」
を加えます。

「In advance」とは
「事前に」「前もって」
という意味ですので、
相手がこちらの依頼に対して
まだ行動していなくても
先に感謝の気持ちを
伝える時に使えます。

 

「はじめまして」に続ける英語メールフレーズ2

<海外旅行前に海外の滞在先にメール連絡をしたいとき>

最近では言語変換機能がついた
現地交通機関や宿泊先を
簡単に予約できるサイトやアプリが
あるおかげで、海外旅行はツアーではなく
個人で行かれる方が増えましたね。

このような便利なサイトで
予約して準備万端!と思ったものの、
旅行前に宿泊先に聞きたいことや、
伝えたいことがあり、
現地に連絡したい場合を想定してみます。

 

そういった際は日本語では
「はじめまして。(もしくはお世話になります)
○月×日に予約をした△△△です。」
などと、挨拶+自己紹介を含めてから、
本題の問い合わせ内容に入ることが多いですが、
英語ではそもそも「はじめまして」や
「お世話になります」などの挨拶がないので、
この場合も「Hi!」で挨拶した後は
すぐに本題に入ります。

 

「Hi! This is xxx and I booked a room for Jan 1st.
I was wondering if…」

「はじめまして, xxxと申します。
1/1に1部屋予約していますが、…について~」

 

上記のように簡潔に
自己紹介をしてすぐ本題に入ります。

 

先述したように

「Hi!」が「はじめまして」、
「お世話になります。「こんにちは」
などの意味を表します。

複雑そうに聞こえますが、
逆にいえば「Hi」は
どのような場面でも使える
覚えやすい単語ですね。

 

「はじめまして」から少し話がずれましたが、
こういった問合せの際は
「はじめまして」の代わりに、
文章の最後によく使うフレーズが
ありますので、それもお伝えします。

 

  • I’m looking forward to hearing from you soon
    「お返事お待ちしております。」

(直訳:お返事頂けるのを楽しみにしています)

 

  • I would appreciate if I hear from you soon.
    「近々お返事頂けましたら光栄です」

 

上記のようなフレーズを追加することで、
メール文章を終わりに結び付けているので、
こういったフレーズを使うと便利です。

 

「はじめまして」に続ける英語メールフレーズ3

<留学などで海外のまだ会ったことのない学校関係者やホストファミリーに事前にメール連絡するとき>

このような場合も基本的には何も変わりません。

メールの本文の内容が変わるだけです。

 

  1. 自己紹介

「Hi, this is xxx. I hope you are doing well」
(はじめまして、xxxと申します。
とても良い1日を過ごしていますように。)

 

  1. 本題

「I am supposed to stay at your house from 1/1」
(1/1からホームステイでお邪魔することになっています)

 

上記のように自己紹介後
すぐに本題に入り、
問い合わせたい内容を英語で伝えます。

今回は名前の後に
「I hope you are doing well」
という表現を追加しました。

日本語では文頭に
こういった表現は使いませんが
、英語では日常的です。

相手を思いやる表現で素敵ですよね。

 

また今回も本題文中や、
最後の結びの句を工夫した
下記のようなフレーズを入れると、
まだ会ったことがない人に対して
「はじめまして」を含む表現になり、
相手に好印象を与える文章になります。

 

  • I am looking forward to seeing you in person soon!
  • I am excited to meet you soon!
    近々直接お会いできるのを楽しみにしています。

 

この文章はビジネスだけでなく
普段でもとても頻繁に使われるフレーズですので、
覚えておくと良いでしょう。

 

私は過去に数回留学しましたが、
留学前にホストファミリーに
挨拶のメールを送ったこともありますし、
現地で進路変更を検討し始めたので
行ってみたい大学に
初めて問合せのメールを送ってみる、
など、色々「はじめまして」を
含む問合せをしたことがあります。

 

その際も、私も相手も
「Hi!」と自己紹介から始まり、
そのまま本題にはいりました。

 

やはりビジネスでも
それ以外でも同じ表現をするということですね。

 

 

【アメリカで受け取るメール内容】

先ほど私の日本やアメリカでの
職場での英語メールの例や
留学時代の経験をお伝えしましたが、
現在アメリカに住んでいる私が、
客側の立場として普段受け取るメールは、
どういったフレーズが使われているのか
検証してみました。

 

【マンションの管理人から】

現在お世話になっている不動産会社の方が、
別の拠点から異動してきたようで、
自己紹介の挨拶メールが届きました。

その際にもやはり「Nice to meet you」
という表現はなく、
自己紹介(「Hi!」の後に名前、役職名、不動産会社名)
からスタートして本文に入り、
結びはSincerelyで終えていました。

 

【車を購入したディーラーから】

Dear xxx (xxx様)から始まり、
すぐに「Thank you for choosing ○○○(車両メーカー名)」
と感謝の言葉で本題をスタートさせていました。

その後はすぐに本題に入るといった流れで、
最後は「Thank you」で締めくくっていました。

 

【弁護士から】

弁護士に問合せをした際に
頂いたメール返信の冒頭は毎回
「Good afternoon(こんにちは)」
から始まっていました。

そして他と同様、すぐに本題に入り
最後は「Sincerely」で結んでいる
フォーマルなパターンでした。

 

【YouTube参考動画】

さて、こちらの動画では
英語と日本語でのビジネスメールの
書き方の違いについて
解説されています。

「はじめまして」のフレーズというよりは、
英語と日本語のビジネスメールの
書き方の違いについて検証されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=arWD7IntEP0&feature=share

 

なるほど!と思うメールの
書き方の違いを多々学べる動画ですので、
是非参考にしてみて下さいね。

 

 

まとめ

 

  1. 「はじめまして」を英語でメールする時は
    「Hi!」や「Hello」で表現しましょう
  2. 文章の始めもしくは終わりで
    フレーズを追加することにより
    「はじめまして」の意味を強調して表現しましょう
  3. 日本語をそのまま英語に訳すと
    不自然になるので直訳には拘らないようにしましょう

 

日本語はとても奥深く、
日本のマナーはとても良いと
世界中から称賛されています。

それゆえビジネスでもそれ以外の場でも、
初めて連絡をとる相手には
最初は特にとても丁寧に、
慎重に会話を進めていきます。

 

ただ、英語圏では丁寧な表現の仕方は
あるものの、特にメールでは
挨拶は最低限で済ませ、
すぐに本題に入る傾向がありますので、
初めて挨拶するの相手でも日本語の
「はじめまして」の単語に拘らず、
最低限の挨拶「Hi!」と締めの言葉で
用件を伝えるメールを作成しましょう。

 

これは国や文化的背景によって
異なるかとは思いますが、少なくとも
アメリカでのメール対応は
さまざまな場面でカジュアルだと
感じることが多いです。

 

メールを作成する際は、
丁寧さよりも本題に力を入れる方が
大切な印象を受けます。

相手には何が言いたいのか
はっきり簡潔に伝えることを
大切にしている文化が
理由と思われます。

一度そのことも思い出しながら
「Hi!」で始めるメールを
作成してみて下さいね。

 

みなさんの初めてへの
相手に送るメールが、
相手に良い印象を
与えることを願っています。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です