「雨で作業中断します」を英語で!天候と予定を表すフレーズ3選!!

今年は「暖冬」と言われているように、
なんだか冬らしくない日々が続いていますね。

私の住んでいる地域も例年に比べ雪が少なく、
暖かい日が続いています。

嬉しい反面、少しさみしい気持ちです。

 

晴れの日ばかりだといいのですが、
突然の雨や強風などは、屋外の作業や
イベントの進み具合に直接影響してしまいますよね。

 

今回は、お天気に関する英語と会話表現に
ついてご紹介したいと思います。

 

天候を表す単語

中学校で英語学習がスタートすると、
かなり早い段階で教わるのが
「天候を表す英語」ではないでしょうか。

 

“How’s the weather today?”

「今日の天候はどうですか?」

という英文を繰り返し読み上げた方も多いと思います。

 

まずは、この英文に対する返答を復習してみましょう。

 

 晴れ

1つ目は、晴れ☀️を表す英語。

そう、“sunny(サニー)”です!

 

英文にすると、

“It’s sunny today.”

「今日は晴れです。」

となります。

 

とても耳馴染みのある表現ですね。

中学校時代を思い出した方もいるのでは⁉︎

 

実は、「晴れ」を表す単語には、

・nice

・good weather

・fine

・calm(カーム) day

などもあるのです。

 

さらに、私が聞いて一番驚いたのが、

“pretty(プリティ) day”

と言う表現でした。

暑くもなく寒くもなく、青空と緑が
映える過ごしやすい日のことを指すのです!

 

“pretty”というと「カワイイ」のイメージがあるので、
最初に聞いた時には

「カワイイ日」とは???

と頭の中がハテナでいっぱいになったのを覚えています。

 

このように、晴れの様子を伝えたいとき、
“sunny”以外のバリエーションも知っておくと

より英語通になれますね!

 

くもり

つづいて、くもり☁️を表す単語。

“cloudy(クラウディ)”です。

 

英文にすると、

“It’s cloudy today.”

「今日はくもりです。」

となります。

 

この「くもり」を表す単語には、

・dull(ダル)「どんより曇り」

・overcast(オーバーキャスト)「雲に覆われている」

・gloomy(グルーミー)「薄暗い」

などがあります。

 

雲の様子によって、さまざまな言い方があるんですね!

 

3つ目は雨☂️です。

そう、“rainy(レイニー)”ですね。

 

英文にすると、

“It’s rainy today”

「今日は雨です。」

となります。

 

この「雨」を指す表現にも、その振り方によって
様々な言い方があるのをご存知でしょうか?

 

例えば、

sprinkling(スプリンクリング)「パラつく雨」

shower(シャワー) 「にわか雨」

pour(ポワー)「土砂降り」

「外は土砂降りです。」

など。

 

ちなみに、雨が降る様子を表す慣用句として、

“It’s raining cats and dogs.(キャッツ アンド ドッグス)”

という表現を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

「犬や猫が降ってくるの!?」と驚くかもしれませんが、
日本語の「バケツをひっくり返したような雨」
と同じような比喩表現です。

 

しかしこの表現自体、現在ではほとんど使われていないんです。

(私が海外留学していた十数年前には、
すでに使われていませんでした…あんなに耳に残るフレーズなのに…)

 

最後は雪⛄です。

雪と言えば、”snowy(スノウィー)”ですね!

 

英文にすると、

“It’s snowy today.”

「今日は雪です。」

となります。

 

雪についてはバリエーションがあまりありませんが、
大雪の場合には

heavy snow

ということができます。

 

天候を伴う予定変更「中断」

さて、復習を終えたところで、天候に伴い予定が
変更になった場合の英語表現を見ていきましょう。

 

最初にご説明するのは「中断」です。

 

実は私、以前空港で働いていたのですが、
担当していた飛行機のスケジュールが天候に
より乱れることは日常茶飯事でした。

 

大雨で出発便の荷物搭載がストップしてしまった際には、
お客様にご案内しなければいけません。

そんな時使うのが、このフレーズ。

“Baggage loading has been suspended due to heavy rain.”

「大雨の影響により、荷物の積み込みを中断しています。」

ポイントは、

suspend(サスペンド) →「中断する」

という単語です。

 

他にも同じ意味合いで

・halt(ホールト)

・cease(スィース)

という単語もあります。

 

また、理由を伝える際には、

due to(デュートゥー)

because of(ビコウズ オブ)

を天候を表す単語の前に付けましょう!

 

天候を伴う予定変更「延期」

続いて、「延期」する際の表現をご紹介します。

 

運動会など、雨で延期になるケースは多々あるかと思います。

その場合は、

“The sports day was postponed to next Saturday due to the rain.”

「運動会は雨のため来週の土曜日に延期されました。」

ということができます。

 

ポイントは

postpone(ポストポーン) →「延期する」

という単語ですね。

ちなみにこちらはTOEICテストの頻出単語でもあります!

受験予定のかたはマストで覚えておきましょう!!

 

他にも、

・put off

という表現に置き換えることもできます。

 

ちなみに、お誘いなどを丁寧にお断りして
「また次回に(延期しましょう)」と言いたいとき、

 

“rain check (レイン チェック)”

 

という便利なフレーズがあります。

“Can I take a rain check?”

というと、

「今回は申し訳ないですが、
またの機会にお願いできますか?」

というニュアンスになります。

ぜひ、覚えておきたいフレーズですね!

 

天候を伴う予定変更「中止」

最後に、イベントや作業そのものが
「中止」になったときの表現をご紹介します。

 

例えば、屋外作業が雨で中止になった際には、

“We had to call off work outside due to heavy rain.”

「大雨で屋外作業を中止しなければならなかった。」

となります。

 

ポイントは

call off (コール オフ) →「中止する」

というフレーズですね。

・cancel(キャンセル)

という単語も使用できます。

 

まとめ

1.天候を表す単語

 1-1.晴れ “sunny”

 1-2.くもり “cloudy”

  1-3. 雨 “rainy”

  1-4. 雪 “snowy”

2.天候を伴う予定変更「中断」

 ・suspend(サスペンド) →「中断する」

 理由を説明する際には、

 ・due to

  ・because of

 をつけよう

3.天候を伴う予定変更「延期」

 ・postpone(ポストポーン) →「延期する」

4.天候を伴う予定変更「中止」

 ・call off (コール オフ) →「中止する」

 

最後に

今回は、天気を表す単語の復習と天気を伴う
予定変更が生じた際に使えるフレーズをご紹介しました!

中学校で習った単語だけでなく、
初めて耳にするフレーズもあったのではないでしょうか。

最後に、今回ご紹介した単語を活用した例文を
まとめた動画をご紹介します。

最近はゲリラ豪雨や台風など、急な天候の変化に
振り回されることも多々ありますが、
今回学んだフレーズを活用して、
ぜひ外国の方にも英語で案内してみてくださいね!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です