TOEICで600点を取る勉強法

大学生の方や、社会人の方でTOEIC600点を目指されている方は多いと思います。
実質TOEICで600点を保有していると大学で単位が優遇されたり、高校では指定校推薦入試やAO入試などで英語の試験が免除されるということがあります。

社会人の方でも会社によっては給与とは別に報酬が得られるというメリットもあります。
TOEICで600点を取る勉強法は一体どうするのか?
それを説明していきます。

この記事を読んだらTOEICで600点は簡単に取れるようになります。
また、リスニングとリーディングの力がつくので600点以上を狙う時の土台が作れます。

 

 

参考書は信頼できるものを選ぶ


まず、TOEIC600点とは一般的に基本的な英語力があるといわれるレベルですが、しっかりとした対策や信頼できる参考書を使って勉強しないと全然と届かないスコアです。

私も過去に270点というスコアからスタートし、現在では740点を保有していますが当時はなかなか届かなく、1年はかかりました。

したがって、はっきりいうとそこそこ難しい点数でもあります。現在どの点数かにもよりますが600点以下の方と想定してそのような方が絶対に購入すべき参考書を紹介します。

(1)出る単 特急銀のフレーズ

まず、「出る単 特急銀のフレーズ」を購入すべきです。この参考書はTOEICに頻出する英単語ばかりを集めて載せられており、全て試験に出るものだと思っていただいて間違いありません。

当然、難しい単語も混じっていますが、ページを進めるごとに難しくなるように作られているので挫折しにくく、長続きします。

単語自体も600点レベル、730点レベル、860点レベル、990点レベルと細かく分けられており、それぞれの点数に必要な単語のレベルがわかるようになっています

この1冊だけでも徹底的に全ての単語を覚えていただければ600点に達する英語力は身につきます。

また、この本はamazonでもTOEICの英単語帳のランキングで上位にランクインしています。
著者も毎回の公開テストで満点を連続で取り続けられている方が執筆しているものなので、安心して取り組めます。

(2)公式問題集

この他にも公式問題集がおすすめですが、まずはこの1冊を集中して取り組むことが重要です。

単語力がある人ほど試験を制す


単語力というのは、いわば知識の武器です。
先ほど言った様に、信頼できる参考書選びも重要ですが、いかに知識があるかこれも600点を取るために必要です。

TOEICという試験はいわば「どれだけ知識があるか」に関わっています。
文法や、単語、フレーズ、読解力など様々ありますが、これらのスキルを多く持っていれば持っているほど試験でも高得点を出しやすくなります。

しかし、これは難しいことではありません。日々の自宅の学習で身につけることが可能です。

例えば、TOEICは試験で出題される範囲が決まっているためそれにそって学習を進めることができます。

単語の知識も、文法の知識もTOEICに関連する本であればその冊数をこなすほど知識が得られるのでこれによって高得点を得ることができます。

 

時間をできるだけTOEICに費やす


 日頃からどのくらいTOEICに時間を費やしているかこれは一番大事な要素と言えます。
どんなによい参考書を使っても1日に勉強する時間が足りなければ伸びないのが普通です。

私の場合も一定の点数から600点に届かなかった際、原因がわからずそのままいつもの勉強法で学習をしていました。
そんなときに自分なりに考えた要因が「日頃から勉強量が足りないこと」だと気付きました。

 

いつもは30分しか勉強しませんでしたがそれから勉強量を2時間に設定し学習を続けていったところ580点から690点まで一気に伸びました。

時間をかけて学習をするということはそれだけTOEICに向き合う時間も多くなるわけなので、結果的に時間をかけた分だけスコアが上がります。

まとめ


 TOEIC600点を取るために必要な要素は「信頼できる参考書」を使って学習すること、
「知識を多く詰め込むこと」
「できるだけ多くTOEICの学習に時間をかけること」

の3つになります。
600点は明日に取れる点数ではありませんが、この3つをしっかりこなしていけば必ず到達できます。

TOIECを勉強している人は実践して、600点取れるようになってください!

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です