TOEICで600点を取る勉強法

大学生の方や、社会人の方でTOEIC600点を目指されている方は多いと思います。
実質TOEICで600点を保有していると大学で単位が優遇されたり、高校では指定校推薦入試やAO入試などで英語の試験が免除されるということがあります。

社会人の方でも会社によっては給与とは別に報酬が得られるというメリットもあります。
TOEICで600点を取る勉強法は一体どうするのか?
それを説明していきます。

この記事を読んだらTOEICで600点は簡単に取れるようになります。
また、リスニングとリーディングの力がつくので600点以上を狙う時の土台が作れます。

 

 

参考書は信頼できるものを選ぶ


まず、TOEIC600点とは一般的に基本的な英語力があるといわれるレベルですが、しっかりとした対策や信頼できる参考書を使って勉強しないと全然と届かないスコアです。

私も過去に270点というスコアからスタートし、現在では740点を保有していますが当時はなかなか届かなく、1年はかかりました。

したがって、はっきりいうとそこそこ難しい点数でもあります。現在どの点数かにもよりますが600点以下の方と想定してそのような方が絶対に購入すべき参考書を紹介します。

(1)出る単 特急銀のフレーズ

まず、「出る単 特急銀のフレーズ」を購入すべきです。この参考書はTOEICに頻出する英単語ばかりを集めて載せられており、全て試験に出るものだと思っていただいて間違いありません。

当然、難しい単語も混じっていますが、ページを進めるごとに難しくなるように作られているので挫折しにくく、長続きします。

単語自体も600点レベル、730点レベル、860点レベル、990点レベルと細かく分けられており、それぞれの点数に必要な単語のレベルがわかるようになっています

この1冊だけでも徹底的に全ての単語を覚えていただければ600点に達する英語力は身につきます。

また、この本はamazonでもTOEICの英単語帳のランキングで上位にランクインしています。
著者も毎回の公開テストで満点を連続で取り続けられている方が執筆しているものなので、安心して取り組めます。

(2)公式問題集

この他にも公式問題集がおすすめですが、まずはこの1冊を集中して取り組むことが重要です。

単語力がある人ほど試験を制す


単語力というのは、いわば知識の武器です。
先ほど言った様に、信頼できる参考書選びも重要ですが、いかに知識があるかこれも600点を取るために必要です。

TOEICという試験はいわば「どれだけ知識があるか」に関わっています。
文法や、単語、フレーズ、読解力など様々ありますが、これらのスキルを多く持っていれば持っているほど試験でも高得点を出しやすくなります。

しかし、これは難しいことではありません。日々の自宅の学習で身につけることが可能です。

例えば、TOEICは試験で出題される範囲が決まっているためそれにそって学習を進めることができます。

単語の知識も、文法の知識もTOEICに関連する本であればその冊数をこなすほど知識が得られるのでこれによって高得点を得ることができます。

 

時間をできるだけTOEICに費やす


 日頃からどのくらいTOEICに時間を費やしているかこれは一番大事な要素と言えます。
どんなによい参考書を使っても1日に勉強する時間が足りなければ伸びないのが普通です。

私の場合も一定の点数から600点に届かなかった際、原因がわからずそのままいつもの勉強法で学習をしていました。
そんなときに自分なりに考えた要因が「日頃から勉強量が足りないこと」だと気付きました。

 

いつもは30分しか勉強しませんでしたがそれから勉強量を2時間に設定し学習を続けていったところ580点から690点まで一気に伸びました。

時間をかけて学習をするということはそれだけTOEICに向き合う時間も多くなるわけなので、結果的に時間をかけた分だけスコアが上がります。

まとめ


 TOEIC600点を取るために必要な要素は「信頼できる参考書」を使って学習すること、
「知識を多く詰め込むこと」
「できるだけ多くTOEICの学習に時間をかけること」

の3つになります。
600点は明日に取れる点数ではありませんが、この3つをしっかりこなしていけば必ず到達できます。

TOIECを勉強している人は実践して、600点取れるようになってください!

30日後にはネイティブのように英語を話す勉強法

僕はもともと偏差値40代の落ちこぼれで
どれだけ勉強しても思ったように上達せず
ついには英語なんて無理なのでは・・・
と諦めかけていました。


そんな状態から勉強法を変えたところ

ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
自信をもってネイティブと話せるほどになりました。

さらには、2ヶ月でTOEIC830点をとっています。


なぜここまで上達したかというと、

英語には決まりきった正しい勉強法があるからです。


だからこそ強く思うのですが、

才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができると確信しています。

勉強法によっては習得スピードが
10倍になることも普通にあります。


だから1日たった3分のスキマ時間に勉強するだけで
30日後にはネイティブのように口から英語があふれでます。


いまの活動のミッションは

世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。


そういった理念から
10倍のスピードで勉強して、

自信をもって英語を話すための方法を
1つの書籍にして無料公開しています。

無料公開するのは期間限定なので
これから真剣に英語学習したい人は
ぜひ読んでみてください。


>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

自信をもって英語を話すためのメールマガジン

僕は7ヵ国語話す方と出会って英語の本質を知り
自信をもってネイティブと話せるようになりました。

毎日届くメール講座。
将来の可能性を広げ、キャリアアップもできる。
自信を手にす
るメールマガジンが始まります!
(約2000人の読者がいて、大変盛り上がっています!)

>>クリックして漫画の続きを読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です