TOEICとは?いつ申し込みする?自分の実力をスコア化してみよう!

 

こんにちは!

 

みなさんはTOEICという言葉を聞かれたことはありますか。

どういったものかご存知ですか。

 

簡単にいうと、英語を学習している中で、
英語力がどのくらいであるかを知る英語テストです。

「英検(実用英語技能検定)」などは聞かれたことや
受けられたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

「TOEIC」も同じように英語のスキルを測るテストになります。

今回は、英語学習者なら一度は受験してほしい
TOEICについて詳しくご説明します。

TOEICとは?

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストのこと。

Test of English for International Communication 」
の略で母国語が英語でない人を対象とした世界共通の試験で、
なんと世界160カ国で実施されています。

 

米国の非営利テスト開発機関
「Educational Testing Service(ETS)」が開発及び制作しています。

日本のTOEIC Programの実施及び運営は(一財)
国際ビジネスコミュニケーション協会が実施しています。

 

TOEICの特徴は、英検のように合否ではなく、
スコアで評価される
ので、毎回受けるごとに
自分の英語力の伸びを把握したり、苦手分野や
得意分野を自分で分析したり、それにより次のスコア目標を
設定することが可能であること
です。

 

テストの種類

TOEICテストは大きく分けて下記の2種類があります。

 

TOEIC Bridge Tests

対象:英語を学習し始めた初心者の方、
TOEICを受験した経験がなく不安な方、
社会人で英語学習を再度始めた方など

 

ポイント:ブリッジを受験することで、
経験を積み、問題慣れすることでTOEICテスト受験に移りやすい

 

TOEIC Tests

対象:ビジネスにまつわる問題が多いため、
中級者の方、大学単位認定、就職・転職活動中の方、
海外赴任、キャリアアップを目指している方
、など

 

ポイント:履歴書にスコアを書き英語レベルを
証明することが可能。大学や就職先などさまざまな分野で
資格としてアピールが可能

 

①TOEIC Bridge Tests

対象:初級者〜中級者

テスト内容:日常生活における活きた英語

種類: 2種類

  1. リスニング&リーディング
  2. スピーキング&ライティング

 

テスト内容

及び特徴

TOEIC Bridge

Listening & Reading Tests

TOEIC Bridge

Speaking & Writing Tests

内容

英語で聞く・読む能力

英語で話す・書く能力

時間

リスニング 約25分

リーディング 約35分

スピーキング約15分

ライティング約37分

形式

マークシート形式

パソコンとヘッドセット

 

問題量

リスニング(50問)

リーディング(50問)

スピーキング8問

ライティング9問

結果

30~100点

1点刻みのスコアで評価

30~100点

1点刻みのスコアで評価

受験料

4,950円(税込)

9,350円(税込)

申込み

https://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge_lr/guide01.html

https://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge_sw/guide01.html

 

*いわゆる「TOEICブリッジを受験する」とは
緑色で色付けされたリスニング&リーディングを
意味することが多くこちらを受験される方が多いです。

 

②TOEIC Tests

対象:英語学習中級者〜上級者

テスト内容:身近なシーンからビジネス、ネイティブレベルまでの広範囲

種類:3種類

  1. リスニング&リーディング
  2. スピーキング&ライティング
  3. スピーキング

 

テスト

TOEIC® Listening & Reading Test

TOEIC® Speaking & Writing Tests

TOEIC® Speaking Test

内容

身近なシーンからビジネスまで幅広い場面での英語力

国際的なビジネスコミュニケーションなどの場面で使えるような英語力

英語のネイティブスピーカーや英語に堪能なノンネイティブスピーカーに理解しやすい英語力

時間

リスニング45分

リーディング 75分

スピーキング約20分

ライティング約60分

*IPテストの場合

TOEIC Speakingのみ

TOEIC Writingのみの実施も可能

スピーキング約20分

形式

マークシート方式

パソコン

ヘッドセット

パソコン

ヘッドセット

結果

10~990点
5点刻みのスコア

0~200点

10点刻みのスコア

0~200点

10点刻みのスコア

受験料

6,490円(税込)

10,450円(税込)

6,930円(税込)

申込み

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide01.html

https://www.iibc-global.org/toeic/test/sw/guide01.html

https://www.iibc-global.org/toeic/test/speaking/guide01.html

 

*TOEICブリッジ同様、TOEICテストを受験する、
とは水色で色付けされたリスニング&リーディングを意味することが多いです。

 

 

申込みについて

それでは、先ほどの表でご説明した、多くの方が
受けるリーディング・リスニング試験の申し込みに
関してTOEIC BridgeとTOEICテストそれぞれ見ていきましょう。

 

①TOEIC Bridge申込み

実施回数:年4回

場所:全国13都市
(札幌・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・
愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡)

会場:学校・公共機関

申し込み方法:インターネット(公式サイトよりログイン・会員登録後)

結果:郵送及びインターネット

 

②TOEIC Test申し込み

実施回数:年10回

場所:全国約80都市(北海道から沖縄までの全国エリア)

会場:学校・公共機関

申し込み方法:2種類

       インターネット(公式サイトよりログイン・会員登録後)

       コンビニ端末申し込み

結果:郵送及びインターネット

 

 

TOEIC BridgeとTOEIC Test受験の注意点:

  1. 試験実施日の1ヶ月以上前までに申し込みする必要があります

 (例)TOEIC Bridge

  2020年6月21日の試験日の申込み期間

  2020年2月24日〜5月21日まで

 

 (例)TOEIC Test

  2020年4月12日の試験日の申込み期間

  2020年1月15日〜3月3日まで

 

  1. 受験票や身分証明書などの忘れ物や遅刻をすると受験不可となります
  2. 会場指定はできません

 

 

 

TOEICサンプル問題

初めての方はTOEICブリッジとTOEICテスト
どちらか受けるべきか悩んでしまうかもしれません。

 

そんな時は、TOEICブリッジとTOEICテストの
それぞれのサンプル問題が公式サイトに掲載されているので、
これらサンプルを見て、現在のご自分がどちらのテストを
受けるべきか参考するとよいでしょう。

 

サンプル問題(TOEIC公式サイトより)

  • TOEICブリッジ

https://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge_lr/about/format/sample01.html#page

 

  • TOEICテスト

https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample01.html

 

またTOEICブリッジとTOEICテストの公式問題集や
テキストに目を通すとご自分の受験に合うのが
どちらなのかイメージできるでしょう。

 

おすすめの問題集

私の個人的なおすすめのTOEIC問題集は、公式問題集です。

分厚く、他のテキストより少々値は張りますが、
おすすめのポイントは下記の通りです。

 

  • 本番同様に時間を計りマークシート形式で解答用紙に記入することができる=本番をイメージしやすい
  • 自己採点し、自分の大体のレベルを知ることができる
  • リスニング、リーディングそれぞれの弱みの項目を把握することができる

 

公式問題集を解き、弱点が分かった後に、
その弱点を克服できるような参考書を購入する手順がおすすめです。

 

海外でのTOEICの認知度と実用性

日本やアジア圏でとても重要視されているTOEIC。

私の韓国人と中国人の友人はそれぞれ高校で受験すると言っていました。

日本も含め、履歴書に書けるTOEICのスコアは、
就職活動や社内昇進などに認められる基準のひとつで
将来役立つので是非受けて見てくださいね。

 

一方で私が住んでいるここアメリカではTOEICは
アジア圏と比較すると、重視されていない印象です。

というのはアメリカではスコアより、
実際に使える英語(つまりスピーキングや
リスニングのコミュニケーション能力)の知識や能力を
ある方が重視され、職場など実践の場で活躍できるか
どうかが鍵という認識だ
からだと思っています。

 

しかしながらそんな中で(個人的な経験ですが)
TOEICスコアがアメリカで役立ったことが2回ありました。

 

  • アメリカ留学中に、希望する受講クラスの入学条件にTOEICスコアが必要だったこと
  • アメリカでの就職活動で、日系企業に応募する時は履歴書を提出するときにTOEICスコアを書いたこと(入社後、高得点だね!と言ってもらえたので、日系企業は日本と同様それなりにTOEICのスコアを見ている印象を受けました)

 

 

まとめ

 

TOEICの特徴

  1. 世界共通の国際コミュニケーション英語能力テストである
  2. 合否ではなく、スコアで評価される
  3. 毎回受験するごとに自分の英語力の伸びを把握することが可能
  4. TOEICブリッジ(初級〜中級者向け)とTOEICテスト(〜上級者まで)の2種類のテストがある
  5. 大学単位認定、就職・転職活動中の方、海外赴任、キャリアアップを目指している方に最適

 

いかがでしたか。

TOEICの特徴からも、私の個人的な受験経験からも
英語学習者であれば一度は受験されることをおすすめします。

TOEICを通して皆さんの英語力が向上するようアメリカから願っています!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です