英会話をマスターする2つの最短勉強法!

こんにちは。フィリピンセブ島で語学学校スタッフをしているジャック

最近では一昔前に比べると留学への垣根が下がっていて、独立行政法人日本学生支援機構という団体が実施している調査では、日本人の留学生は、平成28年度(2016年度)で、96,641人(対前年度比12,185人増)となっています。(参考データ:https://www.jasso.go.jp)

 

もちろん留学は英会話をマスターする上での大きなきっかけにはなるのですが、留学をしなくても英会話をマスターする勉強法があります。今日は誰でもできて環境を問わない、2つの勉強法を紹介していきます。

勉強法①シャドウイング

これは英語をひたすら音読するという方法になります。

英会話をマスターする上で大切なことは、とにかくアウトプットをすることです。自分で発音をし、それを耳に入れていくことで英会話の上達速度は圧倒的にアップします。そしてシャドウイングをする上で有効なのは鏡の前で行うことです。

鏡では特に口の形に注意しながら発音をするようにします。これは1ヶ月でも英会話教室に通って、実際に英語圏の人と対話をする機会を持っていただくとさらにベターなのですが(不可能であれば、YouTube等の画像でも構いません)、英語の発音は日本語の発音と明確に口の形が違います。

その口の形をイメージしながらシャドウイングをすると、シャドウイングでアウトプットした表現が、ネイティブに近い発音で話ができるようになります。

実は英会話教室に行ってもそこまでアウトプットの量が増えず、シャドウイングが最もアウトプットを増やせる方法であると言っても過言ではないでしょう。

是非今日から、鏡の前でのシャドウイングを実践してみましょう。

勉強法②キクタンウォーキング

「キクタン」というのは、単語を勉強するテキストで、スマホアプリでも出ています。私自身、正直勉強が嫌いなので、この方法のおかげで語彙を増やすことのモチベーションが維持できました。

キクタンアプリ

(参照:アルク)

これはジムのランニングマシーンで走らずに歩きながら、スマホでキクタンアプリを使い、耳から英語を入れ、目で英文を追う、という勉強法になります。キクタンは日本語訳を入れたり消したりもできるので、状況によってそういった微調整ができるのも魅力です。

ちなみにランニングマシーンを使ったウォーキングがベストですが、ジムに行くのが難しい人はラジオ体操をしながらでもオッケーです。

大切なのは、ただ机に向かって勉強をするのではなく、身体を動かしながら英語を耳に入れて、目で英文を追っていくことになります。

ダイエットや筋トレも兼ねることもできますし、身体を動かしながら勉強をすることで、実は効率も上がります。

ただし、運動がハード過ぎると英語が耳に入って来ないのでラジオ体操やウォーキングのような軽めの運動がベターです。

まとめ

「アウトプットの量を増やす。」という意味でシャドウイングをまずは、英会話に通うよりもとにあっく練習する。

「質を上げて効率良くインプットする」という意味でキクタンウォーキングを密度を上げて学んでいきましょう!

是非今日から実践して英会話をマスターしていきましょう。

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です