英会話をマスターする2つの最短勉強法!

こんにちは。フィリピンセブ島で語学学校スタッフをしているジャック

最近では一昔前に比べると留学への垣根が下がっていて、独立行政法人日本学生支援機構という団体が実施している調査では、日本人の留学生は、平成28年度(2016年度)で、96,641人(対前年度比12,185人増)となっています。(参考データ:https://www.jasso.go.jp)

 

もちろん留学は英会話をマスターする上での大きなきっかけにはなるのですが、留学をしなくても英会話をマスターする勉強法があります。今日は誰でもできて環境を問わない、2つの勉強法を紹介していきます。

勉強法①シャドウイング

これは英語をひたすら音読するという方法になります。

英会話をマスターする上で大切なことは、とにかくアウトプットをすることです。自分で発音をし、それを耳に入れていくことで英会話の上達速度は圧倒的にアップします。そしてシャドウイングをする上で有効なのは鏡の前で行うことです。

鏡では特に口の形に注意しながら発音をするようにします。これは1ヶ月でも英会話教室に通って、実際に英語圏の人と対話をする機会を持っていただくとさらにベターなのですが(不可能であれば、YouTube等の画像でも構いません)、英語の発音は日本語の発音と明確に口の形が違います。

その口の形をイメージしながらシャドウイングをすると、シャドウイングでアウトプットした表現が、ネイティブに近い発音で話ができるようになります。

実は英会話教室に行ってもそこまでアウトプットの量が増えず、シャドウイングが最もアウトプットを増やせる方法であると言っても過言ではないでしょう。

是非今日から、鏡の前でのシャドウイングを実践してみましょう。

勉強法②キクタンウォーキング

「キクタン」というのは、単語を勉強するテキストで、スマホアプリでも出ています。私自身、正直勉強が嫌いなので、この方法のおかげで語彙を増やすことのモチベーションが維持できました。

キクタンアプリ

(参照:アルク)

これはジムのランニングマシーンで走らずに歩きながら、スマホでキクタンアプリを使い、耳から英語を入れ、目で英文を追う、という勉強法になります。キクタンは日本語訳を入れたり消したりもできるので、状況によってそういった微調整ができるのも魅力です。

ちなみにランニングマシーンを使ったウォーキングがベストですが、ジムに行くのが難しい人はラジオ体操をしながらでもオッケーです。

大切なのは、ただ机に向かって勉強をするのではなく、身体を動かしながら英語を耳に入れて、目で英文を追っていくことになります。

ダイエットや筋トレも兼ねることもできますし、身体を動かしながら勉強をすることで、実は効率も上がります。

ただし、運動がハード過ぎると英語が耳に入って来ないのでラジオ体操やウォーキングのような軽めの運動がベターです。

まとめ

「アウトプットの量を増やす。」という意味でシャドウイングをまずは、英会話に通うよりもとにあっく練習する。

「質を上げて効率良くインプットする」という意味でキクタンウォーキングを密度を上げて学んでいきましょう!

是非今日から実践して英会話をマスターしていきましょう。

 

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です