英語をマスターするのは無理なのか?挫折経験のある私が語ります。

いろいろ試してきたけど英語が話せるようにならない。

「もう自分にはできる気がしない!」なんて思っていませんか。

 

私も同じことで挫折した経験があります。

イギリスへ1年留学したけど、
ペラペラにならずに帰国したという経験です。

おそらく「留学1年も行ったのにペラペラにならなかったの?!」

って驚いてる方、多いですよね(笑)

 

しかし、その後、日本にいながら独学で勉強し、
ネイティブに「Wow, 君の英語が自然でおどろいた」と
言われるくらい話せるようになりました。

 

結論からいってしまいますが、考え方や、
やり方を変えれば必ず話せるようになります

 

今回は、私がかつて感じていた悩みと同じ悩みに直面しているあなたに、
この経験を通してわたしが知った英語マスターに必要なこと
本質的な部分を語ります。

 

この記事を読んで「自分は絶対に英語マスターできる」
って思ってもらえたらすごく嬉しいですし、
英語を話せるようになるきっかけになってほしいです!

 

そもそも、目標設定はできていますか?

英語の目標設定はできていますか?

 

「英語を話せるようになること」

 

もしあなたがこんな目標をもっているならば
これだけだと、目標としては、不十分かもしれません。

 

私がそうであったように、なんとなく
「英語話せたらかっこいいから、話せるようになりたい」
といったフワッとした目標だと、ほとんどが挫折してしまうんです。

 

なぜだと思いますか?

それは目的が明確じゃないからです。

 

これはシンプルな話で「ピアノ習得」を例に出すと
「ピアノをできるようになりたい」っていう目標ってすごく曖昧ですよね。

 

「幼稚園の先生になるために、即興でピアノを弾けるようになりたい」

 

こういった明確な目標があると、

  • 何をすべきか
  • いつまでにやるべきか
  • 何のジャンルを練習すべきか

が、すごく明確になると思いませんか?

 

 

「英語が話せる」というのも「ピアノができる」
と同じで、かなり曖昧です。

ゴールが明確じゃないと、とりあえず勉強しよう、
とりあえず留学にいこう、とりあえず英会話教室に
行こうといったような、私のように失敗の道にいく可能性もあります。

 

結果、かなり遠回りになるか、挫折するかの
どちらかの道にいくことになると思います。

なので、まずは「何のために話せるようになりたいのか」
自分に問いかけてみて下さい!

 

英語の5W2Hに当てはめるだけで、
明確になるのでおすすめです。

例)

●     WHY「将来CAになって海外を飛び回るために」

●     WHEN「大学卒業までに」

●     WHERE「家で」

●     WHO「ひとりで」

●     HOW「独学で」

●     HOW MUCH「英語面接でスラスラ話せるくらい」

●     WHAT「会話ができる」

 

目標

「CAになるために、大学卒業までに、独学で、

英語面接でスラスラ話せるくらいの英語力をつける」

 

この中でも一番重要なのが、WHYの部分です。

目的があるだけで、やるべきことが見えてきます

 

この例で言うと「CAになるため」と分かっているので

  • 最低必要なTOEICスコアのための勉強をしよう
  • 業界用語を英語で覚えよう
  • 丁寧な英語を学ぼう

と、やることも明確になりますよね。

 

逆に言えば、翻訳家のように

「英語から日本語へ、一語一句正しく翻訳するスキル」

はいらないですよね!

そういった「やらないこと」までも明確になるんです。

正しい英語を話そうと思っていませんか?

次に、挫折しがちな人の特徴として
「正しい英語にこだわりすぎる」ことが挙げられます。

 

考えてから話すため会話に追いつかず、
結果話せないって方、多いのではないでしょうか。

 

おそらく、英語をジャッチする人・正そうとする人がいて
自然と「正しい英語を話さなきゃ」と、がんばってしまうのが原因だと思います。

 

もちろん翻訳家や通訳になりたい人は、正しい英語が求められると思います。

でも最初から正しい英語にこだわることは
「英語を話せるようになる」過程で、一番の妨げなんです。

 

日本語から英語に訳してから発している方、要注意です!!

英語は英語で考える「英語脳」でやっていかないと
話せるようにはなりません。

 

 

また、

「英語を話せる」=「コミュニケーションが取れる」

ということだと私は考えています。

 

「正しい英語」よりも「自分の意見をきちんと伝えられるかどうか」の方が
何十倍も大切だと思いませんか?

 

考えてみてほしいんですが、ネイティブは
あなたが正しい英語を話せるかなんて全く興味ないですよね。

 

逆の立場になってみると、わかりやすいです。

外国人が道を聞いてきた時に
「この人、正しい日本語でしゃべってるかな?あ、今間違えたな?」
とか考えないですよね。

 

いちばん気になることは、
「その外国人がどこに行こうとしてるのか」という
「何を伝えようしてるのか」ですよね。

 

だから「伝えたいことを、伝えられるようになること」が
いちばん重要だと考えた時に
「正しい英語を話す」これは優先度を低くすべきなんです。

 

英語で伝える力をつけてから、
正しく直しても遅くないですし、むしろ、効率的です!

英語は100%「慣れ」なので、
正しい英語以外しゃべらないようにしていたら
おそらく話せるようになるまでに挫折してしまうと思います。

インプットばっかりしてませんか?

私は「いっぱい勉強しているのに話せるようにならない」という声を
ちょこちょこ聞きます。

もしかして、インプットばかりしていませんか?

 

結論からいうと、話す練習のための
アウトプットをしなければ、200%話せるようにはなりません

 

話せるようになりたいのに、
インプットばかりして話す練習をしないというのは
ダンス出来るようになりたいのに
プロダンサーの動画を見てるだけの状態と同じです。

 

練習しなければ、もちろん、できるようにならないですよね。

 

私もそうだったように、この当たり前のことが
当たり前に分からない人がけっこういると思うんです。

 

私は、留学している時、図書館でインプットばかりしてました。

自分が英語を話せないのは「勉強不足」だからだ、と決めつけて
アウトプットできる最高の環境をムダにしてしまいました

 

そして、なぜ私は、アウトプットの大切さに気づかなかったのか。

 

それは「環境が私を変えてくれる」
なんてことを本気で思ってたからです(笑)

具体的には「留学に行けば自然と話せるようになる」と。

 

ですから、もしあなたが
「勉強がんばってるのに、話せるようにならない!」と嘆いているなら、
インプットの時間の半分を、アウトプットの時間に当ててみてください。

どうアウトプットしたらいいの?

まず、留学や英会話教室を考えるまえに、
やってみてほしいことがあります。

 

それは、ひとりごとトレーニングです。

ひとりでも、どこにいても、できます!

 

ダンスでいう、自主練です。

ダンスが初めてなら、まずはリズムに合わせて
アップダウンすることから始めて、
リズムに慣れることから始めますよね。

 

英語の場合も、まずは「英語を発する」ことに慣れなければいけません

なので、英語に慣れるために、ひとりでしゃべってみてください。

 

これからご飯を食べるなら

「What should I eat?」

 

サラダを作ろうとしているなら

「Let’s make an Italian salad!」

 

など、簡単なことから初めて
慣れてきたら徐々に「5W2H」の要素を追加して
長文を発することに慣れていくようにするんです。

 

I want to make an Italian Salad so I need to get the recipe before I start cooking.

 

  • 「いつ」料理を始める前に
  • 「なにを」レシピを

 

そしてこれを3ヶ月間徹底的に家でやってみてください。

そうすると、「あれ?私もしかして英語話せてる?」
って気づけると思います。

 

最初は本当に?って疑うと思いますが
言葉を発するというのも「慣れ」なので
「慣れ」てしまえば良いだけなんです!

 

逆に言えば、

「慣れ」なしには話せるようにはならないのです。

 

ただし、さっきもお伝えした通り、
「英語脳」を意識しなければ、ペラペラにはなれません。

 

最初はむずかしいと思いますが、
「日本語で考えない」を徹底してみてください!

 

まとめ

この記事のポイント

  • 5W2Hで目標設定をする(特に目的は重要)
  • 正しい英語にこだわると一生話せるようにならない
  • インプットしてるだけでは一生話せるようにはならない
  • 「ひとりごとトレーニング」を3ヶ月やると、
    英語が話せていると実感できる

 

 

私は映画で聞こえたフレーズを、
「リズム・発音・イントネーション」を真似しながら
何度も反復練習していました。

そして、それを「ひとりごとトレーニング」で、
アウトプットするようにしていました!

 

挫折した私を変えてくれたのがこの「ひとりごとトレーニング」なので
ぜひあなたにもトライしてみてほしいです!

そして、少しでも話せるという実感を得てほしいですし
「必ず英語は話せるようになるんだ」って知ってほしいです。

 

がんばってくださいね!応援しています。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です