【解説!】英会話を独学で習得する今日からできる3つの方法

東京オリンピック・パラリンピックが
いよいよ来年に迫り、
2025年には大阪万博の開催も決定しました。

気が付くと街に
外国人観光客が増えてきて、
英語が話せないことに
焦りを感じている方も多いのでは!?

流暢な英語で
道案内する日本人を見かけると、
尊敬の眼差しで見てしまいますよね。

通訳なしで海外旅行をしてみたい!
という方もいらっしゃるかもしれません。

 

私はというと、両親の勧めもあり、
幼い頃から英会話教室に通っていました。

学校の成績も悪くなく、
英語には自信があったのです。

ところが、高校生の時に初めて
旅行したアメリカで「How are you?」
さえ聞き取れませんでした。

相手は私が英語を話せないことを察し、
もう一度ゆっくりと
話してくれてようやく理解できたのです。

しかし、

「アイム ファイン サンキュー。アンド ユー?」

という私の返事に対し、
相手は苦笑い…。

「もっと英語を上手に話せたらよかったのに」
と泣きそうになり、初めての
海外旅行も苦い思い出に
なってしまいました。

 

帰国後は、
「ちゃんと話せるようになりたい!」
と一念発起。

しかし、英語教室へのモチベーションを
失ってしまい、何とか自力で
英会話ができるようになる方法を
模索しました。

 

その結果現在は、
TOEICテストで985点を取得。

1人で海外旅行に行き、
多少のトラブルにも対応できる
くらいの英語力を身に付けています。

 

今回は、そんな私が実際に試し、
効果のあった英会話学習法を
ご紹介したいと思います。

 

独学勉強法:英文法の基礎固めをする

中学校3年間の英文法を完璧にしよう!

最初に手を付けたのが、
基礎中の基礎、「文法」を
振り返ることでした。

理解はしていたつもりだったのですが、
いざ英語を話そうとすると
頭に浮かばないのです。

そこで、中学文法に
特化して取り組みました。

 

3つのポイントを押さえよう!

さあいざ勉強!と思っても、
範囲が広すぎてどこから手を付けようか…
と思ってしまいますよね。

そんな時は、まずこの3つを
押さえるようにしましょう。

  1. 5文型
  2. 時制
  3. 一般動詞とbe動詞の違いと役割

 

具体的に説明すると、

・5文型 

→SV、SVO、SVC、SVOO、SVOCの5つ。

「あー、そういえばこんなのやったなぁ。」
という感じのアレです。

なんとなく流してしまいがちな
このパートですが、英文を作る上で
ここを理解しておくことはとて重要です。

例) [S+V] I eat.  私は食べる。

   [S+V+O] I eat an apple.  私はリンゴを食べる。

   [S+V+C] It is an apple.  それはリンゴである。

   [S+V+O+O] I give my brother an apple.  私は兄にリンゴをあげる。

   [S+V+O+C] I make my brother happy. 私は兄を幸せな気持ちにする。  

 

・時制

→「いつの話なのか」はとても大事です。

現在形、過去形、未来形、
日本人が最も苦手とする完了形。

しっかり理解すると、
会話を広げていくことができますよ。

例) [現在形] I eat an apple.  私はリンゴを食べる。

   [過去形]  I ate an apple yesterday. 私は昨日リンゴを食べた。

   [未来形]  I will eat an apple tomorrow. 私は明日、リンゴを食べるでしょう。

   [現在完了形]I have just eaten an apple. 私はちょうど英語を食べたこところだ。

 

・一般動詞とBe動詞の違いと役割

→go, do, eat などが一般動詞、
am, is, areなどがbe動詞です。

この2種類使い方をマスターできれば、
英会話がスムーズに上達します。

例) [一般動詞] I go to school. 私は学校に行く。 ←動作を表す。

   [be動詞] I  am at school. 私は学校にいる。 ←位置や状態を表す。

 

NHK「基礎英語講座」がオススメ!

押さえるポイントが分かった
}ところで、次は教材です。

 

私がお世話になったのが、
NHKの「基礎英語講座」!

語学のプロが作成したカリキュラムで、
短時間ながらものすごく
わかりやすく解説してもらえます。

 

特にラジオの基礎講座は
毎日朝の支度をしながら
聴くようにしました。

テレビのように画面を
見ていなくても、耳から
「ながら」で学習できるので
オススメです。

そして1日の中で何度か、
その日学んだフレーズを
振り返るようにします。

 

約1年聴き続けた結果、
英文の組み立て方が
理解できるようになり、
シンプルな日本語であれば
一瞬で英文に直せるように
なりました。

 

独学勉強法:海外ドラマを見る

おすすめは「フレンズ」!

次にリスニング強化のため、
海外ドラマを見ることにしました。

私が選んだのは、
初の海外旅行中に
たまたま見た「フレンズ」
というドラマです。

最初は何を喋っているのか
さっぱり理解できなかったのですが、
その楽しそうな雰囲気に惹かれたのです。

日本でも放送されていたので、
ご存じの方の多いのでは。

 

当時はレンタルビデオ店で借りるしかなく、
手始めに第1シーズンを
レンタルしてみました。

内容を理解するために、
日本語字幕で1回視聴。

結果、ドはまりしたのです。

 

返却までの1週間で、
10回は見たかと思います。

毎日、夕飯を食べながら
見ていました。

5回も見ると内容も暗記できたので、
6回目以降は英語字幕で。

無理に英語字幕を追わなくても、
登場人物が話している内容が
何を意味しているのかがわかれば、
まずはそれでOKとしました。

 

「フレンズ」は1話約20分、
内容も1話完結型で難しくないので
オススメです。

現在はHulu等の動画配信サービスでも
見ることができるので、
気になった方はぜひチェック!

 

何度も何度も繰り返し見よう!

英語で話す登場人物のセリフを
理解するためには、
ドラマの内容を正確に
把握しておくことが必要です。

正確に内容を把握するためには、
何度も何度も、繰り返し見ること。

日本語で次のセリフを
予想できるまでになれば、
完璧です。

私の場合、1エピソードにつき
10回は見ました。

 

ネイティブ並みの発音に!?

10回目に見るころには、
好きなキャラクターのセリフを一部、
自分でも口に出してみることに
していました。

すべてのセリフを拾う
必要はありません。

心に残ったフレーズだけ、
英語字幕を見ながら
キャラクターの真似を
して言ってみるのです。

 

海外ドラマから学ぶことで、
感情のこもった表現を
身に付けることができます。

これにより、英単語が持つアクセントや、
音のつながり知ることができ、
ネイティブの話し方に近づくのです。

 

この学習法は今も継続しているのですが、
VHSがほぼ絶滅してしまった今、
お風呂にタブレットを持ち込んで、
湯船につかりながら見るようにしています。

 

独学勉強法:日記を書く

シンプルな内容でOK!

最後に取り組んだのが、
英文で日記を書くことでした。

枕元に小さなノートとペンを置いて、
寝る前の10分を日記タイムにあてました。

 

日記というと、
1日の出来事を振り返って、
その時の感情を書き綴るという
イメージがあるので、
なんだか難しそうですよね?

 

でも書く内容は、
シンプルなものでOK。

1行でもいいのです。

 

例えば、

「電車の中でお年寄りが
立っていたので席を譲ってあげたら、
『ありがとう』と言いながら飴をくれた。
ちょうど風邪気味で喉が
イガイガしていたのもあり、嬉しかった。」

という出来事を書きたい場合、

「席を譲る」?

「風邪気味」?

「喉がイガイガ」?

と、わからない表現も
でてくるかと思います。

ここで挫折しないで!

 

そんな時は、
できるだけシンプルに、
簡単な表現に直すようにしましょう。

「電車の中でお年寄りが立っていた。
私は立った。お年寄りは
『ありがとう』といった。飴をくれた。
私は風邪をひいていた。嬉しかった。」

 “An old man was standing in the train.
I stood up. He said “Thank you.”
He gave me a candy.
I have a cold. I was happy.” 

という風に。

 

完璧な日記にしない

英文だけ読むと、
補足しないとわからない部分も
でてきます。

でも、完璧な文を作るために
いちいち調べていると、私の場合、
かならず挫折すると思いました。

なので、

「たとえ間違っていたとしても
採点されるわけじゃないし」と開き直り、
どうしても知りたい単語があれば、
その時は調べて書くようにしました。

 

3カ月続けてみると、
日本語の文をシンプルに
考える癖がつき、

半年続けると、
日記を書く時間が半分になり、

1年続けると、
知っている単語量が
3倍以上になっていました。

 

試してみて、英会話を習得してよう!

周りを見渡してみる

出勤で利用する駅で、
出かけた先の観光地で、
外国の方を見かけることは
ありませんか?

もしくは、職場に外国の方が
来られることはありませんか?

日常生活の中で、
英語を使える機会がないか、
少し振り返ってみましょう。

 

私の場合、当時アルバイトをしていた
カフェに週に1度は
来店される女性がいました。

外国の方だというのは
わかっていたのですが、
話しかける勇気が持てず、
いつも英語を話せるスタッフに
対応をまかせていたのです。

 

思い切って話しかけてみる!

ある日、毎日の英語学習を
通じて少しずつ自信を持ち始めた私は、
思い切って話しかけることにしました。

初めての会話は今も忘れません。

 

“Are you ready to order?” 

“Yes. Can I have a coffee?”

 

「ご注文はお決まりですか」

「はい。コーヒーでお願いします。」

 

自分でも驚くほど、
スムーズに出てきました。

そして、
まったく問題なく聞き取れました。

 

自分の英語が通じる嬉しさを、
これほど実感した日はありません。

 

その日以降、
彼女が来店されるたびに
必ず2~3分は会話するようになりました。

学生だということや、
将来のこと、英語の勉強を
していることなど。

 

分からない単語は、かみ砕いて伝えよう

会話をしていると、
わからない単語もでてきます。

そんな時は、
かみ砕いて伝えるように
してみました。

 

例えば、会話のなかでどうしても
「ウニ」という単語が
出てこないことがありました。

何とか伝えられないかと、

「海の中にいて、
黒くて、ボールみたいに丸くて、
硬くて、触ると痛くて…」

と連想ゲームのように
話しているうちに、

「ああ、ウニ(sea urchin)ね!」

と教えてくれました。

 

例えば日本人同士でも、
小さな子供に「○○って何?」と
質問されて答える際に、
かみ砕いて説明することが
ありますよね。

同じように、知らない単語でも
それに結びつく情報を
自分の知っている単語を
使って伝えることで、
向こうから教えてくれるのです。

 

積極性は英語上達の近道

最初は英会話に自信がなさすぎて、
明らかに困っている外国の方に
すら声をかけることを
ためらっていました。

でも、学んだことはアウトプット
しなければ本当の習得になりません。

ニコッと笑いかけるだけで、
向こうから話しかけてくれる
こともあります。

是非、積極的に英語を話す機会を
持っていただきたいですね。

 

まとめ

1.まずは中学校3年間の英文法をマスターしよう!

2.海外ドラマは

日本語字幕で5回視聴

  ↓

英語字幕で5回視聴

  ↓

10回目にはキャラクターのセリフをまねしてみる

 

3.シンプルな英語で、日記を書いてみよう

 

最後に

ご紹介した3つすべてに
共通していることが、
「継続」することです。

でも、これが一番難しいんですよね…。

 

私も英語学習以外は
3日坊主だったので、
続けることの大切さも、
難しさもわかります。

 

続けるためのコツは、

「楽しむこと」

楽しんで毎日の生活習慣に
組み込めれば、
続けやすくなります。

NHKラジオを朝の支度中に、
海外ドラマを夕食中に、
日記を寝る前に。

私はこのパターンでしっくりきましたが、
習慣に組み込むまでには
かなり試行錯誤しましたし、
最初から毎日ちゃんと
できたわけでもありません。

 

まずは3日間、
自分の生活スタイルに
取り入れてみてください。

それができたら5日間、
1週間、1か月…と少しずつ
のばしていきましょう。

もし1日忘れてしまっても、
そこであきらめないで!

次の日にやればいいんですから。

 

積み重ねは確実に
あなたの力になります。

独学で身に付けた英会話で、
英語ライフを楽しんでくださいね!

 

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です