「英語脳」になるための秘密とは?誰にでもできるって本当?

「英語脳」って聞いたことありますか?

 

Webで「英語脳」と検索すると実に多くのサイトがヒットします。

 

「英語を話したい、もっと上達したい!」
と思っている方なら一度は聞いたことが
あるのではないでしょうか。

 

今回は、

 

◆ポイント①:【基礎知識】・・・「英語脳になるってどういつこと?」

 

◆ポイント②:【方法と実践】・・・「どうしたら英語脳になれるの?」「これなら私にもできるかな?」

 

この2つのポイントを踏まえながら、
英語脳を手に入れるための秘密について紹介したいと思います。

 

 

「英語脳」になるってどういうこと?

英語脳とは、読んでそのままの意味で、
頭の中が日本語ではなくて、英語になるということです。

 

多くの方が英語を話すときには、
日本語⇒英語、聞く時には、英語⇒日本語、
へと頭の中で訳しませんか?

 

そうすることで、
どうしても時間がかかると思いませんか?

 

スムーズな会話をするためには、
頭の中で翻訳することをやめることです。

 

そうです、英語を英語で考えて、英語で話をするのです。

 

『そんなの無理じゃんっ!?』 
という声が聞こえてきそうですが。。。

 

英語脳を手に入れるための秘密は、
何も難しいことばかりではありません。

 

次に実際に私が英語脳を手に入れた
ステップを紹介したいと思います。

 

英語脳になるためのステップは?

私は高校生の時に1年間アメリカに留学しましたが、
初めの3か月はさっぱりわかりませんでした。

 

まずもって、ネイティブの話すスピードに
ついていくことができませんでした。

 

しかし、そんな私にも英語脳になる
第一歩を踏み出すきっかけがありました。

 

学校で先生が毎日宿題を出すので、
毎日同じフレーズを聞いていると、

“This is your assignment for today.”

と聞こえたら、

「あ!assignmentって言ってるな。
宿題のことだ!」とわかるようになってきました。

 

そして、

 

your assignment

your assignment for today

This is your assignment for today.

 

というように、聞き取れた単語から
少しずつ文章全体をつかめるようになっていきました。

 

ここで大切なポイントは、
頭の中で日本語に訳さないということです。

 

もっと具体的に言えば、
語順を日本語の順番に変えないということです。

 

イメージでとらえると・・・

 

このように、語順をわざわざ日本語の順番で変えて、
さらに日本語に訳していませんか?

 

英語脳への第一歩は、

 

そうです、英語の語順のまま文章を
とらえるということです。

 

最初のうちは、
単語を日本語に訳しても良いです。

 

ただし、語順を変えないということに気をつけて、
四角で囲ったように、ことばをかたまりでとらえる
ようにしてください。

 

初めは、短い文章からで良いので、
慣れてくると、だんだんと長い文章も
とらえられるようになります。

 

そして、会話する時に頭の中で考える時間が短くなるので、
スムーズな会話のキャッチボールができるようになってきます。

 

実際に英語脳になるためには?

具体的にどのように学習するのかというと、
次の例文を見て下さい。

 

友だち同士でカフェにいく約束をするシーンです。

 

A: Hi! How are you doing? (やぁ! 元気?)

 

B: I’m good! Are you free this Friday morning?

 (元気だよ。今週の金曜日の朝ひま?)

 

A: This Friday? Yeah, why?

(金曜? いいよ、なんで?)

 

B: Let’s grab some coffee! I want to try a new flavor late.

(コーヒー飲みにいかない?新しい味のラテを飲んでみたいんだけど。)

 

A: Sounds nice! What time?

(いいね! 何時?)

 

B: How about 9? 

(9時でどう?)

 

A: Sure. See you then! 

(うん、いいよ。じゃ、金曜に)

 

◆ポイント①:フレーズで覚える◆

 

このやり取りで、赤色下線をひいたところが、
フレーズのかたまりです。

 

あとは、誰が、いつ、何を、どうして・・・に
あたる箇所は、その時々によって入れ替えれば良いのです。

 

アイデアノートを作って、
書きだすことをおすすめします。

 

例えば、Are you free this Friday morning? であれば、

 

◇Are you free on Thursday? (木曜日ひま?)

When are you free? (いつひま?)

 

のように、赤字のところを入れ替えて
文を作る練習をします。

 

また二つ目の例文のように、
When やWhatなどの5W1Hの疑問詞を使って
違うパターンの質問を考えてみるのもよいですね。

 

さらには、それぞれの受け答えについてもより効果的です。

 

 

◆ポイント②:そのまま覚える◆

 

次に、青色の文字のところは、
そのまま覚えて使ってみてください。

 

あいさつの時は・・・Hi! How are you doing?

 

いいね!は・・・・Sounds nice!

 

と、自分でパターンを決めると良いでしょう。

 

◆ポイント③:単語のままでも使える◆

 

そして、 This Friday? Yeah, why? は、
親しい友だち同士の会話では、
単語だけでも語尾を上げるだけで質問になりますので、
取り入れやすいのでぜひ使って下さい。

 

当然ですが、ビジネスではだめですよ(笑)

 

 

以上、この会話からは3つのポイントに分けて学びました。

 

大切なのは、単語を言い回しやフレーズのかたまりで覚えて、
パターン化することです。

 

英語脳になるためには、
ことばのパターンをたくさん覚えるということです。

 

こちらの動画は英語で考えるステップを
わかりやすく説明されています。

 

参考にしてみてくださいね。
英語脳を鍛える方法!英語を自然に話せる5つのステップ – YouTube

 

英語脳になるために大切なことって?

英会話スクールに行くことや、
オンライン英会話レッスンを受けることは、とても大切です。

 

自分一人では、英語力は伸びません。

相手あってこそ、上達します。

 

しかし、スクールなどで学ぶ以外でも大切なことがあります。

 

英語脳を手に入れるための具体的な
アドバイスをしたいと思います。

 

英語脳をつくるための「環境づくり」

 

英語脳になるために大切なことは、
普段の周りの環境を英語にしていくということです。

 

強制的に英語のみの環境をつくるという点においては、
実際に海外に住んだり、語学留学が一番の近道かもしれません。

 

しかし、誰でもできるかというと、
そうではありませんよね。

 

日本にいながら環境を整えるというのは、
可能な限り、英語に触れる環境を作るということ
ではないでしょうか。

 

例えば、具体的にいうと・・・

 

①スマホの使用言語の設定を英語にする

 

②手帳やメモを英語で書く

 

③スマホなどの音声認識システム
(OK google やHey Siriなど) に英語で話しかけてみる

 

④英語でひとり言を言ってみる

 

⑤日記のようなジャーナルを英語で書く
(自分が話してみたい話題について書いてみる)

 

これらの方法は、ほんの一部だと思います。

 

とにかく、日本は国際的にはなってきたとはいえ、
まだまだ英語を日常的に使う環境ではないので、
できるだけ自分で環境をつくりだすことが何よりも大切です。

 

英語脳になるための「決意」

 

子どもがことばを覚えていく過程で
完璧な子どもっていますか?・・・いませんよね。

 

子どもは、聞いて覚えた新しいことばを、
「なんとなくこう使うのかな?」と思いつつ、
どんどん使って、間違って親が正しい言い方を
教えてあげると、次々に覚えていくと思います。

 

英語でも同じように、どんどん使って、
まちがえて、そして覚えていく・・・
この繰り返しが上達の一番の早道です。

 

ですから、英語を上達するためには、
間違うことを恐れない決意がとても大切です。

 

伝える気持ちは、相手に必ず伝わります。

 

まとめ

今回は、英語脳になるための秘密について紹介しました。

 

今回紹介した内容がすべてという訳ではありませんが、
初級から中級、そして上級者への道のりには、
『英語を英語で考える英語脳』を手に入れることが
大切だということです。

 

そして、それはとても難しいことではなく、
簡単な単語から始めるということです。

 

また、身近な周りの環境に英語を取り入れて、
まちがうことを恐れないで、たくさん練習して下さいね。

 

ぜひ、最初の一歩を踏み出して、
英語脳を手に入れてくださいね。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です