英検5級の単語数とレベルはどのくらい?楽しい覚え方が合格へ導く

「英検5級で出る単語って、どれくらいのレベルなの?」

「合格するためには、何単語をおぼえる必要があるの?」

 

 

これから受験する予定の人、
英検5級を受けるか迷っている人、本番直前の人は
こんな疑問をお持ちだと思います。

 

 

わたしの甥は(インター)卒園前に、
英検5級に合格しましたが、
姉から同様の相談をされたことがあります。

 

結論から言うと、
英検5級は「初歩的な英語力があるかどうか」を
判断するためのテストなので
初歩的なレベルがあれば合格します。

 

ただ、これだけだと「初歩的なレベル・・?」と、
あいまいで分かりにくいですよね。

 

 

今回は、これから英検5級を受ける人のために

  • 合格に必要な単語数
  • 合格に必要な単語のレベル
  • 出題される単語の種類について
  • 単語の覚え方

を分かりやすくご紹介します。

 

これを読むと「これからどんな勉強すれば良いのか」の
イメージがつくと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

英検5級|合格ラインと単語問題

単語数やレベルの話に入る前に
再度、合格ラインを確認しておくと、
ずばり、英検5級に合格するためには
約65%の正解率(50問中32問)が必要です。

 

そしてその中でも、

  • 単語問題がでる場所
  • 単語問題は何点分あるのか

は気になるところですよね。

 

把握しておくと「あ!ここで単語の問題がでるんだ!」と
リラックスして問題が解けますし、
今後の勉強にも活きると思うので、一緒にみてみましょう!

 

特にどのへんで単語力が問われるかというと
この「大問1の穴埋め問題」です。

 

っていきなりでしたね!(笑)

※英検公式サイトより引用

大問1は、全部で15問。

そして、そのうちの半分が単語問題です。

 

合格のために正解しなけれいけない32問のうち
ここの7〜8問は、確実にとりにいきましょう!

 

英検5級|合格に必要な単語数

単語の勉強をしはじめる前に、
「どれくらいの単語を覚えるべきか」を把握しておきたいですよね。

 

英検にも「戦略」がありますから、
しっかりと計画していきましょう!!

確実に合格するために必要な単語は、600単語です。

 

 

もちろん、覚えた600単語が、英検5級に
特化している単語かどうかにもよるので
目安として覚えておいておくと良いと思います。

 

ちなみに「300単語でも合格できる」というような声も聞きますが、
これだけだと、回によっては合格ラインをさまよう気がします。

 

ですから、合格ラインギリギリ超えなかった
なんていう悔しい思いをしなくて済むように
最低でも400単語は必要だと思っておくことを、おすすめします!

 

また、「かならず合格するんだ」という強い気持ちがある人は
がんばって600単語おぼえましょう。

600単語覚えたら次の4級5級にも活きるので、素晴らしいです。

英検5級|合格に必要な単語レベル

気になる「単語のレベル」ですが、
英検公式サイトをみてみると
5級は「中学初級程度」と書いてあります。

 

中学1年生で学ぶ単語数は「600単語」。

 

なので、中学1年生で学習する単語をマスターできれば、
まず合格できると言えそうです。

小学校低学年やそれ以下の年齢で
5級を考えると、少しむずかしいかな?と思う方も多いはず。

 

でも、わたしの個人的な意見ですが
やり方次第で、たのしく勉強できれば
十分、合格が実現可能なテストだと思います。

 

実際、私のおいっこも、最初は字を読むのに苦労していましたが
最終的には楽しく勉強ができて合格したので
だれにでも合格できるものです。

 

英検5級|重要な単語一覧

てきとうに、600単語を覚えても、合格できるとは言えないですよね。

 

まずは「よく出る重要な単語」から覚えて、
合格ラインに到達できるか、過去問でチェックしてみましょう。

 

「よくでる単語」から覚えたほうが効率がいいのは分かるけど
「よく出る単語ってどんなの?」って疑問になりますよね。

 

単語をみる前に、英検5級で使われている「題材」をチェックして
まずはイメージをふくらませましょう。

※英検公式サイトより引用

 

なんとなく想像できましたか?

 

そして、出題される品詞はこの7つです。

  1. 一般動詞
  2. 名詞
  3. 形容詞
  4. 疑問詞
  5. 代名詞
  6. 副詞
  7. 前置詞

 

さっきお伝えした、英検5級で扱う
「場面」で使われる単語のうち
この7つに当てはまる単語が、重要ということになります。

 

つまり、「家・学校・お店・電話」で使われる
「動詞・名詞・形容詞・疑問詞・代名詞・副詞・前置詞 」いずれかの単語が、
もっとも重要ということです。

ひとつ、例を見てみましょう。

※英検公式サイトより引用

この問題は、

  • 場面→お店
  • 問われている単語→形容詞「much」

ですよね!

 

 

このように、問題は
シチュエーション ✕ 品詞
で構成されているので、
この「4つのシチュエーション」と「7つの品詞」を、
まずは、頭に入れておき、覚えていきましょう。

英検5級|単語の覚え方

単語をおぼえる時にたいせつなこと
まず最初に大切なことをお伝えさせてください。

 

勉強は、たのしくやらないと、なかなか頭にはいりません。

逆に、たのしくやると、単語はすぐに覚えられます。

 

どんな勉強でも、簡単にたのしくやるコツがあります!

それは「スタンプカード」を作ることです!

 

流れとしては

  1. まずは計画を立てる
  2. ひとつ達成したらスタンプを押す
  3. あとはコンプリートを目指す

 

そうすることで、

 

  • どれくらいの単語を覚えたか
  • あとどれくらい覚える単語が残っているのか

 

が分かり、モチベーション維持にもつながるのでおすすめです!

 

1日に覚える単語数

 

これから600単語を覚えていくことになると思いますが
600単語って聞くと「えーそんなに多いの?むりだよ」ってなりますよね。

 

でも大丈夫、「1日10単語」覚えるだけでも、
2ヶ月間つづければ600単語覚えられます。

 

そう聞くと、できそうな気がしてきますよね!

そうです、できるんです。

 

忘れない単語の覚え方

 

せっかく覚えた単語を、試験当日までに忘れてしまうリスクをなくすため、
インプットしたら必ずアウトプットをしましょう。

 

アウトプットをすることで、圧倒的に頭に定着します。

 

まず、インプット方法ですが、「フラッシュカード」がおすすめです。

※Youtubeで検索すればいくつも出てきます。

 

なぜ、おすすめなのかと言うと、
このフラッシュカードは、絵とあわせて覚えられるからです。

絵と覚えると、楽しいだけでなく「英語脳」も作れます。

 

「英語→日本語」「日本語→英語」のように
日本語に訳すおぼえ方は、本当におすすめできません。

 

この「日本語に訳す」を癖にしてしまうと、
将来、英語を話すことが難しくなるリスクもあるからです。

 

かならず、英語はイメージで覚えるようにしましょう。

 

では次に、アウトプットの方法ですが「英単語カルタ」がおすすめです!

 

「絵+英単語」を見て、声に出す方法です!

こちらも日本語に訳さないように注意してくださいね。

 

英単語カードのダウンロードは海外サイト
カテゴリごとにダウンロードできるので
苦手な単語の対策ができて良いです。

 

 

まとめ

この記事のポイント

  • 合格するには65%の正解率が必要
  • 600単語おぼえる
  • 10単語✕60日=600単語
  • 日本語に訳さない。英語はイメージで覚える
  • たのしくやらないと単語はおぼえられない
    • インプットは「フラッシュカード」
    • アウトプットは「英単語カルタ」

 

英検を受ける目的は、
ステータスや自分の英語力を試すなど、さまざまだと思います。

 

私がいちばん伝えたいことは、
「せっかく勉強するなら楽しくやろう」っていうのが、ひとつ。

そして「使える英語を学ぼう」っていうのが、もうひとつです。

 

「せっかく勉強するなら楽しくやろう」

楽しく勉強する子と、楽しくない勉強を我慢してやる子を比べると
圧倒的に、前者の方が、上達スピードが速いんですよね。

中には楽しくないこともあるかもしれませんが
できるだけ「楽しもう」と心がけるだけでも変わると思いますので
ぜひ、楽しんで勉強してくださいね!

「使える英語を学ぼう」

日本語を使わない英語勉強法は、英会話に有効です。

英語を英語で理解することを、「英語脳」といいますが、
この「英語脳」は、英語を話せるようになるために必ず必要になります。

せっかく勉強するんだったら、使える英語を学べたら最高ですよね!

応援しています。がんばってくださいね!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です