【北大生が紹介】受験生にオススメ参考書を紹介!DUOとVintageを使って英語を感覚的に身に付ける!

こんにちは、北大生のyuuです。高校生のとき、私はとある2冊教材を徹底してやりこみました。それまではモチベーションも低く何をすればいいのか、全く分からない状態でしたが、2冊の参考書を実践したらみるみると英語の感覚が身に付いていきました!

この記事をよめば英語の入試問題などをフィーリングで解くことができるようになります。英語を感覚的に扱えるようになります。

オススメ参考書

高校生のとき、私はとある2冊教材を徹底してやりこみました。それは、「DUO3.0」と「Vintage」です。

DUOはご存知の方も多いと思いますが、560本の英文をを覚えるだけで、約2600の単語と熟語がマスターできます。そしてVintageは、文法・語法・イディオム・会話表現・語彙が、選択問題や穴埋め問題形式で網羅された教材になっています。私は高校の3年間、この2つの教材しかやっていません。

センター試験や大学二次試験の過去問は実践としてやりましたが、英語の基礎力を身につける教材として使ったのは、DUOとVintageだけです。にもかかわらず、北海道大学に現役合格することができました。

同じくDUOとVintageをやりこんだ同級生の中には、東京大学・京都大学などの名門国立に合格した人もたくさんいます。この2冊をやりこむとなぜ良いのか。

それは、「受験英語力」ではなく、「実際に使える英語力」が身につくからだと私は思います。言い換えるなら、入試問題をフィーリングで解くことができる力がつきます。

この記事では、「実際に使える英語力」が身につく、DUOとVintageのオススメの使い方を紹介していきます。

DUOとVintageの使い方

オススメの使い方、とは言いましたが、実際に気をつけて欲しいことは次の3点のみです。1スキマ時間でコツコツやること2「頑張って覚える」のではなく「聞いてしゃべってなんとなく覚える」こと3教材をボロボロにする1点ずつ詳しく説明していきます。

スキマ時間をうまく活用する

1スキマ時間でコツコツやること。これは英語だけではなく、他の教科や資格などの勉強にも言えることだと思います。学生なら授業や部活、社会人の方であれば仕事で忙しい毎日を送っているでしょう。

その忙しい中で何かを身につけるには、通勤・通学などのスキマ時間をうまく利用するしかありません。

DUOは文庫本サイズなので、持ち歩きに便利です。Vintageは少し大きいですが、1問解くのに30秒もかからないので、スキマ時間にたくさんの知識を吸収することができます。

どちらの教材にも、音声CDがありますので。iPodなどに入れれば、外で聞くことも可能です。

聞いて話してを繰り返す

「頑張って覚える」のではなく「聞いてしゃべってなんとなく覚える」こと初めてのことを覚えるというのはきついものです。

ましてや母国語ではないのですから、必死で覚えようとすればするほど、英語が遠い存在に感じ、途中で挫折してしまうでしょう。

だから、頭を使うのではなく、耳と口を使うのです。DUOはまず、CDで英文の音声を聞きます。そのあと、その音声をまねて言ってみます。このとき、英文の意味はなんとなく理解している程度で十分です。

単語の意味一つ一つを正しく覚える必要は全くありません。これを繰り返すことにより、以下のような良いことがあります。・英文がスラスラと口から出てくるようになる・英文を聞いただけで、その英文や単語がもつニュアンスがわかるようになる・単語の意味を、覚えた英文から思い出せるようになる・正しい発音とアクセントが身につくさすがに、通学中の電車で英語をしゃべるのは恥ずかしいでしょうから、これは家などでやるのをオススメします。

通学中は、音声を聞きながらDUOの英文を見るだけにしておきましょう。これだけでも十分に効果はあります。

Vintageも、問題の例文を聞いてしゃべるのは効果的です。ですが、DUOほど本気で英文を覚える必要はありません。

それよりも、問題を素早く、たくさん解くことを優先してください。これも一問一問完璧に理解しようとしないでください。なんとなく理解してください。「なんとなく」を積み重ねていけば、文法を感覚で理解できるようになります。

参考書を繰り返し見て、ボロボロにする

参考書をボロボロにする雑に扱え、と言っているわけではありません。ボロボロになるまで、DUOとVintageをやり続けろ、ということです。

英語は言語ですから、毎日少しずつでも触れていないとすぐに忘れます。完璧に覚えたからもういいや、となってはいけません。英語の基礎が詰まりに詰まったDUOとVintageに洗脳されてください。

そうすれば、英語をより感覚的に理解できるようになります。

受験用にと紹介しましたが、DUOとVintageは、TOEICやTOEFLで点を稼ぎたい人、英検を取りたい人にも強くオススメします。日常的に英語を扱えるようになりたい人にも、とても良い教材になります。

くれぐれも、頑張って覚えようとしないでください。もうマスターしたからといって途中でやめないでください。なんとなくフィーリングで、ボロボロになるまで続けてください。

この記事が、英語を頑張りたい皆さんのお役に立てることを願っています。

まとめ

英語を感覚的に身につけたいなら、DUOとVintageだけをやりましょう。使うポイントは、①スキマ時間でコツコツやること②「頑張って覚える」のではなく「聞いてしゃべってなんとなく覚える」こと③教材をボロボロにするの3点です。

どれも今日からすぐに実践できるのですぐにでも試してみて下さい!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕はハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です