英語で会話ができるようになるコツ

 

こんにちは、ミキです。この記事を最後まで読めば、英語がとても苦手という人でも簡単に英語が話せるようになります。また、中高英語を勉強してきたけど英語を話せないという人もすぐに話せるようになります。

英語できず色んな勉強法を実践

私は現在、大学4年生で台湾に交換留学中で英語で授業を受けており、友達とのコミュニケーションも基本的に英語で行なっています。

ですが大学1年生の頃はThis is a penの意味すらわかんなく、be動詞てなにというような状況でした。そこで始めたのが中学英文法を最初から勉強し、なんとなく理解したところで瞬間英作文という本を覚えるまでなんども実践しました。

この本はとても簡単なこれはペンです。というような日本文を瞬時に英文化するというものなのですが、一見簡単そうに見えてかなり難しいです。

出てくる単語、文法共に中学生レベルの物ですがそれを瞬間的に英文化するのが日本人の苦手な部分とも言えるのでかなり効果的です。

さらに瞬間的に英文化ができるようになれば、後は知っている単語を入れ替えて使っていくだけなのでシンプルかつとても効果的な英語の勉強方法だと思います。

私もこの方法で約半年で英語が少し話せるようになりました。

半年で英語が話せるようになった理由

英語が少し話せるように理解できるようになると次はディズニーアニメなど比較的簡単な単語や文法を使う子供向けの映画を何回も何回も見て真似したり、好きな洋楽を歌えるまで練習したりすることによって日本人の苦手なリンキングが自然とわかってきます。

特にこのリンキングが出来るようになるととても流暢な英語に聞こえ、英語が上手に見えるのでオススメです。私も机の上でじっと勉強をするのはとても苦手なので映画や音楽などの趣味を通して楽しみながら英語を勉強するのが何よりもオススメです。

特に英語の会話の場合はそこまで難しい文法は求められておらず、文法が間違っていても相手に通じるので間違えを恐れて話さないことが一番の英会話の成長の妨げになります。

なのでとりあえず話す勇気を持つことが一番重要です。あと知ったかぶりも良くないです。分からないなら分からないと聞くことにより相手も鬼じゃないのでなんとか説明してくれます。

またそういうエピソードがあれば単に単語帳を見て覚える単語よりもより印象的に覚えられると思います。

私の場合は台湾ということもあり英語を簿言語として使う人はほとんどいない状況ですがみんな発音や文法が凄いですが勉強してきた経験もあるので親切にいろいろ教えてくれます。

英語はいろんな世界の人とコミュニケーションを取るツールなので少しでも話せるようになるだけで自分の世界が変わるので是非諦めずにチャレンジしてほしいです。

まとめ

日本人の英語に対する考え方を少し変えるだけで英語を勉強、話すのがとても楽しくなり、世界が広がればいいと思います。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です