「トキめいた」は英語で何という? 色んなトキメキを表す英語表現

日常生活のなかで、ふとトキめいたり、
心臓がドキッとしたりする場面は
たくさんありますよね!

 

「カッコイイ人を見てドキッとした!」や、
「可愛い服を見つけてトキめいた!」など、
恋愛感情だけに限らず色々ありますよね。

 

この記事では、そんな「トキメキ」を表す
英語の表現をシチュエーションに応じて
紹介したいと思います!

 

 

「心臓のドキドキ」を表す表現

そもそも日本語で言う「トキメキ」をそのまま
表す英語の表現を見つけるには中々難しいです。

ときめく感情を単語、名詞として表現するのは、
英語には無い日本語独特の表現のように
思われます。

しかし、英語でも普通に、
文章としてときめく気持ちを
伝える表現はもちろん存在します。

 

「トキメキ」という名詞の代わりに、
(心臓が)ドキドキする」「バクバクする
というような文章での表現でしたら
英語でも近いフレーズがあります。

 

心臓がドキドキする、バクバクする
という表現は主に、

My heart is

・thumping (脈がドクドクと打っている)

・racing (脈が速まっている)

・beating (脈を打っている)

・pounding (バクバクしている)

と言います。

どれも同じような意味なので
細かい違いはありません。

全て同じ意味合いでネイティブの間では
使われています。

 

<例文>

When I was with him in the elevator, my heart was beating.

(彼とエレベーターに一緒に乗っていた時、心臓がバクバクしていた)

My heart is thumping because I’m going to my favorite artist’s concert next week.

(来週大好きなアーティストのライブに行くから心臓がドキドキしてる)

Why is my heart so racing right now?

(なんで私の心臓今こんなにバクバクしてるんだろう?)

My heart was pounding throughout while he was staring at me.

(彼が私を見つめている間、心臓がずっとバクバクしていた)

という感じで使います。

 

また、日本語では、「胸のドキドキ」
「胸のトキメキ」という表現が
存在しますよね。

こちらは英語でも同じような
名詞での表現があり、

My heart is beating

という表現にちなんで、
「Heartbeat」と言います。

 

<例文>

No one can stop my heartbeat.

(誰も私の胸のドキドキを止めることは出来ない)

「恋に落ちる」を表す表現

 ただ心臓がドキドキしてトキめいただけでなく、
完全に恋に落ちた様子を表現する時は、

・Fall in love with

・Have a crush on

と言います。

 

一つ目のFall in love with は
一番スタンダードな表現で、
言葉通り「(人)に恋に落ちる
という意味を表します。

 

<例文>

It seems like I completely fell in love with him.

(すっかり彼に恋しちゃったみたい)

二つ目のHave a crush on は
スラングに近い表現で、
fall in love よりも
強くて一方的に恋する感情を表します。

Crush(ぶつかる、砕ける)という意味から、
一発でドンときた」といったような
感覚を表します。

特にネイティブの若者の間でよく使われ、
よく自分の好きなアイドルなどに対して
使われたりしています。

 

<例文>

He is a K-pop idol whom I have a crush on.

(彼が私が完全に恋してるK-popアイドルです)

これは、日本語の「一目惚れ」という
表現にも
近いのですが、英語にも
「一目惚れ」を直接表す表現は存在します。

それは、

Love / fall in love at first sight

です。

一目(first sight)で恋する」、つまり
「一目惚れ」という風になります。

 

<例文>

It was love at first sight when I met my husband for the first time.

(初めて旦那に会った時、あれは一目惚れだった)

I fell in love with this lipstick at first sight.

(このリップに一目惚れしました)

緊張感のあるドキドキを表す比喩表現

 次に、心臓のドキドキや胸のざわめきで
落ち着かない状態
を表す比喩表現です。

 

それは、ある生き物を比喩として使い、

Have butterflies in my stomach

と言います。

 

直訳すると、「お腹の中に蝶々が飛んでいる
というような意味になりますが、
それほど興奮していて、

落ち着かないという様子を表しています。

 

<例文>

I have butterflies in my stomach because I’m going on the first date with my boyfriend tomorrow.

(明日彼氏と初めてのデートに行くから緊張してドキドキする)

この表現はポジティブなことだけでなく、
居心地の悪い落ち着かなさなどの
ネガティブなシチュエーションでも使えます。

 

<例文>

Since I have a job interview tomorrow, I have butterflies in my stomach.

(明日会社の面接があるから緊張でソワソワして落ち着かない)

 

またこのフレーズは省略して、

Get the butterflies/ Get me the butterflies

と言われることもあります。

 

<例文>

I got the butterflies when I met him in person!

(彼と直接会った時、興奮してドキドキした!)

His looking got me the butterflies!

(彼のルックスが私の胸をキュンとさせた!)

この言い方の場合、一つ気をつけなければ
いけないのが、”the”を必ず
つけるということです。

「Butterflies in my stomach」は特定の
フレーズなので、省略して使う時は
butterfliesの前に必ず冠詞のtheが必要です。

 

「心を奪われた」様子を表す表現

 心(心臓)を奪われた、心臓がやられた様子
表す名詞の表現は、

・Heart-throb

・Heart attack

などがあります。

これらは、

My heart is throbbing.

My heart was attacked.

という文章から来ています。

 

Throbbingは、「傷んでズキズキする
という意味で、それほど胸が苦しい、
ドキドキするという意味で使われます。

Heart-throbはそこから派生し、
日本語に訳すと、「胸の傷み
胸のトキメキ」というような
意味になります。

また、自分の心を奪った相手や、
憧れの的のなるものなどに
対しても使われます。

 

<例文>

The cause of my heart-throb was his smile.

(胸のドキドキの原因は彼の笑顔でした)

My current heart-throb is him who works at the Starbucks.

(最近胸がときめく相手はあのスターバックスで働いている彼です)

My heart was attackedは、言葉通り
心臓(胸)がやられた」というような
意味になります。

Heart attackは独自でも正式な意味を持ち、
英和辞典で調べると、
心臓発作」と出てきます。

 

<例文>

You gave me a heart attack.

(あなたが私の心を奪いました)

記事の最初の方で、日本語の「トキメキ」という
独特の名詞に該当する英語の表現は見つけるのが
難しいと綴りましたが、解釈の仕方によっては
この二つが「トキメキ」や
「胸キュン」という表現に
一番近いと考えても良いでしょう。

 

おまけ: 日本語の「推し」は英語で表現できる?

最後に紹介したい豆知識が一つあります。

 

アイドルファンなどの間で
よく使われる「推し」という表現。

自分が特に推している、好きなアイドルや
芸能人のことを指しますよね。

果たして英語にも「推し」という
表現はあるのでしょうか?

正解から言いますと、英語でも「推し」
という表現は存在します!

そもそも西洋では日本や韓国のような
「アイドル文化」が存在しないので、
「推し」に当たる表現は無いのでは、
と思いますよね?

 

しかし近年はそんなアジアのアイドル文化も
世界に浸透し、大人気です。

ネイティブは「推し」のことを
何と呼んでいるのか…

 

それは、 “Bias” です。「バイアス」と言います。

Biasは主に偏り、ひいきという意味を持ちますが、
そこから、
自分の中で特にひいきするほど大好きな相手

という意味でBiasと言われています。

これは複数形にもでき、
Biases(バイアシズ)となります。

 

<例文>

Who is your bias you have a crush on?

(あなたが完全に恋してる推しは誰ですか?)

 

まとめ

  1. 「心臓がドキドキする」「バクバクする」という表現はMy heart is thumping/racing/beating/poundingの主に4つがある
  2. “完全に恋に落ちる”というフレーズは、一般的なFall in love withとHave a crush onで、「一目惚れ」はLove at first sight
  3. 緊張感のある興奮を表すドキドキやざわめきは、比喩を用いて、Have butterflies in my stomach
  4. 「心臓を奪われた」「心臓がやられた」はHeart-throbやHeart attackで、日本語の「トキメキ」や「胸キュン」に一番近い表現である

 

 

さてこの記事では日本語の「トキめいた」や
「トキメキ」を表す英語の表現に
ついてご紹介しました。

 

日本語独特の「トキメキ」や「胸キュン」などの
感情を英語で直接表すのは難しいですが、
解釈の仕方や言い回しを変えて、
英語でも同じようなニュアンスで
使われている表現をピックアップしてみました。

 

英語でもときめく感情を表現することができたら、
会話でももちろん、
電話やSNS上などでのやり取りで
ネイティブとも意見や気持ちを
シェアすることができます!

恋バナやお互いの好きな芸能人に
ついて語り合ったりして
新たな交流関係を築いてみるのも
良いと思いませんか?

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です