タイでは月々5万円で生活できるって本当?

こんにちは。

私はタイの首都バンコクに住んでからもう1年が経ちました。

 

1年間タイに住んでる私が

実際に、この地でのリアルな生活費を大公開します!

 

タイに移住することが決まった方や、タイに住んでみたいと考えている方は、

こと「生活費」のことは気になるポイントですよね。

 

インターネット上では、

「月々5万円もあれば悠々自適な生活ができる」

というような文言が飛び交っているのもちらほら見かけます。

 

日本とタイとでは、物価格差がありますからね。

 

果たして本当にこのような格安の金額で

タイで暮らすことが出来るのでしょうか?

 

結論を先に申し上げると、

食費や家賃を抑えれば月5万円生活も可能ですが、

決して少なくない我慢が必要になってくるかもしれません。

1人暮らしの家賃や光熱費の費用は?

では実際にどれくらい費用がかかってくるのか、

バンコクで暮らすに当たっての家賃、水道光熱費、食費などを詳しく紹介していきます。

参考までに、今回は私のような30代の女性がバンコクの郊外でマンションの一室を借りて

一人暮らしをした場合を想定して、お話ししていきますね。

 

一番気になる家賃、水道光熱費はいくら?

居住費用は毎月のメインの支出となるので気になるところですよね。

今では日本人が経営している不動産仲介業者も多くありますしインターネットで簡単に

賃貸情報が調べられるので、日本からでも安心してお部屋探しができます。

 

私はインターネットで部屋を探し、現地スタッフとメールをやりとりし契約まで至りました。

では実際いくらかかったのか見ていきましょう。

 

節約するなら郊外に住む!気になる家賃事情

バンコクでは賃貸物件の中で、

家具家電付きの単身者向けコンドミニアムを借りる日本人が多いようです。

市街地だと約35平米程度の広さで10,000バーツ位からあります。

 

ただし、場所によって値段が変わるので郊外に住むともう少し安くなります。

私が借りているコンドミニアムは市街地から少し離れたバンナーと言う新興エリアにあり、

約30平米で1ヶ月8,850バーツでした。最寄り駅まで徒歩15分位です。

 

市街地までは30分あれば行けるのでアクセス面での不便は全く感じませんが、

家賃が安いからか6階なのにアリなどの虫が大量発生した経験があります。

市街地に住みたい、キッチン付き、ジムやプール付き、日本人が多いコンドミニアムが

良いという方は10,000バーツ以下の部屋は見つからないかもしれません。

 

安さにビックリ!水道代&高すぎる!電気代

水道代は日本に比べてとても安いです。

バンコクは暑いので私は朝、帰宅後、夜と1日に3回シャワーを浴びることもありますが、

それでも1ヶ月200バーツくらい見積もっておけば充分でしょう。

 

水道代は安いですがそのまま飲むとお腹を壊すことがあります。

飲料水はコンビニで買っても10バーツと激安なのでぜひ積極的に購入しましょう。

 

電気代は日本とあまり変わりません。

私の部屋には大きすぎるエアコンが付いていますが、私はエアコンの風が苦手なので

オプションで扇風機を借りています。これは電気代節約にもなりますね。

6階は窓を開ければ風が入ってくるので扇風機で充分に生活が出来ます。

ただ、外の空気が汚いのは少し気になりました。

外食文化!リアルな食事情に関して

毎日欠かせないのが食事ですね。

朝、昼、晩と1日に3食。タイ料理がいくら好きだとはいえ,

毎食タイ料理ではいつか限界がきそうです。

では私がバンコク生活で何を食べているのかご紹介します。

 

屋台飯美味しくて安いけど、、、毎日はムリ!

タイは外食文化なので朝から屋台が立ち並びます。

私がよく食べているのはその場で好きな具材を選んで作って貰えるオムレツです。

タイの家庭料理でこれは本当に美味しいと感じられます。ライス付きで20バーツという安さです。

それでも、毎朝だとさすがに飽きてくるので、

カットパインなどのフルーツを食べることも少なくありません。

 

お昼はフードコートでレッドカレー、カオマンガイ、パッタイなどが

50バーツで食べられるのでよく行っています。

 

夜は家の近くの美味しい屋台でライスヌードルやカオパッドを食べています。

これは40バーツくらいです。

 

屋台はなんと言っても安くて美味しい。

ですが、タイ料理が大好きな私でも毎日屋台飯というのはさすがに体に変調をきたします。

観光で来ているならまだしも、実際に住むとなると話は違いますね。

 

タイ料理以外にもたくさんある?

バンコクにはタイ料理屋以外にも、日本食、韓国料理、中華、イタリアンなどなんでもあります。

ファーストフードももちろんありますし、

有名なチェーン店も多くあるので食事に困ることはありません。

むしろ選択肢が多すぎて何を食べようか迷うくらいです。

 

週の半分はローカルフードや屋台飯で、

あとは親子丼やうどんなどの日本食もよく食べているというのが、

私に限らず現地在住の日本人の共通な食生活ではないでしょうか。

 

値段はお店によりけりですが100バーツ~300バーツくらいで

いろんな国の料理が楽しめます。

屋台と比べると値段が全然違いますね。

毎日屋台で買えば食費は1ヶ月3,000バーツ程で抑えることは可能ですが、

実際に住んでみるとそうはいきません。食費だけで10,000バーツはみておきたいです。

 

月5万円で本当に暮らせるの?

このように色々な出費項目から考えていくと、

贅沢せずに不自由の無い普通の生活をバンコクで送った結果、

5万円では到底暮らせないというのが正直な印象です。

  • 家賃8,850バーツ
  • 水道光熱費500バーツ
  • 食費10,000バーツ
  • ショッピング1,500バーツ
  • 観光1,500バーツ

足すと22,350バーツ(約7万7千円)です。

 

では、よく言われている「月々5万円での生活」とは、一体どんな暮らしなのでしょうか。

 

遊びも観光もいろいろと我慢?

人それぞれライフスタイルは違うのでなんとも言えませんが、

コンドミニアムではなくゲストハウスのドミトリーに住み、毎日毎食屋台飯を食べて、

遊びや買い物にも行かず、友達と合うことなく引きこもる生活だったら、

月5万円で過ごせるかと思います。

でもこんな暮らしを望んでいる人ってあまりいない気がします。

こういう暮らしをしたい!と考えている人には良いですが

長くは続かないと個人的には思います。

 

友人などとルームシェアをすれば、月々5万円生活も可能かも?

既にご紹介した通り、生活費の中で最もウェイトを大きく占めるのが「家賃」となります。

例えば私のように単身ではなく、ご夫婦や友人などとルームシェアをするのはどうでしょうか?

単純に一人当たりの家賃割合が半分になるので、月々5万円生活も可能かもしれませんね。

 

さらに2人で暮らす場合は自炊もしやすいでしょうし、

光熱費に関しても2人だから人の場合の倍になるということはありません。

「1人5万円生活」というよりかは、「2人で10万円生活」の方が、

よっぽどリアリティある話だと思います。

 

まとめ

タイの首都バンコクでの生活についてインターネットでは様々な情報が飛び交っています。

 

タイで実際に5万円で過ごしている人ももちろんいることでしょう。

 

ですがその情報だけを頼りにしてしまうと実際に住み始めてから

想像と違うと落胆する可能性があるのだけは念頭に入れておいてください。

 

この記事を少しでも参考にして頂き、

自分はタイでどんな暮らしをしたいのか、それには実際にいくらかかるのかを

考え直してみてはいかがでしょうか。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

 

書籍を執筆した、英語講師ベルはもともと、
「いくら勉強しても英会話なんてムリ…」
と挫折するほど英語センスがありませんでした。

 

だけど正しく勉強できたおかげで
いまは外国人と自然な会話ができるし、
ハッキリと英語が聞こえて理解できます。

そして日本人の英語力を底上げしたいという想いから
2000人以上に英語を指導したのちに、
電子書籍を執筆しまし
た。

 

電子書籍は、

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

 

こういったスキルが紹介されています。

学習者が「もう私にはムリなのか…?」
と悩む気持ちをしっかり理解して書籍をまとめたので
もし英語に自信がなくても、
安心して読んでみてください

たとえどんなレベルからでも
勉強して正しく成長すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です