TOIECを簡単に上げるコツ。寝る前の30分起きた後の5分でTOEIC600点は取れる

こんにちは、サユリです。
この記事では、睡眠前の30分と睡眠後の朝の5分勉強して、単語力を上げて、英語力を1年で上げることが出来ます。

「TOEICの勉強なんてしたことない…」「英語を勉強しないといけない事はわかっているんだけど何から始めたらいいのかわからない」そんなお悩みを抱えている人多いですよね。
私も昔はそうでした。英語なんて学生以来全く勉強したことないし、何を忘れているのかがわからないからまず何を始めたらいいのかわからない(笑)。

大丈夫です、安心してください。必ずTOEICの点数が上がる必勝法があります。
それは脳をコントロールすることです。
「脳…?」って思いますよね。そうなんです。
実は私たちの記憶、勉強、学習はすべて脳との因果関係があるんです。
ではどういうことか早速見ていきましょう。

TOEICは簡単!単語を覚えれば点数は上げる

英語で一番大切なのは何かと聞かれたらどう答えますか。
発音、ネイティブと話す事、文法をチェックすること。
確かに全部重要です。

ただ、ここでフォーカスしたいのはTOEICの点数を上げる事です。
現代社会では様々な点でTOEICの点数が利用できるところがありますよね。

例えば履歴書。最近の履歴書はTOEICの点数を記載するのが当たり前の履歴書も存在しています。
そんな中で600点は最低持っています、と書けるのは一つのステータスです。

では、全く英語ができないあなたが最短でTOEICのスコアを600点まで上げる方法で一番重要なのは…。それは単語です。

TOEICのパートは主にリスニングとリーディングに分かれます。
さて、ここで気づいた人もいるんじゃないでしょうか。

「もしかして、アルファベットをいちいち覚える必要…ない?」そうなんです。

中学生の頃にライティングをするためにアルファベット、いわゆるスペルを何回も何回も何回も書いて覚えた人って多いかもしれません。

実はTOEICの点数を取るためにわざわざアルファベットを覚える必要なんてないんです。大切なのは単語をいくら覚えているかなんです。

TOEICを600点以上取るにはおおむね5,000語が必要だといわれています。「5,000って…。そんな覚えられるわけないじゃん」とあきらめないでください(笑)。

必ず覚えられる方法があります。それが脳をコントロールする方法です。

簡単に点数を上げるコツ「就寝前後に暗記」

人間の脳は睡眠が回復力の秘訣だといわれています。そうです。
皆さんが寝ている間に脳というのは少しずつ疲れた状態から元気な状態に回復しているのです。
その回復している時間がもっとも暗記・記憶に良いといわれています。

具体的にいうと、寝る前の30分
寝る前の30分見たもの、覚えたもの、聞いたものを脳が新しい情報としてとらえているため「よし、これを長期記憶の箱に入れておこう」と長期記憶化されやすいといわれています。
「じゃあ寝る前の30分は覚えているんでしょう?なんで起きたら忘れるっていうの?」と思う人もいるかもしれません。そうです。
脳は回復と同時に「いらない記憶は朝起きた後、排除しよっと」と考えているわけです。
つまり、皆さんが前日に覚えた記憶は脳が勝手に要らない情報だと判断して長期記憶の箱からごみ箱へどんどん移動させているのです。
もったいないですよね。

朝の起きた後、5分間もう一度その単語を目で見て、耳で聞いて、口で話すことによって「これは覚える必要があるのか、よし、取っておこう」と脳をコントロールすることができます。

人間の記憶には限界がありません。脳科学でもそのように提唱されています。
しかし、なぜこのように人によって記憶力・暗記力というものが違うのか。
それは脳をうまくコントロールしている場合と知らない間にどんどんいらない記憶として勝手に捨てられてしまっている場合があるからです。

TOEICを600点以上とるには5,000語必要です。であれば一日20語をまず覚えてみましょう
いきなり30,50語も覚えるのはやめてしまうリスクも上がってしまうので、まずは自分に無理をせず20語から初めてみましょう。
一年後には7,300語になっています。これは600点を余裕で超えています。
しかし、TOEICには単語だけではなく文法や長文、様々な要素があります。
そのためにはまず今後継続して勉強するためにもまず1年間しっかり、7,300語を記憶する必要があります。

まとめ:TOEICはコツを知れば簡単になる

いかがでしたでしょうか。英語に対してどうしても苦手意識が強い人、たくさんいるか思います。

しかし、自分の脳をコントロールする事でいくらでも憶える事が出来るようになります。
まずは寝る前の30分間単語を勉強して、そして起きた後の5分だけ覚えた単語を繰り返してみましょう。

繰り返すことによってTOEICの点数600点を必ず超えます!
TOEIC600点を超えるための具体的な方法はこちらの記事で紹介しています。

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です