英語で「マジで」を言ってみよう! ケース別「マジ」関連用語まとめ

みなさんは、日本語で話すときに「マジ」と言う単語をよく使いませんか?

「〇〇がマジですごい」と強調に使ったり、誰かの発言に「マジで?」と驚きを見せたり、
「マジだよ」と真剣さを表現したり。

「マジ」は非常に使いやすい表現、私も無意識によく会話で使っていたりします。

これに似た表現が、英会話でも日本語の「マジ」のように使うことができれば、非常に便利ですよね?

実は英語にも、この「マジ」に似た単語やフレーズがいくつか存在します。

今回は、そんな「マジ」や「マジで」に関連した英語表現の紹介です。

日本の若者と同じように、海外の若者も「マジ」に似た表現をかなり会話で使うので、
英会話を鍛えたいならぜひ知っておきたいところ。

ぜひ「マジ」をマスターして、ネイティブとも、
マジで自然でマジで楽しい英会話ができるようになりましょう!

日本語でのマジの種類

まず、日本語で「マジ」がどのように使われているか確認しておきましょう。

というのも、「マジ」という単語にはさまざまな使い方があります。

そのため、英語で使う場合にどういうケースで使うのか知っておく必要があるのです。

  • マジの概要

「マジ」は「真面目」の略で、多くの場合
「本気」「本当」「真剣」というような意味で使われます。

驚きを表す「マジ」

誰かの発言に対して、「マジ?」「マジで?」「マジかよ」などという風に返答するケース。

この場合は、「本気で言ってるの?」「冗談でしょ?」という意味があります。

  • 真剣さを示す「マジ」

例えば、「マジでお前のことが好きだ」や「俺今回はマジで頑張った!」
という文で使われるような「マジ」のケース。

「真剣に」という意味が込められています。

  • 強調するときの「マジ」

簡単に言えば、「マジですげぇ」や「マジ強ぇ」の「マジ」。

「とてつもなく」「超」に近い意味で使われます。

さて、ここからは、以上3種類の「マジ」にあたる英語表現をそれぞれ紹介していきます。

英語で驚きを表す「マジ」は?

英語で驚きを表す「マジ」を使いたい時は、以下のような英単語を使うことができます。

  • Really?
  • Seriously?
  • For real?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

  • Really?

驚きを表す「マジ」としては、「Really?」は日常会話で最も使われる頻度が高い表現です。

〈例文〉
A: Did you know that John is dating Sophia?
「ジョンがソフィアと付き合ってるの知ってた?」
B: What, really?
「え、マジで?」

実際、相槌を打つ時は、結構この「Really?」に頼ってしまいがちになります。

それを解消するためにも、以下の二つも押さえて、
うまく混ぜながら使えるようになりましょう。

  • Seriously?

「Seriously?」もまた、「マジで?」という意味で使われる単語です。

〈例文〉

A: I bought a new car today.
「今日新しい車を買ったんだ」
B: Seriously? Wow, I wanna see!
「マジかよ!見たい見たい!」

「Really?」と比べると、ニュアンス的にはこちらの方が若干より強い驚きを表します。

  • For real?

「For real?」も、「Really?」や「Seriously?」に並んでよく使われる表現です。

〈例文〉
A: I’m sorry, but I broke your video game.
「ごめん、君のゲーム壊しちゃった」
B: Wait, for real?
「まって、マジで言ってる?」

こちらはかなりカジュアルな表現で、若者の間でよく使われている印象があります。

そのため、逆にフォーマルな場面では使用を控えた方が良いでしょう。

以上の3フレーズに加え、「マジ?」という意味でよく使われる疑問文が2つほどあるので、
ここからはそちらも紹介していきます。

  • Are you serious?

「Are you serious?」は直訳すると「君は真剣なの?」ですが、「マジなの?」
という意味の質問として使うことができます。

〈例文〉
A: There was a car crash in front of your house this afternoon.
「今日の午後、君の家の前で車の衝突事故があったよ」
B: Are you serious?
「マジで?」
  • Are you kidding me?

「Are you kidding me?」は、直訳だと「私をからかってるの?」という意味で、
「冗談でしょ?」という意味で使われます。

この疑問文もまた、「マジで?」と驚きを表現するのにぴったりなフレーズです。

〈例文〉
A: Guess what? I won a 10 million yen in a lottery.
「ねぇ聞いて。宝くじで1000万円当たっちゃった」
B: Are you kidding me?
「マジ?」

真剣さを示す「マジ」

英語の表現の中には、真剣さを示す「マジ」に近いものもいくつかあります。

先ほど同様、「really」や「seriously」もここに含まれますが、
他にも以下のような表現を使うことができるでしょう。

  •  I’m serious
  • I’m not joking
  • I swear 
  • honestly

 

  • 「really」と「seriously」

「really」「seriously」はそれぞれ「本当に」「真面目に」という意味があるので、
真剣さを表すのにぴったりな単語です。

例えば、「really」を使えば次のような文を作ることができます。

〈例文〉
I really think you are the smartest person in this school.
「マジで君がこの学校で一番頭がいいと思う」

似たように、「seriously」も文中に入れて、次のように使うことができます。

〈例文〉
I didn’t know that, seriously.
「マジでそれ知らなかったんだって」
  • I’m serious

「I’m serious」は、「私は至って真面目です」という意味で、
これも真剣さを表す「マジ」に近い意味で使われます。

使うときは、次のように発言を補足するように使うことが多いです。

〈例文〉
I can give up my life for you. No, I’m serious.
「君のためなら命だって惜しまないよ。いやいやマジで」

ちなみに、これに「dead」を加えて「I‘m dead serious」とすると、さらに強い表現になります。

  • I’m not joking

「I’m not joking」は、「冗談で言っているわけじゃない」という意味です。

これも、次のように「I’m serious」に似たような形で使われることが多いです。

〈例文〉
I almost died at that moment. I’m not joking.
「その時ほとんど死にかけたんだよ。これマジだから」
  • I swear

「I swear」はかなり英語独特の表現ですが、
これもまた使い方によっては「マジ」として使うことができます。

この「I swear」は直訳すると「私は誓う」という意味です。

しかし、文の前後に付け足すことで、「誓って約束は破りません」の
「誓って」の部分に近いような意味を表します。

次の例文を見るとより分かりやすいかもしれません。

〈例文〉
A: You ate my cake, didn’t you?
「君が僕のケーキを食べたんだろ?」
B: No, I didn’t! I swear!
「いや、違うよ!マジで!」
  • honestly

最後に紹介するのは、「正直に」という意味の「honestly」です。

「嘘偽りなく」「本心から」という意味から、
「honestly」は自分が真剣であることを表現するのに使うことができます。

〈例文〉
I honestly think you can win this game.
「俺はマジで、君がこの試合勝てると思ってるよ」

強調するときの「マジ」

強調するときの「マジ」を表す場合には、さまざまな英単語を使うことができます。

一番簡単なものだと、「really」や「seriously」。

他にも「extremely」や「incredibly」などがこの強調表現として使えるでしょう。

しかし、今回は特に、日常会話で頻出度の高い以下の3つを紹介します。

  • absolutely
  • definitely
  • so bad

 

  • absolutely

「absolutely」は「絶対的に」という意味ですが、強調の意味で使われることも多いです。

例えば、以下の例文のように使います。

〈例文〉
The museum was absolutely amazing.
「博物館はマジですごかったよ」

「これ以上ない」というニュアンスからこう言った使い方をするのでしょう。

  • definitely

「definitely」は意味的には若干似ていて、実際「絶対に」という訳し方もできます。

これも「absolutely」に近い感覚で、次のように使うことが可能です。

〈例文〉
You should definitely go see a doctor today.
「マジで今日病院行った方が良いって」
  • so bad

「so bad」は直訳だと「とても悪い」という意味です。

しかし、「I want to 〜 so bad」という形で使うと
「〜したくて仕方ない」という意味になります。

この表現を使う場合、次のように「仕方ない」という部分を「マジで」に置き換えることが可能です。

〈例文〉
I wanna play soccer so bad!
「マジでサッカーがやりてぇ!」

この表現はあまり馴染みがないかもしれませんが、
ネイティブの間ではかなりよく使われる表現なので、覚えておきましょう。

「マジ」に関連する英語表現のまとめ

今回は、日本語の「マジ」に意味が近い英単語やフレーズを紹介しました。

ポイントをまとめると

  • 「マジ」には主に「驚きを表す」「真剣さを示す」「強調する」の3種類の意味がある。
  • 驚きを表す「マジ」の英語表現は「Really?」「Seriously?」「For real?」など。
  • また、「Are you serious?」や「Are you kidding me?」も使うことが可能。
  • 真剣さを示す「マジ」の英語表現は「I’m serious」「I’m not joking」「I swear」「honestly」など。
  • 強調するときの「マジ」の英語表現は「absolutely」「definitely」「so bad」など。
  • 「really」や「seriously」は真剣さを表す上でも何かを強調する上でも使うことができる。

「マジ」は日常会話でよく使う分、言い方のバリエーションを知っておくと、
会話中の表現の仕方がよりネイティブに近づきます。

ここではたくさんの表現を紹介しましたが、少しでも覚えて、ぜひ実際の英会話で応用してみてください!

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話す勉強法とは?

PR.いまだけ1500円の電子書籍を無料で読むことができます。

電子書籍を読んだ人からは、

  • 「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
  • 「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
  • 「英語を英語のまま感覚的に理解出来るようになりました!」
  • 「今まで上がらなかったTOEICスコアが一気に100点UPしました!」
  • 「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」

などの嬉しい感想をたくさんいただいてます。

だから「もう私にはムリなのか…?」
と英語に悩み、自信がなくても
正しく勉強すれば外国人と自然な会話ができます。

どんなレベルから始めても正しく勉強すれば
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

そして現在、
日本人の英語力を底上げしたいという想いから
3000人以上に英語を指導したのちに、
「英語勉強法」の電子書籍を執筆しまし
た。

英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」が
無料で読めるキャンペーン中です。

しっかりと読んでくれる人に届くように
書籍はメルマガ1通目にてお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼2020年4月現在で、3250人購読してるメルマガ▼

< 学べる内容 >

  • ビジネス英語を正しく理解して、スムーズに仕事をする方法
  • TOEICスコア400点から2ヶ月で830点になった効率的な学習法
  • なんとなくではなく論理的に英語を身に付ける論理的思考力
  • 3分のスキマ時間にできる5つの練習法
  • ネイティブ相手でも緊張せずに話せるコミュニケーション力
  • 丸暗記せずに覚える記憶術

etc・・・
(システムの都合上、後もう少し人数が増えると締め切る可能性があります)

矢印


この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です