【正確】趣味を英語で紹介する方法”My hobby is listening to music.”は間違っていた?!

こんにちは、サユリです。
現在私は、大学を卒業してからアメリカに移住して1年半ほど経ち、日本語よりもむしろ英語のほうが日常的に話すようになりました。

今から5年ほど前のことです。大学の必修の英語の授業で、自己紹介することがあったのですが、その時自信満々で

  • “My hobby is listening to music!” 「趣味は音楽を聴くことです。」

って言ったら、先生が苦笑しながら、

  • “Everyone can do that though…”「それって誰でもできるけどね。」

って言ったんですよね。さて、どうしてでしょう?

“My hobby is listening to music.” という構文。
文法的には合っていますし、英語の教科書にも書いてあります。

しかしこの文、実はネイティブの人が聞くとちょっとおかしく聞こえてしまうのです。

私も大学の先生に指摘されるこのときまでずっと気づかず使っていました。
しかしアメリカで暮らすようになり、英語のニュアンスがよくわかる今となっては、自信満々でこの文を言っていた頃がちょっと恥ずかしく思ってしまいます。

では何がおかしいのでしょうか?次の項で詳しくお話ししましょう。

Hobby=「趣味」ととらえてしまう落とし穴

“My hobby is listening to music.”のおかしな点は、この “hobby”の使い方にあります。

“Hobby”は、日本語では「趣味」と訳せます。
しかし、英語の “hobby”は日本語の「趣味」よりもかなり狭い範囲の意味をあらわし、ある程度の技術や知識が必要な活動や、詳細で特定の活動を指します。

たとえば、バスケットボールやサッカーなどの、ある特定のスポーツや、楽器演奏などの技術が必要なもの、また、ガーデニング、写真、絵画、切手収集など、何か極めてやるような活動です。

日本人がよく自己紹介の場で言う、音楽を聴くこと、読書、散歩、旅行、映画鑑賞、ジョギング、カラオケなどの誰でも気軽にできる軽い気晴らしとしての趣味は、 “hobby”というのにはちょっと無理があるということです。

つまり、私の大学の先生が、首をかしげて “Everyone can do that though…”「それって誰でもできるけどね。」って指摘したのは、音楽を聴く、という誰でもできるようなことをhobbyと言って紹介したこと違和感を覚えたからなのでしょう。

どうすれば英語で趣味を紹介できるか?

では、「趣味は音楽を聴くことです。」はいったいどう言えばいいのでしょうか?下に4つの例文を上げます。

  • I love listening to music. 「音楽を聴くのが大好きです。」
  • I enjoy listening to music. 「音楽を聴くのを楽しみます。」
  • In my free time, I like listening to music. 「暇なときには音楽を聴くのが好きです。」
  • On the weekends, I like listening to music. 「週末には音楽を聴くのが好きです。」

こういった感じで、軽い活動の趣味は、 “like” “ love” “enjoy”といった単語を使って表現できます。
また、文の前に “In my free time,”「暇なときには、」や “On the weekends,”「週末には、」といった文を加えても、気軽にできる趣味のニュアンスをより深めて伝えることができます。

英語で趣味を聞く質問文

では逆に、こちらが趣味を聞く側だったら、どのように質問すればよいでしょうか。下に3つの例文を上げます。

  • “How do you spend your free time?”「暇なときはどのようにして過ごしますか?」
  • “What do you like to do in your free time?”「暇なとき何をするのが好きですか?」
  • “What do you like to do on the weekends?” 「週末は何をするのが好きですか?」

気軽な趣味を聞く場合は、上記のように、 “free time”「暇なとき」や “weekends” 「週末」など、仕事や勉強以外の時間をどのように過ごすのか、という意味合いの文で聞くことができます。

また、英語の “hobby”にあたる専門性のある趣味を聞きたい時は、

  • “Do you have any hobbies?”「何か趣味はありますか?」

という風に聞くことができます。

いろいろな趣味を英語で言ってみよう!

下記に、自己紹介でよくある趣味とその英語での言い方をいくつかまとめてみたので、上記で上げた “I like/love/enjoy…”の後に当てはめて応用してみましょう!

  • 読書:reading
  • 散歩:walking
  • 映画鑑賞:watching movies
  • カラオケ:singing karaoke
  • 旅行:traveling
  • ゲーム:playing a game
  • ジョギング:jogging
  • 絵を描く:drawing
  • 料理:cooking
  • ピアノ:playing piano
  • サッカー:playing soccer
  • 釣り:fishing

後半のいくつかは、割と特定の技術が必要な活動なので、 “My hobby is…”に続けて紹介しても良いでしょう。

まとめ:趣味を英語で紹介するならHobbyは注意!

  1. “Hobby” の意味に注意!
  2. 気軽な趣味には “I like/love/enjoy…”や “free time/weekends”が使える!

趣味って、自己紹介で言うとそのあと人との会話の話題にもなるし、同じ趣味を持った人が声をかけてくれたりして、友達をつくるきっかけにもなりますよね。

私もアメリカ留学していたころ、話題に困ったときは趣味の話をよくしていました。
そうしていくうちに、英語がそこまでうまく話せなくても、共通の趣味を持った友達がどんどんできるようになりました。

さらに、共通の趣味を持つ、気の合う友達とは、英語が話しやすくて会話も自然と長く続くので、結果的に英語力を上げることにもつながりました!

ぜひ今回紹介した例文を勉強して、趣味の紹介、英語の上達に役立ててくださいね。

私が国際結婚したことで分かった日本の生活とアメリカでの生活の違いについて具体的に紹介しています。
良ければこちらも参考にして下さい!

私が見たアメリカ人との国際結婚生活 ―日本とアメリカで変わったことー

2018.10.19

30日後にはネイティブのように英語を話す勉強法

僕はもともと偏差値40代の落ちこぼれで
どれだけ勉強しても思ったように上達せず
ついには英語なんて無理なのでは・・・
と諦めかけていました。


そんな状態から勉強法を変えたところ

ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
自信をもってネイティブと話せるほどになりました。

さらには、2ヶ月でTOEIC830点をとっています。


なぜここまで上達したかというと、

英語には決まりきった正しい勉強法があるからです。


だからこそ強く思うのですが、

才能がなくても正しい勉強法さえ知れば、
誰でも英語ができると確信しています。

勉強法によっては習得スピードが
10倍になることも普通にあります。


だから1日たった3分のスキマ時間に勉強するだけで
30日後にはネイティブのように口から英語があふれでます。


いまの活動のミッションは

世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。


そういった理念から
10倍のスピードで勉強して、

自信をもって英語を話すための方法を
1つの書籍にして無料公開しています。

無料公開するのは期間限定なので
これから真剣に英語学習したい人は
ぜひ読んでみてください。


>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
※予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

自信をもって英語を話すためのメールマガジン

僕は7ヵ国語話す方と出会って英語の本質を知り
自信をもってネイティブと話せるようになりました。

毎日届くメール講座。
将来の可能性を広げ、キャリアアップもできる。
自信を手にす
るメールマガジンが始まります!
(約2000人の読者がいて、大変盛り上がっています!)

>>クリックして漫画の続きを読む

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です