ホームステイ先へのお礼ってどうすればいいの?相場の価格や国ごとのお礼の品を紹介!

皆さん、こんにちは!イギリス大好きな20代女性、ユリです。
学生時代に英語文化を学んでいて、ホームステイや英会話教室に通っていた経験もあります!

今回はホームステイ先への謝礼についてご紹介します。

「ホームステイ先へのお礼ってどんなものがいいの?」
「ホストファミリーにお礼をあげたいけど、どんなものが定番?」

上記のような悩みは、
ホームステイが初めての人も、何回かホームステイを経験している人も感じますよね

というのも、
何回もホームステイを経験していても、
基本的にホストファミリーは毎回初めて会う人たちです。

人種や性別、家族構成も違います。
そうなってくると何をあげたら喜ばれるのか悩みどころです。

短期間であっても、長期間であっても、
ホストファミリーは家族の一員として迎えてくれる大切な人たちです。

できれば、喜んでもらえるものをあげたいですよね!

そこで!
ここでは、お礼の相場の価格や国ごとに喜ばれる品など、
ホストファミリーへのお礼について詳しくご紹介します!

お礼の品の平均費用

まず初めに、おおよその費用を知っておきましょう!

国によって、喜ばれるお礼の品は違っていたとしても、
どのくらいの費用をかけるべきかはそれほど違いはないでしょう。

あまり高価なものあげても相手は恐縮しますし、
かといってあまりにも安っぽいものは印象が良くありません。

予算を決めておけば、
品物が選びやすくなります。

それでは早速、平均費用を見ていきましょう!

実際にホームステイした人が贈った品物を計算すると

ホームステイの平均的な費用は1,000くらいです!

安いと思いましたか?
高いと思いましたか?

安いと思った人は、あくまでもホストファミリーへの感謝の気持ちであると言うことを忘れないでください。

ホームステイの費用に関しては光熱費や滞在費等は既に払っているので、
謝礼の品物はあくまで、
あなたのホストファミリーに対する「これからよろしくお願いします」と言う気持ちなんです。

値段は関係ありません。
ホストファミリーが喜んでくれれば1000円でも500円でもいいんです。

むしろあまりにも高いものをプレゼントするとホストファミリーが恐縮してしまいます。
友達や家族になるのにお金は関係ないですよね?

お金でホストファミリーとの関係が成り立つわけではないのですから、
なるべく1000円以内に収めることをおすすめします!

高いと思った方は、もちろんもう少し安くても大丈夫ですよ!
予算が厳しいのに無理に高いものをプレゼントする必要はありません。

その分、ホストファミリーと楽しくお話ししたり、
家事を手伝ったりと他の面でホストファミリーへ感謝の気持ちを伝えられれば良いのです。

喜ばれるおすすめのプレゼントは?

まず、どの国でも全般的に喜ばれるおすすめの品3種類を紹介しますね!

  1. 日本のお菓子
  2. 日本の文房具
  3. 和風グッズ

です。それぞれ詳しく見ていきましょう!

1. 日本のお菓子

 

日本のお菓子は品質も良いですし、日本限定のフレーバーなどがあるのでどの国のホストファミリーにも喜ばれるること間違いなしです!

おすすめはキットカットなど個別包装がされているもの。
持って行くにも便利ですし、ホストファミリーにも配りやすいです。

また動物クッキーやコアラのマーチなどの何か絵柄が描かれているものは、
子供がいるホストファミリーに喜ばれますよ!

 2. 日本の文房具

日本の文房具は質が高く、ユニークな使い方をするものがあります。
例えば、熱で消えるインクのボールペンや針がいらないホッチキス等はホストファミリーにとって目新しいものです。

会社勤めをしているホストファーザーやホストマザーにとってはとても役に立つ日用品ですし、
学校に通っているホストシスターやホストブラザーにとっては友達との会話のきっかけにもなるでしょう。

また、使い方を説明しなければいけないので自然とホストファミリーとの会話をするきっかけが生まれます!
文房具なので、簡単な単語で説明した後実際に使用してみればすぐに理解してもらえると思いますのでコミュニケーションを取るには最適です。

3. 和風グッズ

定番といえば定番ですが、和柄を使っている和風グッズも人気です。
着物のような和柄のハンカチやタオル、富士山や東京タワーなどがプリントされているTシャツなどがあります。

その中でも私がおすすめするのは、折り紙です!
日本人にとっては折り紙で鶴を折ったり、箱を作ったりするのは馴染み深い遊びです。
しかし、海外の人にすればこの遊びはアーティスティックに見えるようです!

ですので、
「ホストファミリーには子供がいないし
という人でも大丈夫!

大人でも十分楽しめるのが折り紙なんです!
なんでも、海外の人では折り紙をきれいに三角に折るのも難しいみたいです
ホームステイに行く前に少しだけ折り紙のいろんな種類の折り方を勉強していきましょう。
説明しながら折り紙を折って見せればきっと喜ばれますよ!
自然な会話のきっかけにもなりますし、
きれいに折れた折り紙を額縁などに入れて飾るのもインテリアに良いと思いますので、
ホストファミリーへ伝えてみてください!

国によって喜ばれるものは違う?

定番を紹介しましたが、国や文化によってもらって嬉しいものは変わります。
もちろん、ホストファミリーごとにも違います。         

そこで今度は、喜ばれるプレゼントを国ごとに紹介していきます!
外国人英語教師の方の意見もありますので、是非参考にしてみてくださいね。

アメリカの場合

アメリカで定番のプレゼントと言えば、
和風のグッズや食べ物です!

ある程度日持ちのするカラフルなお菓子。
実用的な手ぬぐいや湯のみ。
他にも日本の伝統である折り紙を持っていけば、
コミュニケーションと英語力の両方を楽しく鍛えられます!

また、アメリカでは健康志向が高まっていることから日本の緑茶が大人気です!
茶畑など日本の風景が印刷されているパッケージの物なら、より喜ばれるでしょう。

アメリカのみならず、「MATCHA」という単語が通じるくらい世界的に日本のお茶は人気です。
コレステロールを低下させる効果があると言うことで、
健康志向の高い人が多く住むアメリカの大都市では多くの日本茶の製品が並んでいます。

特に緑茶には、女性にとって嬉しい効能がある栄養素がたくさん含まれています。
抗菌効果のあるカテキン、美肌には欠かせないビタミンC、ビタミンE

家族構成で女性が多いホストファミリーにとっては喜ばれる品になると思います。


「でもアメリカで売っているんだから、わざわざ日本のものを買って行っても意味ないのでは?」
と思われるかもしれませんが、大丈夫!

日本でも同じように輸入製品と言うのは比較的高いもの。
私たちは毎日気軽に緑茶を飲めるかもしれませんが、アメリカ人にとってはそうではありません。

しかも、日本由来のものとわかるようなパッケージであればなお嬉しいと思います。
アメリカには日本にあるような急須を持っている家庭はあまりないと思いますので、バック製品を持っていくのがおすすめです。

日本茶葉で入れる本来の緑茶の飲み方は英語で教えてあげると良いでしょう。
ホストファミリーとの会話のきっかけにもなりますよ!

オーストラリアの場合

オーストラリアの場合でも、
アメリカと同じくお菓子や和風のグッズが喜ばれます

また、オーストラリア出身の英語教師によると、
日本の栓抜きと食品サンプルが人気のようです。

日本の栓抜きに関しては私もよく知らなかったのですが、
「侍」「雷門」など日本を表す言葉やイラストがプリントされたかわいい栓抜きが販売されています。

便利かつ日本ぽいお土産なので、オーストラリア以外の国でも喜ばれると思います!

そして世界的に有名な日本の食品サンプル。
本物そっくりと言うことで海外の人にとても人気ですよね。

食品サンプルを使った時計などをプレゼントしてみてもいいかもしれません。

個人的にオーストラリアのホームステイで持っていったらいいと思う謝礼の品は、
「ひんやりシート」「ハエ取り」です。

「何この組み合わせ?」と思いますよね。
しかし、実用的な意味ではこの2つが良いのではないかと思います。

まず、「ひんやりシート」。
ご存知の通りオーストラリアは赤道近くに面していて日本よりもかなり気温が高いです。

熱中症や日焼け止め対策が常に行われている国ですので、
日本でも季節問わずによく売られている「ひんやりシート」はかなり役立つと思います。

大人用と子供用など今はいろんな種類が売られていますので
ホストファミリーの人数分を用意してみてください。

そして、「ハエ取り」。
これは「何でなの?」と思う人はたくさんいると思います。    

実は、オーストラリアはハエがかなり、かなり多い国なのです!
例えば外でピクニックをしようとすれば、50匹位のハエが寄ってくるそうです!

自分のために持っていってもいいと思いますが、
日本のハエ取りグッズは進化しているので、ホストファミリーにあげても喜ばれると思います。

また、オーストラリアは蚊も多いそうなので、
蚊取り線香などもいいかもしれませんね!

カナダの場合

カナダの場合は、
キットカットなどの日本のお菓子、文房具、そして漢字を使ったグッズが人気です。

キットカットは日本らしいわさびや抹茶味のものを持っていくと良いでしょう。
特にわさび味なんて、びっくりすると思います。

日本人の私たちは慣れ親しみすぎてあまりピンとこないかもしれませんが、
日本の文房具は世界的にとても有名なんです。

海外ドラマとかをよく見る人はわかると思うんですが、
海外の高校生や大学生の人たちが使っている文房具って鉛筆が多いと思いませんか?

日本だと小学生からシャープペンシルや摩擦で消えるボールペンなどを使用していますよね。
逆に今の日本の小学生は鉛筆を使うことが少ないのではないでしょうか。

これほどまでに海外と違って、発展している日本の文房具をプレゼントすれば絶対喜ばれますよ!

また、漢字を使ったTシャツやハンコなども人気です。
ホストファミリーの人数が多い場合はちょっと高めの値段となってしまうので気をつけましょう。

カナダにおすすめのお土産としては、「ヒートテック」「折り畳み傘」などがあります。

「ヒートテック」は言わずもがな、寒さ対策のためです!
-20度まで気温が下がる時もあるカナダですから、保温効果の高いヒートテックは喜ばれます。

また、寒さと同時に雨が多いので、機能性がある折り畳み傘は実用的です。
日本で売られている折り畳み傘は種類も豊富で可愛いデザインのものが多いので喜ばれるでしょう。

そして意外なものとしては、5本指ソックス」です。
カナダ人には見たこともない靴下ですし、柄も和柄や富士山などの日本的なものがたくさんあります。
大人のホストファミリーには和風のものを、子供のホストファミリーにはポケットモンスターなどのキャラクターのものを選んでプレゼントするのも良いでしょう!

ニュージーランドの場合

ニュージーランドの場合は、
漢字を使ったグッズや和風の風呂敷・手ぬぐいが喜ばれます。
カナダでも紹介した折り畳み傘、そしてヘアアクセサリーが人気ですね。

漢字グッズはカナダの場合と同様に、
やはり形が美しいと思われる方が多いようです。

和風の風呂敷はかさばりませんし、
日常生活で使い勝手が良いのでホストマザーには特に喜ばれると思います!

そして折り畳み傘ですが、実はニュージーランドでは傘の種類が少ないんです。
日本のカラフルかつ和柄の折り畳み傘をプレゼントすると良いでしょう。

ホストファミリーに女の子がいる場合に人気なのがヘアアクセサリー。
日本はアクセサリーの種類が多いため、おしゃれなニュージーランド人の女の子には、とっても嬉しいはずです!百均で売っているものでも良いですし、数百円のものを23個選んで買っていってもと思います。

ヨーロッパの場合

イギリスやフランスなどのヨーロッパの場合は、
日本のお菓子と文房具のプレゼントが人気です。

お菓子といっても和菓子のようなものではなく、
コンビニなどで売っているキットカットやポッキーなどが好まれます。

日本の菓子は美味しくて変わった味が多いので喜ばれるそうです!

また、日本の文房具は高品質で使いやすいのでヨーロッパ並び諸外国では高い人気を誇っています。

針を使わないホッチキスや摩擦で消えるボールペンなど
使い方を説明しながらホストファミリーへプレゼントすると喜ばれると思います。   

お礼は物じゃないとダメ?

さて、これまでホームステイを受け入れてくれたホストファミリーに対するお礼について紹介してきました。    

しかしながら、ホームステイした際に必ずお礼が必要と言うわけではありません。
大切なのはホストファミリーに対する感謝の気持ちをどれだけ伝えられるかということです。
それは必ずしも物で表さなくても言葉で表しても良いのです。

お礼の品を渡すときには、きちんと相手の目を見て感謝の言葉を伝えてくださいね!
これはプレゼントがなくても、ホームステイの初日にきちんと行ってください。

「第一印象が肝心!」ということですので、
明るく元気にはっきり伝えましょう!

また、ホームステイ先へお礼のプレゼントを持って行くのは、
感謝の気持ちを伝えると同時に会話のきっかけを作るものとして考えましょう。

お礼の品を説明したり、使ったりするときにホストファミリーと自然にコミュニケーションが取れます。

そういった会話が、ホストファミリーとの信頼関係や英語の上達にもつながるのです。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、ホストファミリーへのお礼について紹介しました。

折り紙や日本のお菓子、文房具などいろいろな謝礼の品を紹介しましたが、
最後の目次で紹介したように感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう!

プレゼントだけ持っていても意味がありません。    
そのプレゼントに、

「ホームステイをさせてくれてありがとう」    
「家族の一員として迎えてくれてありがとう」

そういった感謝の心をこめましょう。
そうすればきっとあなたの気持ちはホストファミリーに伝わります!

そしてホームステイ中に、
自分が持ってきたお礼の品を食べたり使ったりしている姿を見れば、
きっと温かい気持ちになるでしょう。

お礼はあくまで感謝の気持ちを伝える方法の1つ。
これを忘れずにホームステイを楽しんでくださいね!   

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕はハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です