英語学習のモチベーションを維持して英語力を伸ばす2つの方法

こんにちは。フィリピンセブ島で語学学校スタッフをしているジャック。

英語の勉強はまさに筋トレを同じで、いかにストイックに長く続けて行けるかが大切になります。
つまり、長く続けられる人は必ず成果が付いてくるということです(筋トレもそうですよね?)。

でも「長く続けるのが難しいんだよ」という方!今日は英語の勉強を長く続ける方法を2つ教えます。勉強嫌いな私が今でも続けている方法だから、効果は抜群です。

モチベーション維持1:隙間時間でYouTube鑑賞

YouTubeの動画はだいたい5分~10分で1単元が完結するように作られているので、
短時間で理解しやすい作りになっています。

例えば10分休憩3回でそれぞれ動画鑑賞をするだけで30分の勉強に相当します。
例えば英会話教室主催の、日本語で英語のことを解説してくれるようなものもあります。

■参考(Hapa英会話)

例えばスティーブ・ジョブズや歴代のアメリカ大統領等のスピーチは大衆の心を掴みやすいように分かりやすい表現を心がけているので、そういったスピーチを鑑賞していくだけで、英語力そのものや、英語に対する理解が深まっていく実感が沸いてくるでしょう。

そして何より、60分等のまとまった時間に集中しようと思ったら机に向かうまでに高いモチベーションが必要ですが、休憩時間にちょっとだけ、ということで心理的なハードルがドンと下がるところもこの勉強法のオススメポイントになります。

モチベーション維持その2:目覚まし時計代わりにラジオの英会話番組を聞く

最近はスマホのスヌーズを目覚まし代わりに使っている人が多いと聞きますが、それは非常にもったいないことです。
私は日本にいた時はこれが非常に英語力が劇的に伸びた勉強法と認識していました。


(参考サイト:NHK語学

何故なら、起きたらすぐに英語が耳に入ってくる上に、眠くて起きられない時は寝ながら英語に耳を傾けておけばいいからです。
毎日ラジオが勝手に私を勉強させてくれます(テレビでも大丈夫です)。

起きてもオッケー、そして起きなくてもオッケー、まさに勉強嫌いにはうってつけの方法ですよね!

まとめ

YouTube勉強法目覚ましラジオ勉強法は、勉強嫌いな方でも今日から実践できる方法で、無理なく毎日続けられる勉強法になります。

とにかく英語を伸ばす近道は一念発起して留学に行くことだけではなく、毎日コツコツ英語の勉強を続けていくことになります。
留学はそのプラスアルファとしてはとてもプラスなので、お金と時間がある時には考えてみてください。

是非今日から実践していきましょう。

科学的に正しい英語勉強法をまとめた990円の書籍を今だけ無料で読めます

現在、990円で販売中の電子書籍
「日本人に適した正しい勉強法」
を期間限定でプレゼントしています。

書籍ではたくさん感想を頂き、
「三日坊主な私がここまで続けられるとは。習得する速度が10倍にも早くなった」
といった嬉しい感想もありました。

僕が日常的にどのように習得したのか?
丸暗記をやめても伸びた方法は何か?
これらを具体的に紹介しています。

因みに僕のTOEICのスコアは、
1ヶ月で400点から600点へ。
2ヶ月で600点から830点に
上がっていきました。

だからこそ、強く思うのですが、
才能やセンス、環境は関係ないです。

今だけ無料で勉強法をもっと詳しく知っていただけます。
>>詳細が気になる方はこちらクリック

 

正しい方法を知れば結果に

僕は標準的な英語であれば
ハッキリと聞こえて理解できるし、
自然に話せれるほどの英語力になりました。

こう聞くと非常に怪しいですよね。
しかし、もともと得意だったわけでも
才能があったわけでもなく、
じつは英語が苦手だったんです。

英語が苦手で基礎が固まっていなかったので
7ヵ国語話す言語学者から本質を学んで
日本人に適した勉強法を初めて知りました。

その結果、日本にいながら英語を習得し
日常の何気ない時間も充実して、
180度人生が逆転した気持ちです

これまでの経験から、
生まれた環境は選べなくても
正しい勉強法さえ知れば、
誰でも努力が報われると確信しています。

今では後進育成のため
セミナーや勉強会を開いています。
メルマガ読者で集まって懇親会もやってます。


活動のミッションは
世界で通用する英語を広め、
国際的に活躍する人を増やすことです。

そういった理念から書籍を無料公開し、
メルマガも配信しています。

書籍は誰でも公開したいわけではないので
しっかりと読んでくれる人に届くように
メルマガ限定でお渡ししています。

ストーリを交えた内容なため、
「読みやすい。英語を話す勇気をもらった」
と好評をいただいてる自信作です。

>>電子書籍「英文工学」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
予告なしにキャンペーンは終了されるので
お見逃し無い様にして下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です