英語学習のモチベーションを維持して英語力を伸ばす2つの方法

こんにちは。フィリピンセブ島で語学学校スタッフをしているジャック。

英語の勉強はまさに筋トレを同じで、いかにストイックに長く続けて行けるかが大切になります。
つまり、長く続けられる人は必ず成果が付いてくるということです(筋トレもそうですよね?)。

でも「長く続けるのが難しいんだよ」という方!今日は英語の勉強を長く続ける方法を2つ教えます。勉強嫌いな私が今でも続けている方法だから、効果は抜群です。

モチベーション維持1:隙間時間でYouTube鑑賞

YouTubeの動画はだいたい5分~10分で1単元が完結するように作られているので、
短時間で理解しやすい作りになっています。

例えば10分休憩3回でそれぞれ動画鑑賞をするだけで30分の勉強に相当します。
例えば英会話教室主催の、日本語で英語のことを解説してくれるようなものもあります。

■参考(Hapa英会話)

例えばスティーブ・ジョブズや歴代のアメリカ大統領等のスピーチは大衆の心を掴みやすいように分かりやすい表現を心がけているので、そういったスピーチを鑑賞していくだけで、英語力そのものや、英語に対する理解が深まっていく実感が沸いてくるでしょう。

そして何より、60分等のまとまった時間に集中しようと思ったら机に向かうまでに高いモチベーションが必要ですが、休憩時間にちょっとだけ、ということで心理的なハードルがドンと下がるところもこの勉強法のオススメポイントになります。

モチベーション維持その2:目覚まし時計代わりにラジオの英会話番組を聞く

最近はスマホのスヌーズを目覚まし代わりに使っている人が多いと聞きますが、それは非常にもったいないことです。
私は日本にいた時はこれが非常に英語力が劇的に伸びた勉強法と認識していました。


(参考サイト:NHK語学

何故なら、起きたらすぐに英語が耳に入ってくる上に、眠くて起きられない時は寝ながら英語に耳を傾けておけばいいからです。
毎日ラジオが勝手に私を勉強させてくれます(テレビでも大丈夫です)。

起きてもオッケー、そして起きなくてもオッケー、まさに勉強嫌いにはうってつけの方法ですよね!

まとめ

YouTube勉強法目覚ましラジオ勉強法は、勉強嫌いな方でも今日から実践できる方法で、無理なく毎日続けられる勉強法になります。

とにかく英語を伸ばす近道は一念発起して留学に行くことだけではなく、毎日コツコツ英語の勉強を続けていくことになります。
留学はそのプラスアルファとしてはとてもプラスなので、お金と時間がある時には考えてみてください。

是非今日から実践していきましょう。

効率的に学び、30日で英語をスラスラ話すための勉強法とは?

僕は留学してないけど、
ハッキリと英語が聞こえて理解できるし、
外国人と自然な会話ができます。

しかし、もとから得意だったわけじゃなく
「もう英会話なんてムリなんじゃ・・・」
と挫折するほど低い英語力でした。

 

なぜそんな状態から上達できたか?
っていうと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

そしてだんだん自信がついて
およそ30日後には楽しく英会話できたんです。

さらには400点だったTOEICが
2ヶ月で830点になるほどでした。

 

昔の自分がみても「あり得ないでしょ」って
驚くことばかりです。


けどぶっちゃけ効率的な方法さえ分かれば、
3分のスキマ時間に勉強するだけでも
誰だって英語に自信がもてる、と確信してます。

 

今は英語スキルで活躍する人を増やすため
1500円のAmazon書籍「英文工学」を
無料で読めるキャンペーンを始めました。

しっかりと読んでくれる人だけに届くように
書籍はメルマガ1通目でお渡ししますね。

>>期間限定「英文工学」を無料で読んでみる

※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が面白い!と思われたならシェアして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です